釣り竿を飛行機に持ち込んで旅行するときはどうすればいい?

いくつかある公共交通機関の中でも、ロッドを運ぶのが最もわずらわしいのはおそらく航空機だろう。具体的にどうすれば良いのか、主要航空会社2社に問い合わせたので、そのルールを紹介しよう。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

国内主要航空会社の対応は

条件ANAJAL
1ピースロッドを預けたい要事前問い合わせ要事前問い合わせ
2ピースロッドを預けたい3辺(縦横高さ)の長さの合計
203cm以下なら可能
3辺(縦横高さ)の長さの合計
120cm以下なら可能
モバイルロッドを預けたい長さ55cmまでなら機内持ち込みが可能。
預け荷物であれば、2ピースロッドの項目に順ずる。
長さ60cmまでなら機内持ち込みが可能。
預け荷物であれば、2ピースロッドの項目に順ずる。
破損時の保証預け時に確認なし

預けられる長さと保証に関しては上記の通り。

1ピースロッドに関しては飛行機の積載スペースの都合上、同じ路線でも便によって可否が変わってくるという。当日にいきなり持っていっても預かってもらえない可能性があるので、事前に問い合せするのが確実だろう。

なおいずれの場合も共通して、こちら側でロッドの梱包をする必要があることには注意。「釣り竿」であること、「破損しやすい」ことを伝えれば、積み込みの際に注意を払ってくれるそうだが、飛行機の揺れなどによってほかの荷物の下敷きになってしまう危険性はゼロではないという。

市販のケースを使用したり、塩ビパイプなどからケースを自作するなどしてしっかりと準備したい。

巻頭実釣取材のため、飛行機で福岡空港へとむかった川村光大郎さん。預け荷物にするのであれば、川村さんの右手に握られているようなロッドケースを用意するのが大切だ。

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事