テイルウォークのバスロッドがモデルチェンジでますます使いやすく!『22フルレンジ』登場!



テイルウォークのバス用ロッド『フルレンジ』。その活躍はめざましく、強豪トーナメンターの片腕として活躍したことも1度や2度では無い。そんな『フルレンジ』が2022年、初のフルモデルチェンジを果たす…!

FULLRANGE (’22 MODEL)

2015年に誕生し、あまたのバスを釣り上げてきた『フルレンジ』。

その魅力は、開発コンセプトでもある「普遍なる総合力」のもと、多種多様なバスフィッシングシーンに合致した汎用性と専門性。そしてテイルウォークだからこそ実現できる、圧倒的なコストパフォーマンス。

1本のロッドであらゆるフィールドをストレス無く攻略できるロッドが豊富に取り揃う一方で、フリッピングやパワーフィネス、ミドストといった特化した釣りを完遂できる専用ロッドにも抜かりは無かったのだ。

しかしバスフィッシングは今なお進化が目覚ましく、アングラーもストイックに自身の、そしてタックルの進化を渇望する。

なればこそ、2022年に訪れた『フルレンジ』のモデルチェンジは、至極当然。

それでは、すでに高い完成度を誇っていた『フルレンジ』はいかにして最先端モデルとなり得たのか?

ブランクス素材の見直しや、使用ガイドといった点もあるのだがが、最大の注目ポイントはオリジナルデザインのリールシートにあると言えるだろう。

『Z-SHAPE REEL SEAT (Z-シェイプリールシート)』と名付けられたこのリールシートは、様々なアングラーのスタイルに対応する画期的な設計となっており、ワンフィンガーからフルパーミングまであらゆる握りに対応しているのだ。

また、ユーザーサポータリティーにも優れており、スレッドカラーでバーサタイル、ファストムービング、フィネスの3タイプが瞬時に判別できるようになっているほか、フォアのフード等にはシンプルかつスタイリッシュなアルミパーツを採用することで、旧モデルと並べた際にも違和感が無いように配慮されている。

優れた性能、広い汎用性にとどまらず、実用シーンにおけるストレスを徹底的に排除することで、新生『フルレンジ』はまた多くのアングラーにとっての頼れる片腕となってくれるに違いない。



ラインナップ

モデル全長(ft)継数仕舞寸法(mm)自重(g)対応ルアーウエイト(g)対応ライン(lb)価格(税込円)
C59M+5.911761013/16-3/46-2023,100
C62ML6.211881041/8-1/26-1624,200
C65MH/G6.511961421/4-1.28-2025,300
C611MH6.112(B)1791281/4-1.28-2026,400
S65L6.511961131/16-1/42-824,200
C66M6.611991023/16-3/46-2025,300
C610M6.12(B)1771123/16-3/46-2026,400
C68MH6.812041123/16-18-2026,400
C70H72(B)1801251/4-1.510-2227,500
C66XH6.611991213/8-2.512-2527,500
S65L+6.411941071/16-1/42-824,200
C67M+/SL6.712011061/8-1/25-1426,400
S60XUL/SL61183951/64-5/322-625,300
S60UL/SL61183921/32-3/162-625,300
S68MH6.812041181/16-1/25-12(PE MAX 2.0)26,400

ルアマガプラス