陸王オープン2022決勝ヒットルアー&タックルまとめ

10月15日に香川県・府中湖で行われた陸王オープン2022決勝。予選を勝ち抜いた各ブロック代表4名が上位大会の「陸王モバイル」の参戦権を賭けて激突した。優勝は、今回最も対戦フィールドから遠い大分県・日指ダムから勝ち上がった荒金良介選手。試合終盤にアウェイのハンデを吹き飛ばすキッカーサイズを追加して見事優勝を果たした。

●文:ルアマガプライム(大場 諒)

【優勝】荒金選手メインルアー&タックル

2920グラム/3尾

3尾目[47センチ、1930グラム、14時54分] [写真タップで拡大]

スティーズホグ 3インチ[DAIWA]カラー:ブラック [写真タップで拡大]

3選手がバッティングするほど高いポテンシャルを感じさせた下流域西岸の岬。ロングリーダーの21グラムキャロライナリグで丁寧にブレイクを探った。存在感のあるブラックのホグワームだが3インチという小ぶりなサイズ感で回遊バスを食わせた。遠賀川で何度も助けられた荒金さん信頼のセレクト。 [写真タップで拡大]

1尾目[37センチ、730グラム、7時48分] [写真タップで拡大]

ドライブクローラー 6.5インチ[O.S.P]2.2グラムネコリグ [写真タップで拡大]

2尾目[27センチ、260グラム、13時15分] [写真タップで拡大]

RVバグ1.5[ジャッカル]3.5グラムロングリーダーダウンショット(写真左上) [写真タップで拡大]

【その他使用ルアー】(左上から時計回りに)RVクローラー[ジャッカル]、イヴォークゼロ120[デプス]、ライザーベイト007R[ジャッカル]、TN50トリゴン[ジャッカル] [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【荒金使用タックル】

※上から順に

ロッド:ブラックレーベル BLX SG 701XHSB-SB
リール :タトゥーラHD 153SHL-TW
ライン:モンスターブレイブZ 20ポンド

ロッド:スティーズ STZ SC 6111HSB
リール:ジリオンSVTW 1000XHL
ライン:モンスターブレイブZ 14ポンド
リーダー:シーガー グランドマックス 8ポンド

ロッド:リベリオン 6101MRB
リール:アルファスSVTW 800S-XHL
ライン:モンスターブレイブZ 12ポンド

ロッド:リベリオン 681ML+FS
リール:カルディアLT2500S-XH
ライン:UVF PEデュラセンサー×8+Si2 0.8号
リーダー:グランドマックスFX 8ポンド

ロッド:リベリオン 641ULFS
リール:タトゥーラLT2000S-XH
ライン:UFV月下美人デュラセンサー+Si2 0.4号8ブレイド
リーダー:グランドマックスFX 4ポンド
予備スプールライン: R18 BASS 4ポンド(シーガー)

※ロッド、リール、ラインはDAIWA、リーダーはシーガー


【2位】祖川選手メインルアー&タックル

1770グラム/3尾

1尾目[40.5センチ、1090グラム、7時23分] [写真タップで拡大]

トランキル1/4オンス[カエス]+フラバグ[ノリーズ] [写真タップで拡大]

【祖川使用ルアー】(左上から時計回りに)野良ネズミウルトラ[ティムコ]、野良ネズミ[ティムコ]、ラストエース80F[エバーグリーンインターナショナル]×2、ドライブショット[O.S.P]、シューティングボールジグ1/2オンス[ハヤブサ]+ピッグダディ[釣り吉ホルモン]、トランキル1/4オンス[カエス]+フラバグ[ノリーズ] [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【祖川使用タックル】

(上)
ロッド:ゾディアス1610M-2(シマノ)
リール :メタニウムXG(シマノ)
ライン:ガノアアブソルート12ポンド(バリバス)
(下)
ロッド:ブレイゾンS64L(DAIWA)
リール:ヴァンキッシュC2500SHG(シマノ)
ライン:PE0.6号+フロロリーダー6ポンド


【3位】吉本選手メインルアー&タックル

920グラム/2尾

1尾目[32センチ、480グラム、13時46分] [写真タップで拡大]

