8月4日(木)夏の茨城県波崎沖。名手二人が高級魚アカムツを狙う!【釣り百景】

高級料亭などでも「超」が付く高級魚として知られる魚がアカムツだ。別名ノドグロである。その希少価値に「海のルビー」、「赤いダイヤ」とも呼ばれ、多くの釣り人を魅了する魚だ。茨城県の最南端・波崎沖は夏から秋にかけてがアカムツ釣りのハイシーズンである。

●文:ルアマガプラス編集部

今回この釣りに挑むのは船釣りに幅広く精通する名手、鈴木新太郎さん・松本圭一さんのお二人だ。寒猫根(カンネコネ)と呼ばれる水深120mラインの沖で、数を釣る極意を余すことなく伝授するのである。さらに、釣り上げたアカムツの調理方法や絶品料理も紹介するのである。

【番組名】「釣り百景」BS-TBS 毎週木曜 夜10時放送
【番組HP】https://bs.tbs.co.jp/tsuri/


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス