公式ストア
公式ストア

キズだらけの釣り車が新車の輝きに! GSでよく見かけるアレがマジで凄かった件【KeePer】

  • 公開日:2022/01/16
釣り車


全国のガソリンスタンドでよく見かける『KeePer』。全国各地でハイクオリティなコーティングが施工可能……ということでつい最近中古車を購入したばかりのフルカワが体当たりレビュー! 13万キロも走ったクルマが、まるで新車の輝きに! しかも全然汚れないから洗車が楽! などいいことばかり!
どろんこロードや雑草生い茂る悪路を走る釣車にぴったりなキーパーコーティング、しかと見届けるべし!

クルマのコーティングが気になる、キニナル……。

ルアマガプラスをご覧の皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

プラスでは神出鬼没なレアキャラになりつつある釣監督フルカワです。

実はワタクシ、かくかくしかじかの事情により最近クルマを買いました。

詳細についてはルアマガprimeのこの記事でご覧いただきたいのですが……。

やはり買ったばかりの車というのはキレイを保ちたくなるのが性!

メカオタクの友人からも「クルマ買ったならコーティングは絶対したほうがいいよ!」とゴリ押しされたこともあり、コーティングが気になって夜も眠れぬ日が続いたわけです(笑)。

そんなもんで、いろいろ調べて自宅から最寄りの個人経営のコーティング屋さんに電話してみたら、結構先まで予約がいっぱいみたい。

まぁ、1日にそんなに台数捌けないだろうし仕方ないよなぁ~ってことで、「なんかいい業者知りませんか?」と泣きついた先が、弊社の看板雑誌でもある『月刊自家用車』編集部!

敏腕営業マン・ギダパイこと、柳田先輩。

ギダパイ「それなら『KeePer』がいいじゃない? 全国どこでもあるし!」

『KeePer』って、あのガソリンスタンドでよく見るあのキーパー?

クルマをお持ちであれば間違いなく見たことあるであろう、『KeePer』のロゴ。ヴィヴィッドなブルーに白抜き、黄縁の文字が印象抜群!

月刊自家用車のコネクションを最大限に利用し、ギダパイが紹介してくれたのがKeePer LABO水戸内原店!

洗車・コーティング施工専用のブースが併設されたキーパーラボ。専門店ならではの充実した設備でユーザーの要望を叶えます。

ハイレベルな洗車&コーティングがリーズナブルにどこでも受けられる、それが『KeePer』!

大型ショッピングモールの脇に店舗を構えるキーパーラボ水戸内原店。

これからコーティングをお願いするであろう高級外車オーナーの横で、コーティング無知のワタクシを対応してくれたのが店長・江波さん。

【Profile】

江波慎(えなみ・まこと)

「KeePer」のコーティング技研1級資格を持ち、キーパーラボ水戸内原店の店長を務める敏腕エンジニア。実は大のバス釣り好きで秦拓馬さんのファン。愛車はFJクルーザー【TOYOTA】で、もちろんキーパーを施工済み。とても悪路の多い釣りに行ってるとは思えないほどクルマはピカピカ!

江波さん、ワタクシと同年代かつ、釣り好きということで即、意気投合。

早速、コーティングのご相談! ……の前に全国各地で見るキーパーの形態についてお伺いしました。

江波「『KeePer』は、かんたんに言ってしまえば車をキレイにするところですね。お客様とお話して、新車の状態をキープしたいとか、どういった汚れを気にしているのかとか、コーティングであれば何年ぐらい持つのかとか、それぞれのご要望をお伺いして、最適なメニューをご提案させていただいて、施工する場所です。

そして今日お越しいただいている『キーパーラボ』が直営店で、皆様がガソリンスタンドやカーショップなどでお見掛けするのが『キーパープロショップ』です」

ラボとプロショップで、違いはあるんでしょうか?

江波「やや設備の違いはあるかもしれませんが、施工の内容に違いはないですね。プロショップも私と同じように1級資格を持ったスタッフがいることが条件になりますので、全国どこでもクオリティの保証ができるサービスを提供できるのがキーパーの強みでもあります」

たしかに取材等で全国各地へ飛び回りますが、『KeePer』はどこでも見る気がします。具体的にプロショップってどれくらいあるんでしょうか?

江波「6,100店舗以上はあります」

ろ、ろくせんひゃく!? そりゃ、どこへ行っても見かけるわけだ……。品質の高いサービスをそれだけの店舗で受けられるのは単純にすごい。

洗車やコーティングの業界でこれだけの展開しているのはなかなかないのでは?

