【陸王ダービー2022】全国の強者としのぎを削って頂点の座に輝け! 「陸王ダービー」第2戦(6月)の分析結果をお届け!



陸王ダービーとは

2020年7月から始まったルアーマガジンが主催する全国規模の陸っぱりバス釣り大会『陸王ダービー』。全国各地A~Dの4つのブロックで釣ったバス3尾の合計長寸によってポイントが加算され、3試合の合計ポイントによって勝敗が決まる長期決戦型の大会です。

各ブロックの優勝者は「陸王ダービー2022チャンピオンカーニバル(決勝戦)」へと進出。その決勝を制したただ1人が上位大会である「陸王mobile」への参戦権を得ることができます。さらに「陸王mobile」での試合に優勝すれば、『ルアーマガジン』本誌掲載「陸王」本戦に出場となります!

本記事では、6月1日(水)~6月10日(金)に行われた陸王ダービー第2戦の結果をブロックごとに分析しています。参加者の皆さんも、そうでない方も、ぜひご自身のフィールドの釣果をチェックしてみて下さい!

陸王ダービーの詳細はルアマガプライムをチェック!!



各ブロックの釣果数・平均サイズ・トップスコア・最大魚

2022年より新ルールである「ウェイイン2日制」を導入した陸王ダービー。10日の試合期間の内、ウェイイン(釣果投稿)ができる日数を「2日間」に限定することで、釣行回数の多寡によるハンディを無くした大会でしたが、第2戦も続々とビッグフィッシュの釣果が舞い込んできました!

A~Dブロックの合計参加人数は255人という本当に大勢の方が参加してくださる大会となりました。6月上旬というアフタースポーンが絡む小難しい時期ではありましたが、釣果の合計は321尾とこれまたハイレベルな戦いが繰り広げられました!

A~Dブロックの3尾合計トップは、ブロックAの『新谷 健斗』さんによる164.5cmというスコアに! 今試合の最大魚はブロックA『新谷 健斗』さんと『マス氏』さんの56.0cmという結果で締めくくりました!

どのフィールドも全国からアングラーが足を運ぶような超メジャーフィールドではありましたが、そんな状況をものともしない参加者のレベルの高さを感じました。

ブロック参加者(人)釣果合計(尾)1人当たり(尾)平均サイズ(cm)3尾合計トップ(cm)最大魚(cm)
A(淀川、芦田川水系)19452.3646.4164.556
B(霞ヶ浦&北浦、五三川、波介川、倉敷川)1121331.1840.5154.554
C(河口湖、紀の川、府中湖、旧吉野川、遠賀川)76951.2540.715253.5
D(利根川、印旛沼水系、西湖、大江川、日指ダム)48601.538.914251.5

各ブロックの上位ランキングとフィールド別釣果をチェック!

ブロックA(淀川、芦田川水系)

56cm「新谷 健斗」さん
56cm「マス氏」さん

ブロックAの最大魚は「新谷 健斗」さんと「マス氏」さんの56cm。見事1位に輝いたのは、「新谷 健斗」さんでした。八田原ダムで56cmのビッグフィッシュを含む6尾をウェイイン。

一方で、淀川水系でも「マス氏」さんの56cmを筆頭に50アップを含む多くのビッグフィッシュが釣り上げられました。一人当たりの釣果平均が2.36尾と4ブロックの中で唯一2尾を超え、非常に盛り上がるブロックとなりました。

順位ニックネーム釣果数(本)1尾目(cm)場所2尾目(cm)場所3尾目(cm)場所3尾合計長寸(cm)最大サイズ(cm)
1新谷 健斗656八田原ダム54.5八田原ダム54八田原ダム164.556
2yuzer377454八田原ダム54八田原ダム52八田原ダム16054
3mitsuhiro ono355.5淀川53.5淀川46.5淀川155.555.5
4yuuta092655.5八田原ダム50八田原ダム48.5八田原ダム15455.5
5Vector455.5八田原ダム46八田原ダム45八田原ダム146.555.5
6マス氏356淀川48淀川36.5淀川140.556
7広島のさむそん353.5三川ダム40三川ダム37三川ダム130.553.5
8BUN BUN446八田原ダム44八田原ダム40八田原ダム13046
9まーて449八田原ダム41.5八田原ダム29三川ダム119.549
10TAKA@FANTASISTA344.5八田原ダム40八田原ダム31八田原ダム115.544.5

ブロックB(霞ヶ浦&北浦、五三川、波介川、倉敷川)

54cm「T&T」さん
54cm「吉」さん

ブロックBの最大魚は、「T&T」さんと「吉」さんの54cmでした。

Bブロックの参加者は112名とブロックの中で一番人数の多い大会でしたが、一人当たりの釣果が1.18尾とブロック中で一番低い結果となりました。見事1位に輝いたのは、波介川で戦っていた「🇦🇹Abuさん」さんで3尾の合計が154.5とコチラも圧倒されるスコアをたたき出してもらいました!

