Fishmanのパックロッド『BC4』は「パワーと繊細さ」を兼ね備えた超高性能ロッドシリーズ!【福島県沖では巨大クロソイも捕獲!!】



本記事では、ルアマガソルト編集部が注目するフィッシュマンのパックロッド「BC4 5.10H」と「BC4 8.0MH」の2機種を紹介。同社スタッフの鈴木さんにも取材。実際に使用した上での具体的な活用方法も解説していきます!

【Profile】

鈴木貴文(すずき・たかふみ)

ベイトロッド専門メーカー、フィッシュマンのテスター。茨城、福島県をホームとし、様々なターゲットを追いかける。特に、涸沼のシーバスや常磐サーフのヒラメを得意とする。ソルトだけでなく、フレッシュウォーターの釣りも楽しむ行動派アングラー。

ベイトキャスティングロッド専門メーカー、フィッシュマンのロッド作りとは

ベイトロッド専門のメーカー、フィッシュマン。その立ち位置からしてすでに強いオリジナリティを持っているのですが、ロッド作りのコンセプトも明確です。気持ちよく曲がり、キャストやファイトなど、あらゆるシーンで満足度の高い使用感が得られるのが特徴です。

細部まで行き届いた作り込みにクラフトマンシップを感じさせる。BC4シリーズには、写真の専用ケースが付く。

柔軟に曲がるからこそバックラッシュがなくなり、飛距離も伸び、さらに精度の高いキャストも繰り出せる、という考え方です。そんなフィッシュマンのロッドラインナップに加わったBC4 5.10Hは、どのようなキャラクターを持つのでしょうか?

東京湾のビッグベイトシーバスゲームで鍛えられた『BC4 5.10H』

BC4シリーズとは、4ピースで構成されるベイトキャスティングロッドで、その中の5.10レングスにはにはL、LH、MXH、XHと選択肢が豊富です。そこに加わったのが、今回取り上げる5.10Hとなります。

4ピースのベイトキャスティングロッド。レングスは5ft10inとなる。

対応するルアーは10〜100g、これは、東京湾を中心に盛り上がる大型ルアーによるボートシーバスゲームに最適なパワーです。また、5ft10inというレングスは、船での使用でも取り回しがしやすく、ストレスなく使用可能です。実際、鈴木さんもこのロッドの開発テストでは、東京湾でのシーバスゲームで使用する機会が多かったそうです。

鈴木「BC4 5.10Hに関しては、プロトモデルから使ってきました。従来のモデルとは一線を画す、大きな進化を遂げたモデルだな、という印象です。初期プロトから使ってきて、新たなサンプルごとに進化を感じました」

特に、鈴木さんが驚いたのが、ルアー操作性の大幅な向上と言います。

ハードなアクションも繊細なアクションも、どちらも高次元で対応

発売されたばかりの、フィッシュマン初のルアーCORK(140mm/57g)も、5.10Hでの使用に最適なルアー。

鈴木「東京湾のビッグベイトシーバスゲームでは、例えば100g超の大型ペンシルを、水柱を立てるようにジャークしてバイトを誘う場合が多いんですが、この操作がすごくやりやすいんです」

ビッグペンシルを力強く操作するような場合ももちろん操作しやすいが、一方で、繊細にアクションさせるような場合でも、5.10Hはその素性の良さが垣間見えます。

ハードなアクションでも、クイックなロッド操作も高次元でこなす5.10Hは、ビッグベイトシーバスゲームにベストな選択となるだろう。


鈴木「水柱を立てるようなアクションは集魚効果が高い反面、スレやすい。そうなると、ビッグペンシルをロッドでクイックに操作して、シーバスに見切られないよう誘うような釣り方に切り替えます。この釣り方も、5.10Hは操作しやすいんです。これには、ホントに関心しました。両極端な操作を、1本のロッドで無理なくこなせる。過去のモデルと比べても、5.10Hは格段にルアー操作がしやすいと感じています」

鈴木さんが感じた、ルアーの操作性の向上には、実はちゃんと理由がある。それは、ベリーセクションを、MXHモデルよりも20%強化、ティップセクションは10%強化していることが、大きく影響しているようなのです。

