【パックロッドで釣り旅を満喫】『NEWレイズ・インテグラル(テンリュウ)』片手に木曽川水系を釣り巡る

2023年の春、ロッドメーカー・テンリュウが人気のトラウトロッド「レイズ・インテグラル」シリーズをリニューアル! 全6機種すべてがパックロッドというラインナップで、携行性はもちろんのこと、メインロッドとしても活躍する本格仕様に仕上がっている。開発者でもある、舟木雄一さんのテスト釣行に同行し、シリーズの詳細を取材させてもらった。

●文:ルアーマガジンリバー編集部

2024 新製品情報
舟木雄一

[写真タップで拡大]

舟木雄一(ふなき・ゆういち)

テンリュウ釣具事業部に所属し、様々なジャンルの製品開発に深く携わる。幼少期からトラウト、バスに加えてソルトの釣りを経験してきたマルチアングラー。トラウトに関してのメインフィールドは天竜川や木曽川水系だが、遠征釣行も積極的に行っている。

木曽川水系支流で最終プロトの仕上がりを愉しむ

2022年の7月初旬、舟木雄一さんと共に木曽川水系を目指した。渓流性魚類が豊富な水域で、アクセスの悪さから放流のニッコウイワナの影響を受けにくく、いまだに生粋のヤマトイワナが生息する流域もあるそうだ。

長野県飯田市在住の舟木さんにとって、木曽川水系はホームグラウンドということもあり、勝手知ったるお気に入りの釣り場である。実は今回、ただ単純に渓流釣りを楽しむだけでなく、2023年春に発売予定の新作ロッドを持ち込んで、最終チェックを行うことになっていた。

舟木「レイズ インテグラルがフルリニューアルとなります。このシリーズを発表したのが2015年。そこからトラウトフィッシングも魚の環境も色々と変化がありましたので、それを踏まえて新たに設計を見直すことになりました。ブランクスの調子はもちろん、仕舞寸法やガイドパーツの種類など、とにかく細かな部分まで突き詰めていたら2年以上が経過していましたよ(笑)」

新たな『レイズ インテグラル』は、源流から渓流までをカバーする4ft8inのスピニングモデル、ベイトモデルがそれぞれ2機種(計4機種)と、遠征を意識した7ft5in、8ft4inの汎用モデルがそれぞれ1機種(計2機種)の計6機種がラインナップされる。元々「個性的なロッドを集めたシリーズだったが、今回は汎用モデルも取り入れられている。

入渓

入渓後、ザックに忍ばせた「レイズ インテグラル RZI484S-UL (Twitchin’)」を慎重に組み立てていく。 [写真タップで拡大]

細渓流やボサ川シューティング!4ft8inの魅力とは?

舟木さんがまず最初に入渓したのは支流にあたる王滝川だ。アマゴも交じる可能性があるとのことであったが、メインターゲットは流域に多く生息するイワナ。

舟木「4ft8inの性能が最も活きてくるのは、こうした細い渓流や、平地のボサ川などになりますね。とにかく取り回しのよさは抜群です。究極なことを言えば、周辺に草木が生い茂っていて手首だけでキャストしなければならないシチュエーションや、今回はイワナがメインターゲットなので、スポット攻略なども行いやすいです」

クマの多いエリアでもあるので、熊鈴を携行しつつ、入渓直後には爆竹も鳴らした。ザック一体型のフィッシングベストに忍ばせた、スピニングのUL(ウルトラライト)モデルを組み、準備を一通り終えると、苔むした岩が点在する流れをさっそく攻略していく。

オーバーハングの奥へ

アンダーキャストでオーバーハングの奥へとバルサ製ミノーを送り込んでいく。レーンで釣るヤマメやアマゴに対して、イワナはスポットの攻略が重要になってくる。狭いスポットに潜んでいることが多く、キャスト後はすぐにトゥイッチを開始。移動距離を抑えつつ、狭いポイントでルアーをアクションさせていく。 [写真タップで拡大]