江波「ないかもしれませんね。でも、実はキーパーの強みは施工の技術だけではなくて、洗車剤やコーティング剤などのケミカル製品も自社で開発してるところなんです」

えっと、つまりそれはどういう……?

江波「そうですね、基本洗車やコーティングの施工は施工屋さん、ケミカル製品はケミカルファクトリーでそれぞれ分野が分かれてるんですけど、キーパーはそのどちらも自社でまかなっています」

ハッ!? つまり、本来施工屋さんはケミカル製品を仕入れて施工するところ、キーパーはそれがすべて自社だから仕入れがない分コストカットできる……。つまり……(;゚д゚)ゴクリ…。

江波他社と比べてリーズナブルな価格で施工ができますね

キーパー、SUGEEEE!!!!!!

気になる悩みを相談して、いざコーティング!

それでは購入したばかりのワタクシの愛車がコチラ!

215系ハイラックスサーフ【TOYOTA】、走行距離13万キロの2009年モデル。

あれ、前の車も同じじゃね?っていうツッコミは置いといて、バリバリの中古車でございます。

TOYOTAの認定中古車なので、基本的にめちゃくちゃキレイ。

とはいえ、2009年車かつ13万kmも走っているお車……。

ボンネットの擦り傷や
ドアノブ周りのキズ、、
リアバンパーなどなど。

細かい傷がそこそこあります……(汗)。

まぁ今回はコーティング希望なのでキズはとりあえず置いといて、この納車直後のきれいな状態を保ちたいというのが希望です。

あと、やっぱりこのサイズの車だとそもそもの洗車時間もかかるし、市販の薬剤でコーティングまでやろうと思ったら1日がかりの大仕事。

しかも、大体1月くらいでコーティングの効果は薄れちゃうし、洗車した直後は正直釣りに行くのも億劫になるときもあります。

カスミ水系の土手沿いなんて走った日には、ホコリまみれで洗車の苦労も一撃グッバイですよ……。

まぁ、聞いたところプロのコーティングを施せばある程度車がツヤツヤになるみたいだし、汚れも付きにくくなると聞いたので期待しております!

ということで、長くなりましたがワタクシの希望を簡潔にまとめると……。

  1. 購入したキレイな状態をキープしたい。
  2. 洗車の頻度、手間を減らしたい。
  3. できればお安いお値段で……。

ま、クルマのコーティングを考える人は大体同じ内容になりますね(苦笑)。

上位プランをお願いしてみるぞ!

ささ、江波店長、どーいたしましょう!?

江波「そうですね……僕も釣りに行くからわかるんですが、タフな環境でお車を利用しているフルカワさんのご要望にお応えするならWダイヤモンドキーパーというコーティングプランをおすすめしたいのですが……」

ですが……?

江波「こちらのプランは5つあるコーティングプランの中で2番目の上級プランになります」

ほ、ほほう……実にお値段のほどは?

江波「お車のサイズもLLサイズに相当しますので、税込みで98,000円に……」

き、きゅうまんはっせんえん!!!! なかなかなかなかいい~お値段するじゃあ~りませんか……。

江波「キーパーが自信を持ってご提供する上級プランになりますので……。でもちょっと提案もあるんです。コーティング単体の価格で言えばたしかにお安いお値段ではありませんが、フルカワさんが先ほど気になさっていた細かいキズがかなり目立たなくなると言ったらどうですか?

え? 傷も消えちゃうの?

江波「厳密には消えません。ただ、ミクロ単位の凹凸の上にコーティングを施すのでかなり目立たなくさせることは可能です」

キズ消しって割高なイメージあるし、悩んだり放置している間にどんどん増えてって結局諦めるパターンなんだけど、それもコーティングと一緒くたに解決できるなら割安かも?

江波「完全に消えるわけでありませんし、深いキズはコーティングでも誤魔化せないので修理が必要ですが、フルカワさんのお車の擦り傷ぐらいであれば、かなり目立たなくさせる自信があります」

その話、乗りました!!



専門店ならではの施工! 愛車がみるみる新車に変貌!? Wダイヤモンドキーパーの施工過程公開!

ホイール洗浄

オーダーするなり、テキパキと準備に取り掛かる江波さん。

まずはホイールの洗浄。

パッとみキレイだったホイールですが、江波さんが薬剤を吹きかけると……。

みるみるうちに赤黒い液体が垂れてくるではありませんか!

江波「外車やスポーツカーみたいにブレーキダストが出やすいクルマはすぐホイールが汚れるので見た感じで汚れがわかりますが、一見汚れていないようでも実は内側に結構ブレーキダストが溜まっていたりするんです」

なるほど……。というか吹きかけるだけでダラダラブレーキダストが流れてくるその薬剤が気になります!