ランカーシーバスの急な突っ込みでも、不安を感じることはない

負荷を掛けてみると、ティップは柔軟に対応しつつ、バットからベリーは入力をしっかりと受け止め踏ん張っているのがわかる。

鈴木「あと、シーバスがヒットした後、ボートの近くに寄せてくるといきなり下へと突っ込むようなことが非常に多いんですね。そんな状況で5.10Hは、変につっぱることなく柔軟に曲がってくれるんで、全然慌てる必要がないんです。つまり、フィッシュマンのロッドシリーズが持つ従来の特性が、このモデルにもしっかりと受け継がれている」

シーバスだけでなく、ボートでのロックフィッシュゲームでも5.10Hはその特性を遺憾なく発揮します。

福島県沖で52cmのモンスタークロソイを、5.10Hでキャッチ!


鈴木「僕の場合、アイナメやクロソイを狙うこともあるんですが、この2魚種はロックフィッシュのくくりではあるけど、狙い方が全然違います。

アイナメの場合は、10〜36gのテキサスリグでボトムの根回りをタイトに狙うのですが、このとき重要なのがロッドの感度です。その点5.10Hは、ボトムにリグがコンタクトする感覚もしっかりと伝えてくれる感度を備えています。

また、クロソイの場合は、中層でジグヘッドリグやテキサスリグをスイミングして釣るんですが、この操作もやりやすいです」

鈴木さんが福島県沖でキャッチした、52cmのクロソイ。このサイズになると、バイト後の引きも強烈だ。使用ロッドはBC4 5.10H。
冷水を好むクロソイは、近年の海水温の上昇により、生息域をより北へと移す傾向にある。使用ルアーはクロー系ワームのテキサスリグ。

根魚は、ヒット後に一気に根に潜ろうとする習性があります。一旦、根に潜られると、そこから引き剥がすのはほぼ不可能…。

鈴木「ヒット後は、ドラグを1mmも出さずにゴリ巻きです。アイナメもクロソイも、大型の個体になるとその引きは強烈です。それをロッドでしっかりと受け止めつつ、根から引き剥がして巻上げる。そんなパワーファイトを演じても、5.10Hはまったく不安がなく、余裕を持って戦えます。強さ、耐久性も大幅に向上しており、それによる安心感も、このロッドの特筆すべき特性だと思います」

ところで、このBC4 5.10Hはその名の通り4ピースパックロッドです。その部分で受ける恩恵って何かあるんでしょうか?

鈴木「僕は、茨城県の福島に近いエリアに住んでいます。東京湾でボートシーバスをやる場合、釣り仲間4人で1台の車に乗り合わせて行きます。当然、ラゲッジスペースはタックルでパンパン。天井のロッドホルダーもスペースなんてありません。

でも、僕はフィッシュマンのセミハードケースに、BC4を数セット放り込んで行くから、スペースも取りませんし全然問題ありません。こういう瞬間にも、BC4シリーズを使ってて良かったな、と思わせてくれます」

遠征時に鈴木さんが愛用する、フィッシュマンオリジナルのセミハードケース。BC4が4〜5本収納可能。

Fishman BC4 5.10H

【スペック】

  • 全長:5ft10in
  • マテリアル:4軸カーボン
  • ガイド:Kガイドチタン+ステンレス
  • 自重:175g
  • 継数:4ピース
  • 仕舞寸法:49cm
  • ルアー重量:10〜100g
  • ライン:PE3〜10号
  • 価格:54,780円(税込)


BC4 5.10Hの詳細を動画でチェック!