仕舞寸法

こちらは4ft8inモデルをティップカバーとロッドベルトでまとめたもの。仕舞寸法39cmとかなりコンパクト! [写真タップで拡大]

ショートレングスモデルは超低弾性カーボン

ブランクスの曲がり

舟木「ティップセクションの1番と2番を超低弾性カーボンに変更しています。狭いスポットで手首しか動かせないようなシーンでも、ティップがしっかり仕事をしてくれる。スナップキャストも撃ちやすいですよ! バラシにくさという部分も意識した設計ですが、キャスタビリティにはとくにこだわりました」 [写真タップで拡大]

イワナがヒット!

しばし渓流を歩いていくと、小さな流れ込みから小型のイワナが飛び出してきた!舟木「ルアーを一心不乱に追っかけてきましたよ。たまりませんね! 渓流釣り、やっぱり楽しすぎる」 [写真タップで拡大]

イワナ

ファーストヒットはこちらのイワナ。木漏れ日が差し込み、体側がシルバーに輝く。 [写真タップで拡大]

ULタイプのベイトモデル『 RZI484B-UL (Twitchin’)』にチェンジ

[写真タップで拡大]

ある程度釣り上がったところで、舟木さんはスピニングタックルからベイトタックルにチェンジ。ザックに忍ばせていたもう1タックルを組み上げた。

舟木「ベイトモデルの特徴はフィネスを意識しているところです。ガイドが小口径のものを採用してて、ブランクだけを振っているような感覚で扱えます。実際に使っていただければ、軽量ルアーであっても重さを感じやすいことが分かると思います」

舟木さんはカスタムしたBC420(五十鈴工業)と組み合わせていたが、ベイトフィネスリールとの相性も抜群。このコンパクトさなら、源流釣行であっても、スピニング&ベイトの2本を同時に持ち込むことも容易だろう。

イワナ

艷やかさが印象的な茶色強めの魚体。シンキングミノーにガッツリ喰い付いた。 [写真タップで拡大]

バックウォーターでロングレングスの調子もチェック!

タックルボックスも50mm前後のミノーから70mm前後のミノーが収まるものに変更。ビッグワンを狙う。 [写真タップで拡大]

NEWレイズ インテグラルには、中本流のサツキマス・本流ヤマメや湖などに最適な『RZI755S-MLM (Variable Traveler)』、大河川のサクラマスや湖など大型トラウト向けの『RZI845S-MH (Variable Traveler)』という2本のロングレングスがラインナップされている。今回は、支流のバックウォーターにて、7ft5inモデルを使用した。

舟木「汎用トラベルモデルと銘打ち、遠征を意識したモバイルモデルです。プラグなら5gから10gくらいまで、スプーンなら5gから18gくらいまでが適正ウエイトですが、マックス20gくらいまでは余裕で背負えます」

超低弾性のショートモデルに対して、ロングレングスモデルは中弾性カーボンを主体にブランクスを構成。汎用モデルでありながら、遠投性能抜群、さらにバラシも低減させる調子に仕上がっている。

一発大物を狙ったバックウォーターの釣り。入渓直後に大粒の雨が降り出したこともあり、ここで納竿とすることとなった。

舟木「レイズ インテグラルシリーズは、パッカブルでありながらブランクスの曲がりも美しく、メインにもサブにもなる最強のパックロッドです。源流から本流まで幅広く対応可能なので、ぜひ来シーズンのトラウトフィールドで使ってもらえるとうれしいです」

仕舞寸法

『RZI755S-MLM (Variable Traveler)』の仕舞寸法は53cm。一番長い『RZI845S-MH (Variable Traveler)』でも58.5cmだ。3辺の合計が115cm(55✕40✕25cm以内)という規定がある機内持ち込み可能スーツケースにも収納可能。 [写真タップで拡大]

バックウォーター

渓流でもバックウォーターなどの止水に近い場所や本流規模の流域が存在する。こうした場所を攻略するためにも、ロングレングスのロッドを車やザックに忍ばせておくと攻略の幅が広がる。 [写真タップで拡大]

新作のレイズ・インテグラルの各機種の特徴をまとめてみた

レイズ インテグラル

[写真タップで拡大]

パーツ類など細部をチェック!

