公式ストア
公式ストア

シマノの『SLX DC』シリーズに新たなラインナップを追加!【SLX DC XT】ブレーキの進化で軽量ルアーの扱いがさらに快適に!

ルアマガ+

ブラックバス ブラックバス(ベイトリール) ルアマガ+の最新アイテム紹介 2022リール シマノ(SHIMANO) シマノ(バス) シマノ(リール)


強烈なインパクトを残したシマノの『DC(デジタルコントロール)ブレーキ』を、リーズナブルな価格で体感できるということで人気を博していたのが『SLX DC』。このシリーズに新たなモデルがラインナップされます。その名も『SLX DC XT』。XTの名を冠し、さらにパワーアップしたベイトリールの性能に迫ります。

SLX DC XT(シマノ)

あらゆるルアーにマッチするバーサタイルモデル

『SLX DC XT』は、軽量ルアーからビッグベイトまでカバーするテクニカルバーサタイルモデル。遠投性能、対バックラッシュ性能に優れ、風などの気象条件に強い『DC』の特性に一層の磨きが掛かりました。

スプールは超極薄の『マグナムライトスプールIII』を採用。低慣性に由来するクイックな回転の立ち上がりは、とりわけ軽量ルアーにおいて威力を発揮し、狭いオーバーハングの下へも低い弾道で意のままにルアーを撃ち込むことができるようになりました。

駆動中枢にはマイクロモジュールギアを配置。滑らかかつパワフルな巻き上げと3つのギア比バリエーションにより、マキモノから撃ちモノまであらゆるルアーにマッチします。

ブレーキユニットは2020年のカルカッタコンクエストに採用されていた『I-DC5』

カルカッタコンクエストDC譲りの電子制御ブレーキユニット、I-DC5をSLX DCに移植することで、軽量ルアーからビッグベイトまでをカバーしつつ、高い遠投性能と対バックラッシュ性能を兼ね備えた、新時代のバーサタイルDCが誕生しました。

なだらかな曲線で構成される新形状ボディに詰め込まれたI-DC5ユニットは、従来のI-DC4搭載モデルを超える飛距離とイージーキャスティングを実現。パーミングしやすいロープロファイルボディとの相乗効果で、超遠投からテクニカルキャストまで楽々こなす、バーサタイルの新たな流れを創るDC搭載モデルです。



低慣性 マグナムライトスプールIII搭載

大幅な肉薄化により、従来にない低慣性を実現したマグナムライトスプールIII。軽やかに立ち上がり、気持ちよく伸びていく抜群のキャストフィールをもたらすこの軽量スプールを装備したことで、低弾道で射抜くようなピンポイントキャストも、より高い精度で行えるようになりました。

マグナムライトスプールIIIとI-DC5の緻密なブレーキ制御のコンビネーションにより、バックラッシュの発生を抑え、さらに奥まで狙える伸びの良さを手に入れたSLX DC XT。従来にない扱いやすさと抜群のキャスタビリティで、アングラーの強気の攻めを後押しします。

【スペック】

品番ギア最大ドラグ力(Kg自重(gスプール 径(mm)/幅(mm糸巻量ナイロン(lb-m最大巻上長(cm/ハンドル1回転ハンドル長さ(mmベアリング数BB/ローラ―本体価格(円
706.25.519533/2116-8064427/135,000
716.25.519533/2116-8064427/135,000
70HG 7.45.519533/2116-8077427/135,000
71HG 7.45.519533/2116-8077427/135,000
70XG 8.15.519533/2116-8084457/135,000
71XG 8.15.519533/2116-8084457/135,000
2022年10月 発売予定
※70、70HG、70XG:発売月が2022年5月から2022年10月、71、71HG、71XG:2022年6月から2022年11月に変更になりました。

その性能をいち早く体感したアングラーたちの意見がコチラ!

秦拓馬「軽量ルアーを楽に扱える対応力。陸っぱりでガンガン使ってみたいですね」

「スプールの立ち上がりがスムーズで、バックラッシュが少ないというDCブレーキのよさはそのままに、軽いルアーへの対応幅が広がった印象です。3/16ozクラスの軽量ルアーも楽にキャストできるのには驚きましたね」

ブレーキユニット『I-DC5』と『マグナムライトスプールIII』の採用で、『SLX DC』で投げられていた軽量ルアーに加えて、さらに軽量のルアーが投げられるようになったそうです。

「これまでは複数台のリールを使い分けていた場面でも、SLX DC XTなら軽量ルアーから重い巻きモノ系ルアーまで一台でこなせてしまいます。巻きの感覚を変えずにいろんなルアーを使えるのは嬉しいもの。タックルの数が制限される陸っぱりの釣りでも、SLX DC XTは頼もしい味方になってくれるはずです」

佐々一真「1台で全てをこなせる、真のバーサタイルベイトリールです」

佐々「飛距離アップが期待できるMGLIIIスプールと、I-DC5ユニットが搭載され、対応できるルアーの幅が明らかに広がりましたね。

アベレージサイズのルアー各種を軽快に飛ばすことはもちろん、ロングビルミノーやビッグベイト、アンブレラリグなど大きくて空気抵抗の大きいルアーでもトラブルなくキャストできます。

僕なら、特に岸釣りで活用したいですね。バーサタイルロッドに組み合わせてやれば、それだけで何でもこなせてしまいます」

タックルの組み合わせ次第で、オカッパリでの釣りがさらに幅広くなりそうです!

シマノインストラクター陣のインプレも要チェック!

ルアマガ+

2022.05.28

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

  
  
  
  

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。