ブレーキダストクリーナー【KeePer】。

江波「さきほども申し上げた通り、ケミカル製品も自社開発なので宣伝みたいで申し訳ないのですが、自社のブレーキダストクリーナーを使っています(苦笑)」

いきなりキーパーの強みが炸裂ゥッ! そしてこの薬剤普通に欲しいからあとで買おう……。

ブレーキダストクリーナーによって、流れ落ちた汚れを高圧洗浄で洗い流す。
さらにホイール専用スポンジで残った汚れを掻き出す。

ムース洗車

クルマ全体の汚れを洗車機でオート洗浄。

回転式のモップ等で洗うのではなく、薬剤も自動で射出し、高水圧スプレーで洗い流すのでクルマに優しいハイテク洗車機!

ホースがアームと一体になっているので、ホース同士が絡まないのが凄みだそうです!

実はこの洗車機もキーパーで販売しています! SUGEEE!

快洗7【KeePer】。ぶつからない、邪魔にならない 作業ストレス ゼロのプロ御用達のハイテク洗車機

脱脂処理

洗車で落としきれなかった水垢やしつこい垂れ跡などを脱脂処理でキレイに落とす作業。

僕もよく洗車するときに水垢が気になって落とすんですけど、これがなかなか落ちなくて手強いんですよね……。

同じ場所をスポンジで何度も擦ってようやく取れるみたいな……って、え~!?

スイスイ~と車を撫でるように流れるような舞で脱脂処理していく江波さん。こんなんで水垢落ちるんですか?

江波「そんなにひどくなければ落ちますよ。この爆ツヤなら……」

ポーカーフェイスの江波さんがほんの少しニヤケて見せてくれたのがコチラ。

爆ツヤ【KeePer】。
「どれだけゴシゴシ擦ってもキズが付くどころか、むしろツヤが出るほど安全性を持った未だかつてない超安全な、強力洗浄剤です」とホームページで紹介している魔法の洗浄剤。

キーパーのケミカル製品凄い!

爆ツヤの泡を快洗7で水洗い……。

江波「たぶん、これだけでも結構ツヤツヤになるんでビックリすると思いますよ」

鉄粉除去

江波「コーティング前の下処理で鉄粉取りのオプションがあるんですが、せっかくWダイヤモンドキーパーを施工するんであれば、ぜひオススメしたいんですがどうですか?」

て、てっぷんとり?

江波「主に鉄道や製鉄所などの近くで多いのですが、街中でも空気中に細かい鉄粉が舞っているんです。これがクルマに付着すると、表面がザラつきます。洗車後の濡れたボディを手で撫でるとたぶんツブツブした感触がたまにあると思うんですけどそれが付着した鉄粉ですね」

ボディを撫でてみるとたしかにザラツキがあります。

江波「キーパーのコーティングをすると鉄粉も付きにくくなるのでオススメです。フルカワさんのLLサイズでも3980円なんで、そんなに高くないですし」

じゃぁ、お願いします!

クルマに専用の薬剤『ピュアアップ4』を散布し、素手で伸ばしていく。
鉄粉取り用の粘土をボディに滑らせると超すべすべボディに生まれ変わります。

手洗い洗車

ボディ全体を丁寧に粘土で滑らせたあとはピュアアップ4を水洗いで流し、手洗い洗車。

羊毛を使用した『ラ・モップII【KeePer】』で細かいところまで素早く洗っていく。

ふわふわの羊毛がボディにも優しい!
シャンプー剤を高圧洗浄で流し終えると、再び圧力の弱いシャワーでかけ流していく。

江波さん、この水圧の弱いシャワーの役割はなんですか?

江波「これは純水です」

純粋……?

江波「……いえ、違います。純『水』といって、ミネラルを抜いた水です。カルキやミネラルは水垢やシミの元になるので、そういう成分をすべて抜き取ってあります。純水で洗うだけで、透明感が増しますし、万が一このまま乾かしてもシミにならないんですよ。最近カーショップでも2~3Lで500円くらい売ってたりしますよ」

2Lで500円!? 凄い水なのはわかりましたが、そんなものをこんなにバーッとかけ流して大丈夫なんですか!?

江波「まぁ、自社で純水用の洗車機も取り扱ってますからね」

リッター200円越えの純水かけ放題……キーパーさんすごすぎます……!

拭き上げ

手洗い洗車で隅々までキレイにしたあとは、拭き上げ作業へ。

洗車は拭き上げが命ですからね!