霞ヶ浦&北浦、五三川、波介川、倉敷川というすべて有名ハイプレッシャーフィールドではありましたが、50アップを含んだビッグフィッシュが次々とウェイインされ出場者のレベルの高さを感じます。

順位ニックネーム釣果数(本)1尾目(cm)場所2尾目(cm)場所3尾目(cm)場所3尾合計長寸(cm)最大サイズ(cm)
1🇦🇹Abuさん553波介川51.5波介川50波介川154.553
2T & T554波介川51波介川47.5波介川152.554
3554波介川49波介川47波介川15054
4鈴木 翔453.5波介川52波介川44.5波介川15053.5
5バスマスオ350霞ヶ浦48霞ヶ浦47霞ヶ浦14550
6piro19752霞ヶ浦44.5霞ヶ浦44霞ヶ浦140.552
7梅地348霞ヶ浦46霞ヶ浦46霞ヶ浦14048
8小島 正昭449霞ヶ浦46霞ヶ浦42.5霞ヶ浦137.549
9青木さん(仮名)446北浦46北浦45北浦13746
10Hajime22349.5霞ヶ浦46霞ヶ浦41霞ヶ浦136.549.5

ブロックC(河口湖、紀の川、府中湖、旧吉野川、遠賀川)

53.5cm「にべっち」さん

ブロックCの最大魚は、「にべっち」さんの53.5cmでした。

ブロックCの参加人数は76人と2番目に多くコチラも拮抗した戦いが繰り広げられました。1位になったのは「NOB-RC」さんで3尾合計は152cm。

一人当たりの釣果数は1.25尾とあまり多くはありませんでしたが、平均サイズは40.7cmとウェイインされた魚はビッグフィッシュが多く見受けられました。

順位ニックネーム釣果数(本)1尾目(cm)場所2尾目(cm)場所3尾目(cm)場所3尾合計長寸(cm)最大サイズ(cm)
1NOB-RC453府中湖51府中湖48紀の川15253
2にべっち453.5府中湖49.5府中湖48.5府中湖151.553.5
3バスボーナスTV クリリン551旧吉野川50旧吉野川47旧吉野川14851
4イカゲソ太郎452紀の川52紀の川43.5紀の川147.552
5Ryo@釣り450旧吉野川50旧吉野川46.5旧吉野川146.550
6TKM1091350府中湖47.5府中湖46.5府中湖14450
7Nao350旧吉野川46旧吉野川46旧吉野川14250
8ゆーき(スミちゃん)447.5旧吉野川47旧吉野川47旧吉野川141.547.5
9tomato and onion747.5旧吉野川47.5旧吉野川41.5旧吉野川14147.5
10たぬき。451旧吉野川47旧吉野川42.5旧吉野川140.551

ブロックD(利根川、印旛沼水系、西湖、大江川、日指ダム)

51.5cm「保坂 勇太」さん

ブロックDの最大魚は、「保坂 勇太」さんの51.5cmでした!

ブロックDの出場者は48人にも関わらず、合計の釣果は60尾で一人当たり1.5本ウェイインしているという白熱した展開に! Dブロックでは、「保坂 勇太」さん、「しょごたん」さんの両2名が142cmという同率サイズでの着地となりました。

順位ニックネーム釣果数(本)1尾目(cm)場所2尾目(cm)場所3尾目(cm)場所3尾合計長寸(cm)最大サイズ(cm)
1保坂 勇太551.5西湖46.5西湖44西湖14251.5
2しょごたん549日指ダム47日指ダム46日指ダム14249
3moriken749西湖46西湖46西湖14149
4空蘭々348日指ダム47日指ダム46日指ダム14148
5原 崇也347.5日指ダム47日指ダム44日指ダム138.547.5
6KiTA()348日指ダム42.5日指ダム42.5日指ダム13648
7TOM0624349日指ダム45.5日指ダム40日指ダム134.549
8TAK22311513445印旛沼43印旛沼41利根川12945
9giba344利根川42.5利根川41.5利根川12844
10スタッフ T344.5日指ダム43日指ダム39.5日指ダム12744.5

第3戦のエントリーはこちらから!

2022年の陸王ダービーですが、早くも第2戦が終了し、白熱した展開が続いている状況となりました!

第3戦は8月1日(月)~8月10日(水)までを予定しています。次回も相当ハイレベルな戦いが展開されることが予想されます。それまでに個々人でしっかり腕を磨いて、是非ともトップを目指して頑張りましょう!

ルアマガプラス