レジットデザインのスクアドに筋肉質なブランクスを備えたサワラ専用ロッドがミノー用&ブレードジグ用それぞれ開発中!



近年全国的な盛り上がりを見せているターゲット、サワラ。東京湾のボートゲームも例外ではなく、シーズンになれば多くのアングラーがこの魚を追い求める。そんなサワラゲームの魅力と釣り方、そして大事なタックルセッティングなどをまとめて紹介! 

解説していただくのはレジットデザインのミスターロッド職人・飯高さん

【Profile】

飯高博文 (いいたか・ひろふみ)

長年に渡るロッド開発経験を持つ、ミスターロッド職人。近年は東京湾のボートゲームの魅力にどっぷり浸かり、ボートシーバスやバチコン、そしてサワラゲームなど傾倒。ソルトブランドのスクアドも人気だ。 レジットデザイン株式会社CEO。


 

ただ巻きでガンガン釣れるイージーパターン! 

ビギナーにオススメなのがブレード付きのジグで、アクションはカウントダウンからのただ巻きだけと、とてもイージー。飛距離が出るのでナブラ撃ちにも使えるし、魚が沈んだときにそのレンジに合わせやすいという特徴もある。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1652399901-1024x556.png
メタルジグ 
ジャックアイマキマキ(ハヤブサ) 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1652399995-1024x353.png
ブレードジグ 
メタルマジックTG(コーモラン) 

そして、これらの釣りをしていく上で、ロッド性能が釣果に及ぼす影響も決して少なくないという。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1652274307-1024x682.jpg

飯高「ここ数年の東京湾で大きな流行になっているのがボートでのサワラゲームなんですが、それに対応する竿がなかったんです。シーバス用ロッドでやってみたり、シイラや青物ロッドでやってみたりしている人が多かったんじゃないでしょうか。でも、シーバスロッドではパワーが足りない、シイラ・青物ロッドでは固すぎる。そのちょうど真ん中の竿がなかった」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1652274198-1024x1536.jpg

飯高「使うミノーは20〜40g、ブレードジグはタングステン製の60gといったものも使っていきますし、ミノーのジャーキングにはロッドティップの絶妙なしなやかさが必要だし、バットは粘りとパワーがないとサワラはバレてしまう。そういった経緯もあって、レジットデザインのスクアドでサワラロッドを作ったんです」  

※写真のロッドは制作中のプロトモデル

ミノーとブレードジグでは求められるロッドの役割も違ってくるので、ミノー用とブレードジグ用の2本を用意してボートに持ち込むのが理想的だ。 

前回の「ボートサワラゲームの心得徹底解説」記事はこちら!



アングラーにミスを起こさせないロッドの汎用性

レジットデザインのスクアドシリーズに、待望のサワラモデルがリリースされます。

飯高「サワラゲームで活躍するミノーとブレードジグはルアーの特徴が大きく違うので、ロッドも2本作りました。ミノー用は7ft5inで、Mプラスという表記。20〜40gクラスのミノーをメインに使いやすい設計にしてあります。ブレードジグ用はMHプラス表記で、30g〜60gのタングステンジグをフルキャストできるパワーを持たせました。重いブレードジグを高速リトリーブで喰わせるという展開も多いですからね。あと寒ザワラなどはメタルジグでバーチカルに誘うパターンも多いので、80g〜100gジグをしゃくる釣りにも対応しています」

この2本に共通しているのは、筋肉質なブランクス。

飯高「パワーはあるけど、ただ硬いわけではないんです。しなやかかつ、むっちりしている筋肉質なブランクスになっていますよ。サワラはバレやすいし、幅広い重さのルアーにも対応しないといけないので、ある程度ブランクスに汎用性や許容性が求められる。そうすると、むっちりとしたブランクスの方が対応できるんですよね。ロッドの反発力による飛距離もでるし、バイトがあったときも乗りやすいし、バレにくいというメリットもあります。ガイドは大口径にして、抜けが良くトラブルも最小限に抑えられる設計に。ナブラを見つけたら素早くキャストをしなくてはいけないんですが、そのときにライントラブルが起きたりすると、バイトチャンスが失われてしまいますから」

ナブラが少ないときなどは、1キャストの正確性が釣果を大きく左右する。大事なキャストでトラブルが起こるロッドでは勝負にならないのだ。

スクアドのサワラモデルは、パワフルでもっちりとした使用感でありながら、持ち重りはなく軽快に振り回せる。ゴツくて重いという印象は全くない。

ミノー用「スクアド SKS75M+」ブレードジグ用「スクアド SKS70MH+」で、サワラを完全包囲!

写真上のミノースペシャルは75M+というレングス&パワーで、ヘビーウェイトミノーもロングキャストできるパワフルさを内包。写真下のブレードジグスペシャルはMH+表記で重めのタングステンジグも楽々扱うことができる。また、100g程度のジグをバーチカルに落とすというパターンにも対応している。どちらも、現在段階となっている。

大口径ガイド

ガイドは大口径のものをセットし、飛距離アップをサポート。キャスト時のライントラブルを最小限に抑えるという狙いもある。

最適化されたグリップ長

(写真上)ミノーSP、(写真下)ジグSP。

リールはロックアップで固定。ミノーとブレードジグ、それぞれをアクションしやすいよう最適な状態にグリップ長を調整している。

筋肉質なブランクス

サワラの強烈な引きと突然のツッコミにも対応するため、ブランクスはもっちりと筋肉質な仕上がりを目指した。アラミド繊維による補強も手伝って、魚をしっかりと浮かせつつもバラさないようなファイトが可能に。

ナブラ撃ちのキャストには飛距離と正確性が求められる。筋肉質なブランクスは、キャストのしやすさにも繋がる。軽い力でもかなりの飛距離を出すこともできるのがスクアドのロッドだ。

スクアド SKS75M+ – SAWARA ミノースペシャル

  • 全長:7ft5in
  • MAXルアーウエイト:60g
  • MAX適合ライン:PE 2号
  • 予定価格:31,500円(税別)

スクアド SKS70MH+ – SAWARA ブレードジグスペシャル

  • 全長:7ft
  • MAXルアーウエイト:100g
  • MAX適合ライン:PE 3号
  • 予定価格:31,500円(税別)

リール

リールはスピニング4,000〜5,000番がマッチ。高速リトリーブや回収スピードを早くして手数をあげるためにもハイギアのものをチョイスしよう。

ライン

ラインはPE 1.2〜1.5号がメイン。リーダーは30〜40lb。飯高さんはショック吸収の意味でナイロンリーダーを愛用。さらにワイヤーリーダーをセットする場合も。

『東京湾ボートフィッシング完全読本』好評販売中!

『東京湾ボートフィッシング完全読本』

海のルアーフィッシングのことならなんでもござれ「ルアーマガジン・ソルト」がお届けする、『東京湾ボートフィッシング』をテーマにした1冊が出来上がりました。

中でもとくに人気の高いターゲットである「シーバス」、「サワラ」、「アジ」を大特集!釣り方や必要なタックル情報など、ビギナーにもわかりやすい内容で紹介しています。

これを読めば東京湾のボートルアーゲームを完全網羅できますよ!

『東京湾ボートフィッシング完全読本』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2021年4月26日
  • 定価:1,800円(税込)
ルアマガプラス