公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ルアーマガジン・ソルト アオリイカ エギング 山田ヒロヒト(ヤマラッピ)

アオリイカがエギを抱く決定的瞬間の撮影に成功!

ルアーマガジン・ソルト

  • 公開日:2022/01/06


エギングをしていて、ふと思うことはないでしょうか? 「アオリイカって、どうやってエギを抱くんだろう……?」と。その答えの1つを、映像で捉えることに成功したので紹介しよう。

場所は奄美大島。浅場で、シロイカではなく、クワイカを発見!

アオリイカをエギで狙う釣り、エギングは春から初夏、そして秋頃がシーズンと言われています。アオリイカは年魚(年イカ?)で、春に親イカが藻場で卵を産みつけ、晩春から初夏にかけて子イカが育つ。このサイクルに合わせて、釣り人はアオリイカを狙うわけです。

撮影を行ったのは春。場所は奄美大島です。シーズン的には、大型のアオリイカが狙えるはずなんですが、シャローにいたのは小型のアオリイカでした。よく見ると、南方で多く生息するクワイカと呼ばれる種類のようです。

クワイカは、本州でよく釣られるシロイカと呼ばれる種類よりも小型で、あまり大きくならないのが特徴です。

奄美大島以南は、島をサンゴ礁帯が囲っているため、深場へのアプローチが難しいポイントが多い。

エギを見つけると体色を変えて寄ってくる! カメラを近づけても逃げない!?

ちなみに、この撮影での釣り人は、総合釣り具メーカーとして知られるDAIWAのフィールドテスターである、山田ヒロヒトさん。エギングの第一人者です。

本来の狙いは、大型のシロイカですが、目の前にいるクワイカを狙うためにエギを投入してみたところ、ものすごい勢いで寄ってきます。これなら、水中でエギを抱くシーンが撮れるのではないか?と思い、急いで水中カメラを準備。山田さんに、もう1度エギを投入してもらいました。

カメラを警戒して、もう反応しないかも……? と、少し心配しましたが、1度スイッチの入ったクワイカは、カメラの存在などお構いなしで、エギに襲いかかってきました!

タイミングが合えば2kgオーバーの大型のシロイカが浅場に入ってくる。そういった個体はやる気があり、時には1つのエギを奪い合うようなことも。


クワイカは、エギの背後をちゃんと認識し、ゆっくりと忍び寄ってきた!

映像を見て驚くのは、クワイカの動きです。ちゃんと、エギの前後を認識していて、前ではなく後ろ側へと回り込んでいるのがわかります。つまり、エギ(=エサ)に気づかれないように行動しているということですね。

そして、ゆっくりと近づき、射程範囲内に入るやいなや、触腕を伸ばしてエギをキャッチ! あまりにも素早いので、スローにしていますが、実際にはアッという間のできごとでした。

動画から切り出し。エギの背後に回り込んでいるのがわかる。エギは、DAIWAのエメラルダスダートⅡ TypeSS。

海底でエギを動かさなくてもイカは釣れるという事実

あと、もう1つ。2アクションほど加えた後、エギはボトム(海底)でただ揺れているだけなのに、クワイカはちゃんと捕食対象として認識していることにも気付かされます。つまり、シャクりでアオリイカを誘った後、ボトムに置いていてもイカは釣れるということですね。

さらにもう1つ。アオリイカの触腕の吸盤には硬いギザギザがあるのはご存知だと思います。このギザギザを、エギのボディをくるむ布に引っ掛けて引き寄せているようにも見えます。エギが布で包まれているのには、ちゃんと意味があるんだと思わされるシーンですね。

少しでも、皆さんのエギングの参考になれば幸いです。

ボトムステイさせているエギに、クワイカが抱きつく瞬間の映像。


なお、このときの実釣では、ランカーアオリイカの連続ヒットなど、かなり濃い内容となっているので、そちらも是非チェックしてみて下さい!

ルアーマガジン・ソルト

2022.01.06

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。