7月9日(土)解禁直後の“玄達瀬”で大物連発の爆釣劇!豊富なターゲットに名手も大興奮!?【Theフィッシング】



今回の舞台は、釣り人憧れのフィールド、福井県の沖合にある玄達瀬(げんたつせ)。

ここは、海底火山の隆起によって出来た瀬で、水深300mから浅い場所で10〜50m、非常に起伏の激しいポイントとなっている。また対馬海流とリマン海流、2つの潮の影響で、魚種も豊富で魚影もすこぶる濃い。さらに釣れるサイズも大型ばかりと、まさにアングラーにとってパラダイスとも呼ばれる場所だ。
本来は漁師専門の漁場だが1年の内、2ヶ月間(6月中旬から8月中旬)だけ一般の釣り船にも解禁される。

近藤惣一郎、宮澤幸則

解禁直後の玄達瀬を訪れたのは、沖釣りのエキスパート、宮澤幸則と玄達瀬に精通するアングラー、近藤惣一郎。

宮澤はマルイカやカワハギなど、テクニカル系の釣りを得意とする名手だ。近藤は玄達瀬に通い続けて20年以上。これまで玄達瀬でヒラマサ15kg、ブリ10kgなど数々の大物を仕留めている。また釣りの他にも医師としての顔を持つ、異色のアングラーだ。

「玄達瀬は20kgクラスの青物。他にもマダイやイサキなどの高級魚がたくさん狙える。」と近藤。一方、玄達瀬で初めて釣りをするという宮澤。「以前からウワサは聞いていたので、今日は本当に楽しみ!」と朝一番からハイテンション。

今回はフカセ釣りで狙う。まずはマキエを巻き、全長9mにもなる仕掛けを慎重に投入。そして、ラインをフリーにして潮の流れに任せて、ひたすら流していく。すると、すぐさま近藤にヒット!釣れたのはメジナ。関西ではグレと呼ばれる磯釣りの人気ターゲットだ。

続いて宮澤にもヒット。竿が弧を描く、これはデカそうだ。姿を見せたのはマダイ。それも85㎝、8.3kgの大ダイ。いきなりの大物に驚く宮澤。そこへ「玄達瀬では、これレギュラーサイズなんですよ。」と近藤。この言葉に驚きつつも笑みが止まらない宮澤。そして、ここから大物連発の爆釣劇が始まる!

 豊富なターゲットに、ビッグサイズ連発!

アングラーにとって、まさに楽園と呼べるフィールド、玄達瀬。

夢のような一時を、ご堪能あれ。お楽しみに。

【番組名】「THEフィッシング」
“玄界灘のイカに酔いしれる デイ&ナイトで堪能!イカメタルゲーム”
【放送日時】2022年7月2日(土)夕方5:30~6:00

テレビ大阪製作・テレビ東京系列全国ネット
<テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送>
【出演者】岩城透(イワキ トオル)、秋丸美帆(アキマル ミホ)、光安友香莉(ミツヤス ユカリ)
【番組HP】https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/the_fishing/

ルアマガプラス