公式ストア
公式ストア

約100名のエギンガーが集結! 「第二回 天草懇親エギング大会」開催レポート

ルアマガ+

アオリイカ エギング 熊本県 イベント ヤマガブランクス(YAMAGA_Blanks) ルアマガ+


熊本県の天草エリアは、ソルトターゲットが非常に豊富で魚影も濃いとあって、県内外から多くのアングラーが集結するフィールドです。今回はそんな人気スポットで開催されたエギングイベントの模様をお届けします。

天草懇親エギング大会ってどんなイベント?

コロナ禍も落ち着いてきた今年の5月、地元熊本のエギング好きが集まるLINEのオープンチャットで、「また大会しましょうか?」と仲間内に声をかけたのが始まりでした。

この大会は、2020年に「第一回」を開催していまして、その時は仲間内を中心に10名程度が参加する小規模なものでした。第二回となる今回も、仲間+αで20人ぐらい参加してくれたらいいなぁと思っていたのですが、どうせ開催するならたくさんの人に参加してほしいなと考えまして…。

それなら賞品を豪華にしてみよう! と、優勝賞品を「ステラ(シマノ)」、2位の賞品を「ルビアスエアリティ(DAIWA)」に(赤字覚悟の暴挙でございます)!

さらに、関係各社に協賛をお願いしたところ、地元熊本に本社を構える「ヤマガブランクス」さんをはじめ「釣具のポイント」さんや鹿児島の「るあーしょっぷHH」さんと「コムネットジャパン」さん、「ミライテクト」さん、「薪ストーブなごみ」さん、さらに個人的にご縁のある、あの有名エギンガー「山田ヒロヒト」さん個人からもエギ30本近くを協賛いただきました。

協力していただいたみなさまのおかげもあり、最終的な参加者はなんと92名にまで膨れ上がりました!

大会を主催した橋本翼さん

【Profile】

橋本翼(はしもと・つばさ)

熊本県在住のエギンガーであり、イベント関連の業務などを請け負う「I.N.K企画」代表。エギングチーム「インクティーザーズ」所属。釣り業界の発展をテーマに掲げ、清掃活動や環境維持活動を積極的に行なっている。



主なルール

  • 参加費=4,000円
  • 検量は釣り上げた2杯の合計重量
  • 女性、10代はハンデ+500g
  • ヤエンによる釣り、離島、船からは禁止
  • 検量は水を吐かせたアオリイカのみ。明らかに鮮度が悪く見えるイカや赤イカ系はノーカウントとする
  • スタート時は集合せず、各自の場所にてスタート
  • 検量にかけるイカは、スタートの夜12時に主催者より送られる「ワード」を明記した紙を添えて撮影する

悪条件の中、果たしてアオリイカは釣れるのか!?

当日、ゲストには天才キッズエギンガーの「ハヤトくん」も参戦。人気YouTuberの「TEITEIさん」も来場予定でしたが、前日に車が故障してしまったとのことで会場にたどり着くことができず、残念ながら不参加となってしまいました。

残念ながら車の故障で来場できなかった人気YouTuberのTEITEIさんのチャンネルはこちら!

大会前日に予想以上の大雨が降ったことで、海は濁り、エギングにはかなり厳しい条件に思われました。

しかしながら、スタート直後から参加者からの釣果情報が本部に続々と集まってきます。「この条件でも釣る人は釣るもんだ」と、熊本のエギンガーのレベルの高さに感心しつつ早朝から会場の準備を進めていきました。

そしていよいよ検量および表彰式へ。続々と両手にアオリイカを持つ参加者が会場にかけつけてくれましたが、集計してみると参加者92名のうち検量まで進んだのはわずか28名。実に7割以上の人がノーフィッシュという非常にタフな戦いになりました。

そんな中、優勝をさらったのは、地元天草は牛深地域を知り尽くしたチーム「ストロングジャークス」の坂田さん。なんと合計3,230g。1,600g台を2杯揃える強者ぶりでした。

そして準優勝も同じくチーム「ストロングジャークス」から猪股さん。こちらもキロアップ2杯で合計2,420gと、予想以上の結果に会場は大盛り上がりでした。

そして3位は私橋本のチーム「インクティーザーズ」から池邉さん。惜しくも準優勝に100g足らずの2,320gでのフィニッシュでした。

優勝した坂田さんの釣果

入賞者

  • 一位(中):坂田 工/1610+1620g  合計3230g
  • 二位(右):猪股三郎/1420+1000g 合計2420g
  • 三位(左):池邊 徹/1220+1100g 合計2320g

レディース&10代の部入賞者

  • 一位(中):大江田まさと/1100+670g(+ハンデ500g) 合計2270g
  • 二位(右):田畑かれん/1060+630g(+ハンデ500g) 合計2190g
  • 三位(左):木村しゅうじ/980+0g (+ハンデ500g)合計1480g

最終的には、あのタフコンディションでも9名の釣り人がキロアップを釣り上げており、天草という地域のポテンシャルと天草エギンガーのレベルの高さを目の当たりにした大会となりました。

最後は皆さん口々に「楽しかった! また開催してください!」、「来年はリベンジします!」、「毎年きます!」とうれしいお言葉をいただきました。頑張って来年も開催したいと思います!

今後は、天草の海の環境維持活動も始めていきたいと考えており、一連の活動のスタートとしては大いに意義のある大会になったと思っています。また、フィッシング業界の発展、環境保護等にも注力していきたいと思います。

大会終了後には清掃活動も行いました

次回開催の問い合わせはこちらまで「I.N.K企画代表・橋本翼/080-9140-2803」

ルアマガ+

2022.06.15

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

  
  
  
  

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。