エリアトラウト伝説的スプーン『ミュー』&『パル』の概要と戦術を池谷哲哉さんが解説

エリアの代表的なルアーといえばスプーンだ。しかし、あまりに種類が多いため、ビギナーは何をどう使っていいかわからなかったりするもの。そこでスプーンの釣りを得意とする池谷哲哉さんに基本操作法+めっちゃ釣れるミューとパルの使い分けを解説してもらった。今回はミューとパルの使い分けと概要。

●文:ルアーマガジン編集部

池谷哲哉さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

池谷哲哉(いけや・てつや)

フォレスト・フィールドテスター、ヴァンフック・フィールドアドバイザー。スプーンの達人としてエリア界にその名を馳せる実力派。トラウトキング選手権・東山湖FA大会では2度の優勝経験を誇る。最近よく通っているのは東山湖FA(静岡県御殿場市)と須川FP(静岡県駿東郡小山町)。釣り場で出会ったら、スプーンの使い方を教えてもらっちゃおう!!

フォレスト2大レジェンドスプーン『ミュー』&『パル』

ミュー【フォレスト】

[写真タップで拡大]

表層付近を引くのに最適なエリアトラウト向けスプーン。ただ巻きすると自動的にイレギュラーが交じる設計。高活性(放流を含む)から中間活性の魚を攻略するのにおすすめ。速巻きにも対応する。

ミューの主な特徴

  • 自動的に食わせの間が入る
  • 浮き上がりやすい
  • 速巻きが得意
  • 放流や高活性魚に効く
サイズ使い方
1.4g釣り場を選ばずに使える軽めの常用系。活性が落ちてきた魚にも口を使わせられる。
1.5g肉厚なので巻き速度の制御はシビアだがハマれば連発する。ボトム攻略にもマル。
2.2g放流攻略のスタンダード。浮き上がりやすいので表層攻めや巻き上げにもグッド。
2.8g同じく放流で有効。遠投で沖の魚を引き寄せるときや、スピードが欲しいときに。
3.5g加賀FAや東山湖FAなど大規模エリアの遠投に。沖の竿抜けが狙えるのも魅力。

ミューのスペック

項目情報
ウエイト
(スタンダードカラー)
1.4g(全20色)
1.5g(全26色)
2.2g(全16色)
2.8g(全25色)
3.5g(全26色)
価格528~550円(税込)

パル【フォレスト】

[写真タップで拡大]

ただ巻きによる安定アクションを基調とする万能系。イレギュラーが入らないため、警戒心が強い魚や、ややスレ始めた魚にも持続的に口を使わせられる。表層から低層まで攻められる。

パルの主な特徴

  • 安定泳ぎで見切られにくい
  • レンジキープしやすい
  • 高速から中速巻きが得意
  • 高活性から中間活性まで対応
サイズ使い方
1.6gレンジキープしやすいのが強み。沖のボトムに逃げた低活性魚を釣るのもあり。
2.5g中規模ポンドの放流攻略におすすめ。ミューよりもゆっくり引けるのが特徴。
3.8g沖攻略に最適。飛距離が出るのはもちろん、シルエットが大きく魚を寄せやすい。

パルのスペック

項目情報
ウエイト1.6g、2.5g、3.8g
カラー全25色
価格528~550円(税込)

伝説のスプーンをいざその手にミューとパルの特徴をチェック

絶対に持っておきたい安定系とイレギュラー系スプーン

池谷「ミューは、入門者から競技者まで絶対に持っておきたいスプーンのひとつ。なかでも有効な場面は、放流を始めとする魚の活性が高い状況。放流魚を獲るにはある程度の速度が必要となる。得意のイレギュラー(アクションに交じる一瞬の不規則な動き)には、魚のバイトを自動的に引き出せる効果があり、高活性用スプーンの定番と呼べる性能を誇ります。浮き上がりやすい形状なので、中層以浅…特に表層付近を探りやすい」

偏光グラスで水中の様子をチェックし、魚の群れを見つけたら積極的に投げてみよう。魚が見えないときは巻き上げなどの技を駆使し、群れの位置を探すといい。 [写真タップで拡大]

池谷「そしてパルは、安定したアクションがウリ。魚によってはミューのイレギュラーを嫌う…不規則な動きが入った瞬間にルアーを見切ることがある。そんなときはこれを投げたい。セカンド、サードと活性が落ちていくときに有効なほか、ウエイトを落とせばスローな展開にも対応できる。いずれにせよ、釣り場や魚の状態に合わせてスプーンを使い分けることが大切です。そのためにこれだけ種類があるわけですから」

ミュー2.2g、パル2.5gあたりのウエイトは、放流の速い釣りに対応するほか、中~大規模エリアでの遠投ゲームでも役立つ。必ず持っておきたいところだ。 [写真タップで拡大]

フックはまめに交換しよう

池谷「エリアの釣りは、かなり頻繁にフックを交換します。というのも、使用するフックが細いうえ、魚が釣れる頻度が他の釣りと比べものにならないほど多いから。見た目はまだまだ使えそうでも、大物を釣ったあと、あるいはリリーサーでフックを捉えたときに魚に暴れられると、ハリ先が曲がることがある。こうなると刺さるものも刺さりません。大会に出るような人はもっと早い頻度で交換するのですが、ビギナーはまず10尾くらいを目安に新品と交換するといいですね」

池谷「おすすめはヴァンフックのSP-31F。中軸で適度な強度があるため、ラフに扱っても曲がりにくい。1.5g前後のスプーンには#7、2.5g前後は#6、3.5g前後には#5がマッチします」 [写真タップで拡大]

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

[写真タップで拡大]

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日
  • 定価:1,980円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス