釣り場では《毒》に注意!? 学べることが多すぎる特別展「毒」が国立科学博物館で開催

国立科学博物館(東京・上野公園)は、 2022年11月1日(火)から2023年2月19日(日)まで、「毒」をテーマにした特別展を開催される。

→《毒生物の写真ギャラリー》

●文:ルアマガプラス編集部

国立科学博物館 特別展「毒」

オフィシャルサポーターにはクイズ王・伊沢拓司さんが就任、東大発・知識集団QuizKnock(クイズノック)が会場内で出題する「毒クイズ」を解きながら「毒」の知識を深めることができる。

そして、音声ガイドナビゲーターは博物館の音声ガイドは“初”となる、声優・中村悠一さんが担当しする。中村さんナビゲートで会場内を回れば、より「毒」を深く知ることができること間違いなし!

さらに、会場内では「秘密結社 鷹の爪」でおなじみの「鷹の爪団」があちこちに登場し、来場者のみなさんと一緒に「毒」について学ぶ。

特別展「毒」では、総展示数250点を超える毒に関わる展示を閲覧することができる。

開催概要

◆展覧会名:国立科学博物館 特別展「毒」

◆会  期:2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日)

◆会  場:国立科学博物館(東京・上野公園) 

      所在地:〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

◆開館時間:9時~17時(入場は16時30分まで)

◆休館日 :月曜日、12月28日(水)~1月1日(日・祝)、1月10日(火)

      ※ただし1月2日(月・休)、9日(月・祝)、2月13日(月)は開館

      ※会期等は変更になる場合がございます。

      ※入場方法等の詳細は公式サイトをご確認ください。

◆入場料(税込):一般・大学生:2,000円、小・中・高校生:600円 

※未就学児は無料。※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。

◆オフィシャルサポーター:伊沢拓司(クイズプレイヤー)

◆音声ガイドナビゲーター:中村悠一(声優)

◆クイズコラボ:QuizKnock(クイズノック)

◆キャラクターコラボ:秘密結社 鷹の爪

◆タイアップソング:BiSH「UP to ME」

◆お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)・03-5814-9898(FAX)

◆公式サイト:https://www.dokuten.jp 

◆公式SNS:Twitter/@doku_ten 、Instagram/doku_ten

◆主催:国立科学博物館、読売新聞社、フジテレビジョン 

◆協賛:DNP大日本印刷

◆協力:海洋研究開発機構、国立アイヌ民族博物館、国立民族学博物館、水産無脊椎動物研究所、第一三共、大日本除虫菊、東京都薬用植物園、東京農工大学、東京薬科大学、日本蛇族学術研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、ブリヂストン、星薬科大学、北海道大学植物園・博物館、ポーラ・オルビスホールディングス ポーラ文化研究所、舞鶴引揚記念館、ミュージアムパーク茨城県自然博物館、MeijiSeika ファルマ

監修

細矢 剛(国立科学博物館 植物研究部長)

中江雅典(国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹)

吉川夏彦(国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究員)

井手竜也(国立科学博物館 動物研究部 陸生無脊椎動物研究グループ 研究員)

田中伸幸(国立科学博物館 植物研究部 陸上植物研究グループ長)

保坂健太郎(国立科学博物館 植物研究部 菌類・藻類研究グループ 研究主幹)

堤 之恭(国立科学博物館 地学研究部 鉱物科学研究グループ 研究主幹)

坂上和弘(国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ長)

林 峻(国立科学博物館 理工学研究部 理化学グループ 研究員)

写真左から オクトリカブト、ドクウツギ、ドクゼリ [写真タップで拡大]

写真左から ドクツルタケ、カエンタケ、オオワライタケ [写真タップで拡大]

警告色 [写真タップで拡大]

海洋の有毒動物 [写真タップで拡大]

超強い!コモドオオトカゲ [写真タップで拡大]


最新の記事

ルアマガプラス