江波「純水を使用してるので、水垢等の心配はありませんが、一般的には拭き上げは大事な作業になりますね」

セーヌタオルで大まかな水減らし作業。
プラセーヌラージ【KeePer】。
吸水力が落ちないスポンジタオル。洗車後の大まかな水減らしに大活躍。
その後、セーヌタオルで吹き上げきれない隙間の水滴をエアーで掻き出していく。
快洗Taoるとマイクロファイバーのキーパークロスの二枚拭きで仕上げていく。

何かすでに光沢がヤバくないですか……?

ヘッドライトの黄ばみ取り(オプション)

洗車終了の段階でやや感動気味のワタクシ。

洗車しただけで、この艶と光沢。

これがプロの洗車……!

江波「まだコーティングしてませんけどね。ここからもう一段階艶がでます。その前にフルカワさんのキレイになったクルマを見て気になることありませんか?」

あ、ヘッドライトが汚い……。

江波「そうですね。クルマがキレイになると目立ってしまう部分です。KeePerではヘッドライトの黄ばみ取りに加え、コーティングによるプロテクトも可能なのですがどうでしょうか?」

いや、もうここまでキレイになったらやるしかないでしょ!

江波「かしこまりました!」

ボディに研磨剤等が付着しないようにマスキング。
研磨剤を塗りながらポリッシャーでバフ掛け。
研磨剤でバフ掛けのち、ウールバフで表面を調整していく。
仕上げ用のスポンジバフを掛けて完成!

ピッカピカ!!!!

ちなみにヘッドライトのクリーン&プロテクトの料金は8170円。

キレイなクルマにピカピカのヘッドライトが眩しい!!

ツヤ出し研磨

コーティング前の下準備の最後がツヤ出し研磨。

ボディ全体をバフ掛けして、ツヤを出していく。

洗車で落としきれなかったシミや小傷などによる凹凸を表面処理で均していく。

江波「表面が凸凹していると、光が乱反射するのでくすんで見えてしまうんです。研磨してボディの表面がミクロ単位で平らになることで光がキレイに反射し、ツヤを出すことができます。ちなみに軽い鉄粉であればこの工程で一緒に除去することもできるのですが、大体はバフに巻き込んで傷になっていくのでその面でも鉄粉取りはオススメします」

ガラス被膜コーティング×2、レジン被膜コーティング

研磨したボディをムース洗車し、拭き上げしたらいよいよコーティング!

ボディにガラス被膜のコーティングを丁寧に塗っていく。

酸性雨や紫外線に強いガラスコーティング。キーパーのガラス被膜は通常のガラスコーティング被膜に比べ、約50倍ほど厚い1ミクロン。
ダイヤモンドキーパーケミカル【KeePer】。
ドイツのSONAX社と共同開発した最高級品質のツヤと光沢を出す本物のボディガラスコーティング剤。

1層目を3時間かけて硬化させ、そのあと2層目を塗布していく。

2層目は1時間で硬化し、ガラス被膜のコーティングが完成。

キーパー自慢の厚いガラス被膜が2層重なることで、まさに異次元のツヤに!

最後の3層目となるレジンコーティング作業中の江波さん。
すでに、ボディが鏡のようになっていることに注目!
レジン2【KeePer】。
レジン被膜はツヤを深め、シミを防ぐ。

そしてついに、コーティング完了!

ビッカビカのボディの撮影は写りこみ必至です(汗)。
試しにボンネットに水を掛けてみると、無風なのに水滴が滴っていくほどの水弾き!
最後にタイヤワックスを掛けて、Wダイヤモンドキーパーの施工終了!

樹脂フェンダーキーパー(オプション)

ピッカピカのクルマになって、気が付いたことがあります。

ステップが汚ぇ!!!

ステップというか、樹脂パーツ全体が色褪せててカッコ悪ぅ……。

江波「キレイになりますよ!」

なにぃっ!?

樹脂フェンダーコーティング【KeePer】。

江波「樹脂パーツに使えるコーティング剤です。グリルの隙間やフェンダー、ステップなど、あらゆる樹脂パーツにオススメです。僕もFJクルーザー乗ってますが樹脂パーツが多いので年1でやってます」

まぁ、ここまで来たら後には引けぬ。ひと思いにやってくれ、江波さん!

ヌリヌリ……。
ピカーン!!!!

樹脂パーツって元はこんなにキレイだったのか……と思うほど、別格のツヤに。

サーフの場合、ステップ、フェンダー、リアバンパーの3点で、11,600円でした!

見よ、この輝きを。これがKeePer最高峰のコーティング、『Wダイヤモンドキーパー』だ!

それでは、Wダイヤモンドキーパーを施し生まれ変わった愛車をご覧ください。

もはや新車やんけ!!!!

