明邦タックルボックスVS-7070Nをタイラバ用にカスタマイズ! 楽ちんカラーローテを実現する収納術

明邦の大人気シリーズ、バーサスランガンシステムBOX。とにかく頑丈で、細部にいたるまで使い勝手を追求した設計が魅力だ。さらに、様々な専用パーツも取り揃えており、カスタマイズ性の高さも人気の秘密。今回、この専用パーツを駆使し、魚種ごとのカスタマイズ例をご紹介! 各事例を参考にして、自分なりのカスタマイズを楽しんでみてほしい。今回は「頻繁なカラーローテを楽にする熟練タイラバボックス」をお届けする。

●文:ルアーマガジン・ソルト編集部

VSカスタマイズスペシャリストをご紹介

田中哲(たなか・さとし)

[写真タップで拡大]

アジングからジギングまで幅広いソルトルアーに精通する明邦化学工業株式会社の営業マン。ボックスのカスタムだけでなく、ロッド作りにも凝っており使用ロッドは全て自作。最近は渓流にもハマり中。

利川英勲(としかわ・えいくん)

[写真タップで拡大]

明邦化学工業株式会社の企画部長として、バケットマウスをはじめこれまでに数多くのアイテムをプロデュース。船釣りに傾倒しており、収納アイデアをフィードバックしている。自称・国籍ジオン公国。

【タイラバ編】メインボックス『VS-7070N(メイホー)』

[写真タップで拡大]

頻繁なカラーローテを楽にする熟練タイラバボックス

高速ローテを可能にする手返し重視セッティング

タイラバはそこまで大きなボックスはいらないので、ワンランク下の大きさのボックスに綺麗に収納するのがおすすめだ。ボックス上段はリーダーやノッターなど、それほど使用頻度の高くないものを入れ、下段に主に使うものを入れている。プライヤーなどはトレイBM-Sに入れて、釣行時にサイドにセットすると便利。

タイラバはカラーなどを頻繁にローテーションするので、手返しをアップするためにネクタイやワームを取りやすく、フックのサイズもわかりやすく収納している。

タイラバのヘッドは1つのボックスにまとめて入れるとかなり重くなってしまう。8連ボックスなら1個づつ入れることができ、スマートに軽く収めることができる。

マルチボードBM-Sのマグネットを利用し、使ったネクタイをクリップに挟んでおけば風でも飛んでいかない。ぜひ真似してほしいテクニックだ。

ヘッドのTGモデルは8連ケースに。1個ずつフタ付きのスペースに入れることができるので、スマートにしまえるし、不意に全部落とすというリスクも回避。 [写真タップで拡大]

タイラバのヘッドは細かくまとめてストッカーに入れる。タングステン製などは1つの箱に多く入れると重くなるので、小分けにするのがおすすめ。 [写真タップで拡大]

ネクタイはルアーゲームケースJにカラー別に収納。ネクタイのローテはかなり重要なので、その手返しを上げることが釣果にも繋がってくる。 [写真タップで拡大]

上段のセッティング

プライヤーなどの周辺アイテムはここに

[写真タップで拡大]

プライヤー、ハサミ、ノッター、フックケース、小物ケース、メガネなどを上段部に入れている。下段に使用頻度の高いものを入れて、上段部はサブ的にそこまで取り出す頻度が高くないものを収納している。

スリットフォームケースJに替えのフックをサイズ別に収納。 [写真タップで拡大]

  • スリットフォームケースJ
  • トレイBM-S

下段のセッティング

タイラバのヘッド、ネクタイをがっつり収納

[写真タップで拡大]

タイラバのヘッドとネクタイ、ワームはもちろん、日焼け止めや変更グラスもここに収納。特にネクタイは頻繁にローテするので多めに用意。花柄のケースはマスク入れ。マスクはオフショアでは濡れたりするし、替えも必要になってくる。

[写真タップで拡大]

  • ルアーゲームケースJ×11個
  • ストッカーBM-3010
  • スリットフォームケースJ
  • 8連ケース×3個
  • マルチケース

左サイドのセッティング

利川さんのこだわりが光る技有り収納スペース

パーツケースBM-100は使い終わったワームや糸くずなどのダストボックスとして使用。ダストスペースがあると釣りが一気に捗るので、ぜひとも用意したい。1箇所に腰をすえて釣りをすることを想定し、ドリンクホルダーをセット。

ロッドスタンドにドリンクホルダーとルアーホルダーBMをセット。ルアーホルダーBMは底をカットし浅くしてあり、タイラバが取り出しやすくなっている。 [写真タップで拡大]

マルチボードBM-Sのマグネット部にはクリップを付けておく。このクリップに使用済みのネクタイを挟んで付けておくのが利川さん流。風で飛んでいったりしない技有りテクニック。 [写真タップで拡大]

ロッドスタンド2本にマルチボードBM-S、そしてドリンクホルダーとルアーホルダーをセット。ルアーホルダーBMは底を浅くチューンしていて、こうすることでヘッドを入れた時に取り出しやすくしている。 [写真タップで拡大]

  • ロッドスタンドBM-250ライト ×2個
  • ルアーホルダーBM
  • マルチボードBM-S
  • オリコンドリンクホルダー

『ルアーマガジン・ソルト』2023年1月号 発売情報

ルアーマガジンソルト2023年1月号

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト 2023年1月号』

企画の目玉は、「アジング」と「シーバス」、そして「サーフ」の3大特集! 最新タックル情報に加え、エキスパートアングラーたちのテクニックも余すことなく紹介しています。

このほか、ヤマガブランクスのライトゲームプラッギングロッドや、モノクロページではサーフィッシング基本、ボートサワラフィッシングの基本なども掲載。エキスパートからビギナーまで納得の1冊となっています。

『ルアーマガジン・ソルト2023年1月号』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年11月21日
  • 定価:1,500円(税込)

※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス