公式ストア
公式ストア

釣りに行くときの基本的な服装をご紹介【夏冬シーズン&釣り船】

  • 公開日:2022/04/27
これから釣りを始める方へ 2022アパレル


釣りに行くとき迷いやすいのが服装ではないでしょうか。釣りは気軽なアウトドアレジャーではありますが、意外な危険性が潜んでいたり、汚れることもあります。どんな服装がいいのかをご紹介します。

基本的に安全性を重視しましょう

釣り場は日陰が少なくて直射日光に当たりやすい、仕掛けやルアーを投げるときに誤ってハリを引っ掛けてしまう恐れがあることなどを考慮すると、長袖長ズボンに帽子を着用することが望ましいでしょう。

また、魚とのファイト中に仕掛けやルアーが外れて顔面目がけて飛んできたり、紫外線を防いだりするという意味でも、偏光サングラスも着用する方がいいでしょう。堤防や釣り公園など足場が良いフィールドならスニーカーでも十分ですが、足下が濡れやすい、滑りやすいならば長靴やスパイクシューズをおすすめします。

夏の服装

夏は薄着になりがちですが、やはり日焼け対策や万が一のトラブルを考慮すると、薄手でもよいので長袖のウィンドブレーカーなどを着用するのが望ましいです。どうしても暑い、煩わしいという場合は、アームカバーやレッグカバーなどを着用するのもいいでしょう。現在は清涼効果のある生地でできているアパレルもたくさんあるので、積極的に着用して快適かつ安全に楽しみましょう。



冬の服装

冬は防寒対策が第一なので、どうしてもアウターにばかり目が行きがちです。しかし、素肌に直接着用するインナーとその上から着用するミドラーも重要で、いずれも保温&発熱効果、防風効果が高いものを着用すれば何枚も重ね着する必要はなく、インナー・ミドラー・アウターの3レイヤーだけで十分温かいだけでなく、着ぶくれもしないので動きやすいです。

船釣りの服装

船釣りでは魚が暴れたり、不意の天候変化もあり、上下とも防水アウターが望ましいです。胴長を愛用している方も多いです。

また足元に新鮮な海水を流す装置がついている船もあり、サンダルではなく長靴や防水機能のある靴がおすすめです。陽射しを避けることができないため、熱中症を避けるために帽子も被っていくといいでしょう。

命を守るライフジャケットは忘れずに購入しよう!

本来ならば最初にお話しするべきことかもしれませんが、釣りを含めた水辺のレジャーを楽しむ場合は、必ずライフジャケットを購入&着用してください。ライフジャケットで魚が釣れるわけではないので、おカネを使う順位としては二の次三の次になりそうなところですが、万が一のときに生命を守るという意味ではもっとも重量視すべき、もっともおカネをかけるべき道具になります。なお、子供が大人用のライフジャケットを着用した場合、身体にフィットせずに水中で脱げてしまうことも多々あるので、必ず子供専用サイズを着用させてあげてください。

ルアマガ+

2022.04.27

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。