BC4 5.10Hの実釣インプレッションムービー

格段の感度性能で、繊細な釣りにも対応する『BC4 8.0MH』

同じ4ピースパックロッド、BC4シリーズにラインナップされる8.0MHは、5.10Hとはキャラクターが大きく異なっていて、汎用性の高さが特徴のモデルです。コンパクトに仕舞えるという、シリーズ共通のコンセプトは持ちながら、8ftという使い勝手の良いレングスで、シーバスはもちろんイトウやアカメなどの大型のターゲットから、五目釣りなどにも活用できます。では、鈴木さんはこのロッドをどのように使っているのか? お話を聞いてみました。

感度が必要なアップストリームキャストでのドリフト釣法を得意とする

鈴木「僕の場合、この8.0MHはシーバス用として使っています。特に、ミノーをアップストリームでキャストする、ドリフトの釣りで活用することが多いですね」

BC4 8.0MHを使用し、河川でのドリフトの釣りでキャッチしたシーバス。

アップストリームでミノーをキャストするドリフトの釣りは、ラインにテンションがかかりにくい釣りでもあります。

鈴木「ドリフトの釣りでは、感度の悪いロッドを使うと何やってるか全然わからないし、シーバスのバイトもうまく拾えません。それは、ラインのテンションが緩んだ状態でルアーを操作するからです。BC4 8.0MHは、私が知るフィッシュマンの他のモデルと比較しても、感度性能が非常に優れているという特性を持っています。だから、ラインテンションがたるんだ状態でミノーをスポットへと流し入れるような操作がとてもやりやすい。この感度の良さには、正直驚きました」

バイトを弾かない柔軟さを持ちつつ、ルアー操作に必要な張りもあるティップ。ベリーからバットは、大型魚とのファイトにも十分対応可能なほどのパワーを持つ。


鈴木さんが、8.0MHに惚れ込んだのは感度面だけではありません。

鈴木「ルアー操作面でも、ティップでの繊細な操作ができるので、思ったラインをトレースできる。こんなに繊細で感度もいいロッドですが、キャストではバットからしっかりと曲がってくれて、フィッシュマンのロッドらしい気持ちの良いキャストができる。つまり、従来のフィッシュマンの良さをしっかりとキープしながら、テクニカルなシーバス釣りもできる。さらに、8cmのシンキングペンシルから2ozクラスのビッグベイトもキャスト可能な懐の深さがスゴい」

高感度のブランクスを活かしたドリフトの釣りが得意な一方で、巻きの釣りでもバイトを弾かず確実にフックアップしていく。

ちなみに、ドリフトの釣りとは真逆の、巻きの釣りでも、鈴木さんはこの8.0MHを好んで使用するようです。

鈴木「私がよくやるのは、3月頃のまだ水温が低くシーバスの活性が上がりきらないような状況での、河川でのシンキングペンシルの巻きの釣りです。バイトがあった場合にも弾きにくく、ティップがスッと入って反応してくれます」

畳んで持ち運べば、藪こぎ中のトラブルも回避

河川でのシーバス釣りでは、ポイントまでのアプローチで、藪こぎをする場合が多々ある。その場合、鈴木さんはBC4 8.0MHを畳んだ状態で持ち運ぶと言います。

鈴木「皆さんも経験したことあると思うんですが、継いだ状態で藪こぎしていると、ティップが木の枝に引っかかってヒヤッとしたり、ラインが草に絡むトラブルに見舞われたり。だから私は、藪こぎのときはBC4 8.0MHを畳んだ状態で歩きます。こうすれば、ポイントに入る前にタックルがトラブってしまうなんてことはありませんからね」

コンパクトに畳めば、藪こぎでのトラブルも避けられる。4ピースロッドならではの利点。

確かにこれはパックロッドならではの利点ですよね。オールシーズン使え、さらに使えるルアーの幅も広く、感度面でも不安なし。シーバス以外の釣りでも活躍してくれて、畳めば中型のスーツケースにもサッと忍ばせられます。こんな使える相棒が1本あれば、旅の楽しみが1ついや無限に広がること間違いなしですよね。

BC4 8.0MH(Fishman)

【スペック】

  • 全長:8ft
  • マテリアル:4軸カーボン
  • ガイド:Kガイドチタン+ステンレス
  • 自重:228g
  • 継ぎ数:4
  • 仕舞寸法:65cm
  • ルアー重量:8〜55g
  • ライン:PE1〜4号
  • 価格:64,900円(税込)

BC4 8.0MHの詳細を動画でチェック!

カラフトマスからイトウ、シーバス、五目釣りまで、幅広く使えるバーサタイルな4ピースベイトロッドの紹介ムービー
ルアマガプラス