7月2日に「第4回プラスワンクリーンアップ プロジェクト」が広島県東部浄化センター護岸で開催されました。



アングラー向けWebサービス「フィッシュレンズ」が主催する『プラスワン クリーンアッププロジェクト』が開催されました! 当日はボランティア参加者17名が集まり総勢22名による清掃活動が実施されました。

開催の背景

フィッシュフレンズは「釣りをもっと身近で楽しいものにすることで、人々の豊かな人生に貢献する。」をミッションに、「いつ・どこで・なにが・どうやって・釣れているか」分かる、釣り人向けの情報提供ウェブサービスを運営する傍ら、「プラスワン」と銘打った釣り場のマナー向上活動にも取り組んでいます。

オンライン釣りフォト投稿イベント「プラスワン フォトコンテスト」を定期開催する中で、汚れている釣り場写真の投稿が多数寄せられました。

そこで、投稿写真をもとに清掃活動候補地を選定して、海辺のボランティア清掃活動「プラスワン クリーンアッププロジェクト」を実施しております。なお、今回の第4回清掃活動は、広島県で2回目の開催となります。

「プラスワン フォトコンテスト」とは

釣った魚の写真と釣り場の清掃活動の写真を『フィッシュフレンズ』サイト内で投稿頂くと、投稿者の中から欲しい釣具を定価100万円分、30名様にプレゼントするという、コンテスト形式のイベントを通じた啓発活動です。期間2ヵ月間にて2021年7月から定期開催し、既に第7回を超えています。



当日の様子

ボランティア参加者17名が集まり、総勢22名にて8時から9時半まで1時間半清掃活動を実施しました。ボランティア参加者からは以下のようなコメントを届いています。

「暑かったけど、みんなで協力してきれいにできて嬉しい!魚影が見えたので、今度ここに釣りに来てみようと思う。」(50代男性)

「釣りの仕掛けのゴミや、ペットボトルなどが散乱されていて残念でした。しかも見えないように草むらに投げるのは本当にマナーが悪いと思った」(30代女性)

「釣ったフグをそのまま放置したものがものすんごい臭くて。海に逃がせばいいのに、さすがにマナーが悪すぎると思う。」(30代男性)

終了時にはゴミ袋が10袋(1袋45ℓ)集まり、ペットボトルや弁当の容器、たばこの吸い殻などのゴミを回収し、開催前とは見違えるほどきれいになりました。

今後の予定

関連記事
ルアマガプラス