イマカツ史上「最強最長」のジャイアントベイトロッドが間もなく完成か!?『ロデオライドリバイバー カタパルト(仮称)』



三原直之さんがプロデュースするエクストリーム系バスロッド『ロデオライドリバイバー』(イマカツ)から今年は3本(ベイト2+スピニング1)の新作が登場予定! 今回で3本目のご解説となるのは再びベイトで、『仮称:CATAPULT』。シリーズ最強&最長となるモデルに今こそ注目だ。

解説していただくのはバス釣り界の「傾奇者」にしてJBトップ50プロ&陸王強者・ミハラマン!!

【Profile】

三原直之(みはら・なおゆき)

2015JBスーパーバスクラシック池原ダム優勝、2019年トップ50七色ダム戦優勝、2019JBスーパーバスクラシックほか、トップカテゴリで表彰台多数、ローカル戦での優勝多数の若手プロ筆頭。バスの習性を熟知したフィーディングサイトを得意とし、リアクションに頼らない食わせの美学を追求している。鳥取県境港市出身、兵庫県三田市在住の伸び盛りな31歳。

ジャイアントベイトを操る!約8ftの「投石機」

今季発表を予定しているロデオライドリバイバー新作解説のラストとなる3モデル目は、仮称『CATAPULT』(読み:カタパルト)。

本来の投石機の意味から転じて、空母から戦闘機を緊急出動させるための装置として知る方も多い言葉だろう。

三原「今“ジャバロン350”というとてつもなく巨大なスイムベイトを開発しているんですが、それを投げるための超モンスターロッドです」

開発者の三原直之さんにその特長をひとことでと求めると、こう返ってきた。

ジャバロンとは、ボディ中程から後半にかけて独自のジャバロン構造を持ち、全身を駆動させたナチュラルな泳ぎで驚異的な集魚力を誇るイマカツの釣れ筋スイムベイト。三原さんはこれまでの最大サイズとなる200を超える350(mm)のジャイアントサイズを現在開発中なのだという。

三原「自重は確か370gくらいあると思います。そこまで重くなってくると、並大抵のロッドでは…」

カタパルトの番手表記を尋ねると、驚きの回答。

三原「全長は8ftを切るくらいで、パワーは一体幾つのXがつくかわかりません(笑)」。

推定でRRR-800XXXHか、それともXXXXHか。全長こそJBレギュレーション範囲内の8ft未満であることは決定しているが、パワーは不明かつ未知数。ロデオライドリバイバー最長&最強モデルとなることは明らかだろう。



350gをフルキャスト可能な「モンスター級」パワー!

三原「開発コンセプトは、ジャイアントベイトの投げやすさがメイン。できれば若干曲がって弾き出してくれることで、20cm台のビッグベイトにも対応できるようにしたかった。自重次第ですが、10cm台には不向きかもしれません」

自重では100g台後半から500g台のビッグ&スイムベイトへの対応幅を求めたパワーブランク設計。強靭でありながらもしなやかな筋肉を持つ剛の竿だ。

三原「ブランク自体はツナ(=マグロ)用として開発された物をアレンジしています。バイトがあったら乗せるのではなく『掛ける』、フックを『刺す』ことが大切になってくるためのパワーが必要です」

食った瞬間にアングラー側からパワーを伝え、でかバスの口元に大型トレブルフックのポイントを強制的に食い込ませる。他のルアーとは全く異なるメカニズムがそこに求められる。

三原「投げる時はダブルハンドで、引き手の力も加えての遠投。だから、エンド側への負担も大きく、ちょっとやそっとじゃ破損しない構造に仕上げています」

プロト段階では、キャスト時に渾身の力を込める余り、セパレートグリップのエンド側コルクの剥離や、セパレート部のブランク折れも経験。現在は新たなる強靭セッティングとなり「破損の不安はない」のだという。

三原直之の十八番ワザ「エイトトラップ」も自在!

300gオーバーのジャイアントベイトをフルキャストで遠投できるのみならず、操作性に関しても無論、隙のないコンストラクションに設計済み。

三原「足下で強引にエイトトラップをしても、何ら問題ありません」

三原さんといえば、2020陸王の大江川五三川予選で魅せた、ギルロイドJr.のエイトトラップは歴史に残る名シーンだった。

バイトを瞬時に仕留め足下から抜き上げた巨体は、実に52cm2450g! およそ15年に及ぶ陸王史における最大魚記録を更新。未だ破れ得ぬレコードとして君臨している。

しかし、現在開発中の『カタパルト』は、当時とは使用するビッグベイトのサイズが桁違い。300g級のジャイアントベイトでも自在に誘うことが可能な設計となっていることは言うまでもないだろう。

トップガイドにはチタンフレームSiCリングの大型ガイド。ティップ側には小径ガイドを集中させることで強靭ブランクの曲がりをサポート。幅広いウェイトのジャイアントベイトの荷重を乗せたキャストが可能となる。

またリールシートはフロント側ダウンロック式で、ダブルロックタイプを採用することで不意の緩みを防止。安心のファイトが可能。さらにはバットジョイントの2ピース設計で、存分な強度を保ちながら、8ftの長さを感じさせない持ち運びの利便性も確保。

三原「開発はほぼ煮詰まってきました」

先に解説済みのベイト『テン・ファイブ』、スピニング『ライナー・スピン』とは異なり、まだ未知数の部分も多い『仮称:カタパルト』。今後の続報に期待したい。

ルアマガプラス