投げ釣りの冬シーズン突入!北海道・道南で大型カレイが乱舞![シマノ・日置淳]

ひと口にカレイと言っても、その種類は豊富。そして、その大半が冬に産卵期のため接岸する。今回の「釣り百景」は、その接岸するカレイを投げ釣りで狙う。果たして、良型のカレイをキャッチすることはできるのか? 番組内容を紹介。

●文:ルアマガプラス編集部

カレイのノッコミシーズン到来!

カレイには様々な種類がいるが多くは冬に産卵期を迎え、それに伴い接岸する。産卵に入ってしまうと喰いが悪くなるが、その前後は活発にエサを捕食し、岸から投げ釣りで狙うには絶好の季節。

11月24日(木)放送の「釣り百景」は、シマノの投釣りインストラクター日置さんが、産卵前に高活性となるノッコミのカレイを狙う。 [写真タップで拡大]

産卵前となるいわゆるノッコミシーズン、豊かな海に囲まれた北海道・道南エリアにカレイを釣りに向かったのは、投げ釣りの名手・日置淳さん。魚影が濃い北海道で、大型カレイの強い引きを楽しもうとキャストを繰り返す。

【出 演】
日置 淳 (ひおき ・じゅん)
投げ釣りのスペシャリスト。キスの引き釣りから、磯投げの大物狙いまで、幅広く活躍。キャスティング大会では好成績を残す、上位入賞常連のアングラーでもある。
[画像出典:(株)シマノ] [写真タップで拡大]

釣り百景 #463 放送日時

[写真タップで拡大]

BS-TBS「釣り百景」
#436 投げ釣りの冬シーズン突入!北海道・道南で大型カレイが乱舞
放送日時:11月24日(木) 22:00〜22:54


最新の記事

ルアマガプラス