想像を超える輝きを手に入れ、新車を彷彿させる我が愛車。

これはもし売りに出したら査定額爆上がりレベル……!

冒頭にお見せした小傷もこの通り!

ドアノブに傷なんかありました?と記憶を疑うほどの仕上がり。
結構深めだったリアバンパーの擦り傷もほぼ目立たなくなっております。

ボンネットのキズに至っては見つけることができませんでした……(汗)。

この輝きを洗車のみで3年間維持できるというから驚き!

江波メンテナンスを年に一度していただければ5年間持ちますよ。耐久が長いタイプのコーティングになるので、新車買われた方とか、クルマを長く乗られる方にはオススメです。メンテナンスにはAプランとBプランがありまして、3層になっている一番上のレジンというのを入れ替えるのがAプラン。Bプランはガラス層の表面を補修してからレジン層を塗るものになります。これは一年後のお車の状態だったり、駐車環境だったりとかで変わってくるので、一年後メンテナンスの時期にまた相談してもらえればこの輝きを維持できます」

Aメンテナンスで9,900円なので、長持ちさせるならメンテナンスが断然オトク!

【おまけ】1ケ月半放置してみた

あまりの水弾きの良さに雨の日には思わずクルマを眺めてしまうほど、うっとりしてしまうキーパーコーティング。

水弾きによって水垢が付かないのはもちろん、汚れやホコリが付きにくいのでクルマがなかなか汚れない。

畑が多い茨城だと、洗車後1週間で土ホコリまみれになってしまうのですが、汚れた写真を撮りたくても撮れない日々が続くこと1ヶ月半。

ようやく汚れたかな?と思える写真がこちらです。

ホコリとウォータースポットが点々と。

コーティングを施工してもらった帰りに洗車三点セットを購入したので、そちらを使ってレッツ洗車!

シャンプー、スポンジ、キーパークロスの三点セット1,380円!
軽く水洗いのあとにシャンプー洗車! 泡立ち良くて、伸びもいい!
シャンプーを洗い流すとうっとりする水弾きと共に、汚れがみるみる落ちていきます。

拭き上げは江波さんに超絶オススメされた、キーパークロス。

販売用キーパークロス【KeePer】。
キーパースタッフが猛烈にオススメする仕上げ拭き用クロス。吸水性抜群のマイクロファイバーが汚れを掻きとります。
スポンジタオル等で水減らしをするの忘れて、いきなりキーパークロスで拭き上げたのですが……。なんと、サッと一拭きで水滴と汚れがバニッシュ!
お空模様をクルマ越しでお伝え出来る輝きでございます。

ちなみにお手入れキットも販売しているので、せっかくのコーティングを長持ちさせるなら買っておいて損なし!

詳しくは「月刊自家用車WEB」をご覧ください↓

Wダイヤモンドキーパーを施工した感想。

クルマの輝きはもちろんなのですが、実際施工後に一番驚いたのはクルマの汚れなさ。

取材や釣りであちこちに行ってもほとんど汚れないし、汚れても水洗いだけで済むから洗車が超~ラクです!

あとはプロフェッショナルな洗車とサービスを受けれられるキーパーの利便性。

キーパーの洗車、コーティング技術は無知だった自分でも感動できるクオリティですし、豊富なメニューで細かい悩みに対応できること。

しかもそれが全国各地で同様のサービスを受けられるから、個人店のように予約に困ることもなければ、例えば転勤とかで住まいが変わっても近くのキーパープロショップ等でメンテナンスを受けられるから安心です。

またキーパーはそもそも洗車やコーティングに資格制度を取っていることが新しいですし、資格を取るための研修や検定、トレーニングセンターなどの育成施設が整っていることもポイント。

スタッフが技術を競い合うコンテストも毎年開催しており、切磋琢磨していくことで技術が常に進歩していくのも同業他社とは圧倒的に違うと思います。

クルマのキレイを保つプロフェッショナルが集う、KeePer。

正直、クルマが汚れやすい釣りとの相性抜群だと思うので興味がある人はやらなきゃ損だと思いました!

ちなみに余談ではありますが、KeePerのコーティングはバスボートにもできるんやで!

いつかバスボートを買う日が来るなら、ぜひお願いしよう!そう誓った今回の取材でしたw

施工プラン詳細

プラン価格(税込)
Wダイヤモンドキーパー(LLサイズ)98,000円
ヘッドライトクリーン&プロテクト8,170円
鉄粉取り(LLサイズ軽度)3,980円
樹脂フェンダーキーパー
※樹脂パーツの多さと状態によって、価格の変動があります。
11,600円
総合計121,750円

所要時間は約8時間でした!

古川和弘

2022.01.16

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。