霞ヶ浦の「オカッパリ最強」ベイトリール!? 佐々木勝也のDAIWA『ジリオンSV TW』&『ジリオンTW HD』インプレッション! 



DAIWAの中〜重量級ルアー用ベイトリールである『ジリオンSV TW』と『ジリオンTW HD』。このふたつの特徴の違いと使い分けを、カスミ水系をホームに活躍する佐々木勝也さんに解説してもらいました。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください! 

【Profile】

佐々木勝也(ささき・かつや)

茨城県在住。霞ヶ浦水系で圧倒的な釣果を出し続け、この水系のオカッパリ最強アングラーとの呼び声も高い。得意とするのは水面系パワーフィネスやビッグクローラー、ビッグベイトなど。常にビッグバスのみを狙うストロングスタイルが信条だ。

「SVブースト」と「マグZブースト」が大きな性格の違い 

使うルアーと攻め方でリールを使い分けよう!

――ジリオンSV TWと、ジリオンTW HDは、どちらもミドルからヘビー級バーサタイルともいうべき、巻きもキャスト性能も完成されたベイトリール。ビッグクローラーベイトなど、重量級ルアーも多用する佐々木さんは、このふたつをどのように使い分けていますか? 

佐々木「ジリオンのSV TWもTW HDも、基本は中量級以上、3/8oz以上の重さのルアーを使うリール。じゃあこのふたつの大きな違いはというと、スプールとブレーキ機構が『SVブースト』か『マグZブースト』かの違いですね」

佐々木「SV TWはSVブーストが搭載されていて、SVのバックラッシュのしにくさを持ちつつ、さらに後半の伸びを実現したリールになります。なので、自分はジリオンSV TWは、ラバージグの近距離戦で主に使っています。やはりSVブーストのほうがピッチングやスキッピングなどでもバックラッシュしにくいですからね。ラバージグを小規模河川の対岸や、ショートキャストで攻めていく場合はこのリールが使いやすいですよ」 

――SV(ストレスフリー・バーサタイル)の性能を生かした使い方ですね。では、ジリオンTW HDはどのような使い方をしていますか? 

画像左がジリオンTW HD、画像右がジリオンSV TW。スプールがSVブーストとマグZブーストかどうかというのが両者の大きな違い。 

佐々木「一方でマグZブーストを備えたジリオンTW HDは、抵抗感のある重たいものを遠くに飛ばすことが得意なリール。なので、こちらはビッグベイト用として使っています。例えば霞ヶ浦水系でも減水したときは、ビッグクローラーを沖に向かって投げることもありますから。この場合、SVブーストとマグZブーストで投げたときでは、飛距離が結構変わってくるんです。感覚的に、5mくらい変わるんじゃないでしょうか」

佐々木「あとはリール自体もパワーアップしているので、遠投目的ではなくてもパワーが欲しいときはこのリールをチョイス。ドラグもTW HDの方が少し強いですしね。

ワームなどをスキッピングするのはSVブーストのほうが良いですが、ビッグクローラーやビッグベイトをピッチングする際は、マグZブーストのほうが大きなルアーの比重に対してスプールが負けないので、重い物でもしっかり振り切ってキャスト可能、近距離でも正確にアプローチできるんですよね。

また思い切りフッキングしたときも、リール自体の安定感や頑丈さを感じますね。 

両方ともマグドライブデザインで、リーリングのなめらかさと安定感はかなり高いレベルになっています。ただ、ジリオンTW HDは標準でロングハンドルが付いているので、抵抗感のあるものを巻いてきたり、大きい魚を掛けてガンガン巻いてくるときもハンドルを回しやすいですね」 

ジグをするならジリオンSV TW、ビッグベイトならジリオンTW HD 

【佐々木勝也のジリオン使い分け】 

ジリオンSV TW(ラバージグを近距離でピッチング、スキッピングで攻めたいとき )

  • セッティング例 
  • リール:ジリオンSV TW 1000HL 
  • ロッド:リベリオン731HFB 
  • ライン:モンスターブレイブZ 18lb 

ジリオンTW HD (ビッグクローラー、ビッグベイトなど、負荷の大きいルアーを投げたいとき)

  • セッティング例 
  • リール:ジリオンTW HD 1000XHL 
  • ロッド:リベリオン691HFB-SB 
  • ライン:モンスターブレイブZ 20lb 


カスミオカッパリなら基本はハイギア以上を使うべし!

――このふたつのリールを使うときのギア比はどのように選んだらいいでしょうか? 

佐々木「カスミ水系のオカッパリならハイギアかエクストラハイギアのどちらかで良いと思います。羽根モノや巻き物をやりたい場合はH、それ以外のビッグベイトや撃ち物をやるのならXHで問題ありません。ただ、自分は羽根モノもXHでやったりしますけどね」

佐々木「ビッグベイトをクイックに首振りさせる場合は、ハンドルで細かく巻くだけでラインスラックの回収ができるのでXHが向いていますね。ジグ系の場合は、自分はジグストなどをスイミングさせて使うことも多いですし、攻めの幅を持たせる意味でもHを使いますが、回収を速くして手返し重視の人はXHでも良いと思います。 

あとは、ジリオンSV TWはノーマルギアとローギアもあるので、クランクなど巻き物しかしませんという場合はこの選択もありですよ」 

――では、このふたつのリールを使うタックルセッティングを教えていただけますか? 

佐々木「ジリオンSV TWは、リベリオン731HFBにセット。このロッドは完全にジグロッドで、ジグを近距離で入れたり、ジグストしたりするのに最適。ジグはカバージグSSの8〜10gに、トレーラーはポークなどを使用しています。自分はジグしかやりませんが、他にも3/8〜1/2ozといった、やや重めの巻き物を使うなら、ジリオンSV TWは良いと思いますよ 。

ジリオンTW HDは、リベリオン691HFB-SBに合わせています。これはバンクフラッターなどビッグクローラー、現在開発中ビッグベイトのグラディカル、あとはアラバマリグなどを使用します。カバー側に正確にアプローチして、トレースコースを崩さずにアクションさせ、魚がヒットしたらゴリ巻きでランディングするスタイルです。抵抗感のあるルアーと魚を一緒に寄せてこなくてはいけないので、リールにはタフさが要求されますが、ジリオンTW HDの使用感にまったく不安はありませんよ。 

自分はやりませんが、PEラインを使用する際もこのリールの頑丈さはマッチすると思います。それに、リール自体の重さも200gと、このタフネスさとしてはとても軽くて使いやすいですね。やはりタックルは軽いほうが、ビッグベイトなどをクイックに細かく操作するのに適していますから」 

ジグ&ポークのカバー撃ちやジグストには、近距離での扱いやすさを重視してジリオンSV TWを使用。

 

ビッグクローラーベイトやビッグベイトの場合は、安定感とタフさのあるジリオンTW HDがマッチ。 

――最後に、これからジリオンSV TWとジリオンTW HDを使うアングラーにメッセージをお願いします! 

佐々木「どちらもベイトリールとしての完成度は一級品で、買って損はないものになっています。自分の釣行回数と釣りのスタイルですが、壊れたり不具合はありませんし、ノーメンテ状態でもストレスなく長期間使えていますよ。 

近距離でも安定して飛ばせて、遠投の後半の伸びもあるのがジリオンSV TW。遠投性能が高く、重くて抵抗感のあるルアーにマッチするのはジリオンTW HDという感じで、皆さんも使い分けていただければと思います!」 

ジリオンシリーズの解説も動画でチェック!

ルアマガプラス