 RZI484S-UL (Twitchin’)

ライトウエイトルアーの扱いに長けたTwitchin’スピニングモデル。3g前後のプラグからスプーン、スピナー等に対応。ティップセクション(#1~#2)には超低弾性カーボンを採用し、最小限のモーションでもしなりを活かしたスナップキャストが可能。渓魚の引きを味わえるライト感と、不意の大物にも対処できるネバリ強さも持ち合わせている。

[写真タップで拡大]

 RZI484S-L (Jerkin’)

源流~渓流域を広くカバー出来る汎用性とメリハリの効いた操作性が特徴のJerkin’スピニングモデル。3~5gのプラグ全般から3~8gまでのスプーン・スピナーに対応。ティップセクション(#1~#2)には超低弾性カーボンを採用。ベリーからバットにはコシの強いパワーを持たせてあり、大型魚とのやりとりにもしっかり対応できる。

[写真タップで拡大]

 RZI755S-MLM (Variable Traveler)

中流・本流・湖など様々な状況で活躍する遠征対応のモバイルモデル。軽量ルアーが扱い易いソフトなティップと、大物にも対応するバットパワーが魅力。5~10gの7cm前後のミノープラグから5~18g程のスプーンまで幅広いルアーに対応。コンパクトな仕舞寸法は、大規模フィールドであってもアングラーの機動力が向上する。

[写真タップで拡大]

 RZI845S-MH (Variable Traveler)

大型河川のサクラマスや湖の大型トラウト向けに設定した遠征対応のモバイルモデル。遠投性に優れたレングスで適度な張りとしなやかさを併せ持ち、7~9cmのミノープラグ全般から10~20g程のスプーンに対応。国内外を問わず遠征に向いた仕舞寸法は、飛行機・自動車・バイク等の移動だけでなく長時間歩いてアプローチするフィールドでも活躍してくれる。

[写真タップで拡大]

 RZI484B-UL (Twitchin’)

ライトウェイトルアーを扱いやすいTwitchin’ベイトモデル。小口径ガイドに設定することで、シャープな操作感を実現。3g前後のプラグからスプーン、スピナー等に対応。ティップセクション(#1~#2)には超低弾性カーボンを採用し、最小限のモーションでしなりを活かしたキャストが可能です。

[写真タップで拡大]

 RZI484B-L (Jerkin’)

源流~渓流域を広くカバー出来る汎用性に富み、メリハリの効いた操作性が特徴のJerkin’ベイトモデル。小口径ガイドに設定し、シャープな操作感を実現。3~5gのプラグ全般から3~8gまでのスプーン・スピナーに対応。ティップセクション(#1~#2)には超低弾性カーボンを採用し、最小限のモーションでしなりを活かしたキャストが可能だ。

[写真タップで拡大]

各アイテムのスペック

MODELTYPELENGTH
( m [ft])
PCS.ACTIONCLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
CARBON/GLASS
(%)
PRICE
RZI484S-ULS1.42[4’8″]4R39MAX 6MAX 4MAX 0.61101.57496/4¥42,000
RZI484S-LS1.42[4’8″]4R39MAX 8MAX 4MAX 0.61101.67796/4¥42,500
RZI755S-MLMS2.26[7’5″]5R53MAX 20MAX 10MAX 0.82651.611597/3¥51,000
RZI845S-MHS2.54[8’4″]5R58.5MAX 25MAX 14MAX 1.23151.813797/3¥54,000
RZI484B-ULB1.42[4’8″]4R39MAX 6MAX 4MAX 0.61181.58596/4¥49,000
RZI484B-LB1.42[4’8″]4R39MAX 8MAX 4MAX 0.61181.68796/4¥49,500

舟木さんによる『NEWレイズ インテグラル』の解説動画はコチラ!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。