マスタージグ9グラム+エグチャンク3.5インチ[ともにレイドジャパン] [写真タップで拡大]

【吉本使用ルアー①】(左上から時計回りに)イサナ6.5インチ[カエス]、9”レインズスワンプスキニーL[レイン]、バクラトスイマー[イマカツ]、活虫[ジャッカル]、マスタージグ9グラム+エグチャンク3.5インチ[レイドジャパン] [写真タップで拡大]

【吉本使用ルアー②】(左上から時計回りに)トランキル3/8オンス+イサナ4.8インチ[カエス]、ランカ3/8オンス[カエス]、サーキットバイブ1オンス[デプス] [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【吉本使用タックル】

※上から順に
①遠投、巻物、打物全般用
ロッド:ベルサート68MH
リール :LX992Z
ライン:ピットブル12 1.5号(シマノ)
リーダー:X BRAID オルトロス16ポンド
②巻物、ライトな打物用
ロッド:ベルサート610M
リール:ゼノンMG7-L
ライン:X BRAID オルトロス10ポンド(よつあみ)
③遠投、軽い吊るし、ライトプラグ用
ロッド:ベルサート68ML
リール:ゼノン2500SH
ライン:X BRAID オルトロスPEWX8ゾーンフィネスシャングリラ0.6号(よつあみ)
リーダー:X BRAID オルトロス8ポンド
④サイト、ライトリグ全般用
ロッド:ベルサート64L
リール:ゼノン2000S
ライン:X BRAID オルトロスPEWX8ゾーンフィネスシャングリラ0.4号(よつあみ)
リーダー:X BRAID オルトロス6ポンド

※ロッド、リールはアブ・ガルシア、リーダーはよつあみ


【4位】澤村選手メインルアー&タックル

310グラム/1尾

1尾目[29センチ、310グラム、13時10分]、デューバ2.4インチ[ディスタイル]1.8グラムダウンショットワッキーリグ [写真タップで拡大]

【祖川使用ルアー】(左上から時計回りに)チビーブル[ボトムアップ]、ビーブル3/8オンス[ボトムアップ]、デューバ2.4インチ[ディスタイル]、サイコロラバー(ノンソルト・マックスソルト)[O.S.P]、REALIS リグルクローラー4.8インチ[DUO]、REALIS ブースターウェイク5インチ[DUO]、ジグスピナーSS5グラム[DAIWA]+REALIS ブースターウェイク3.5インチ[DUO]、野良ネズミ[ティムコ] [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【祖川使用タックル】

(上)ベイトバーサタイル
ロッド:スティーズSC C69M+-ST FIRE WOLF (DAIWA)
リール :スティーズCT SV TW XHL(DAIWA)
ライン:R18 フロロハンタータクト12ポンド(シーガー)
(下)ライトリグ全般
ロッド:22エクスプライド 265UL+ (シマノ)
リール:20ルビアス FC LT2500S-XH(DAIWA)
ライン:ピットブルG5 0.8号(シマノ)
リーダー:グランドマックスFX 2号(シーガー)


出場選手には豪華協賛品を贈呈!

【優勝】

荒金良介選手 [写真タップで拡大]

【2位】

祖川遼選手 [写真タップで拡大]

【3位】

吉本和生選手 [写真タップで拡大]

【4位】

澤村康平選手 [写真タップで拡大]

選手の皆さん、お疲れ様でした!

優勝トロフィーの贈呈 [写真タップで拡大]

荒金選手は来年度、上位大会の「陸王モバイル」予選で、ダービー2022決勝の優勝者と直接対決! [写真タップで拡大]

各ブロック代表というプライドとプレッシャーを背負って戦ってくれた4名の選手に盛大な拍手をお願いいたします! [写真タップで拡大]

試合当日の模様はここでチェック!

陸王ダービー2022決勝は10月29日開催!

続く陸王ダービー2022決勝は中部を代表するバス釣りフィールド五三川・大江川で開催! オープン決勝と同じくルアマガプラスでライブ記事配信されます。誰でも無料で見られるので要チェックです!

[写真タップで拡大]


※本記事は”ルアマガprime”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス