【欲しい!】コンパクト収納で大きく使えるルーフトップテントという選択肢。オートサロンで日本初公開[THULE アプローチ]

カスタムカーの祭典「TOKYO AUTO SALON 2023」にて展示されていたルーフトップテント。コンパクトに収納でき、簡単に展開、広々空間を作り出せるのがメリット。人気のTHULEから今夏発売予定のニューモデルを取材した。

>>この記事の写真をまとめて見る<<

●文:ルアマガプラス編集部

見晴らしの良い空間の創造により、アクティビティの質が向上

THULE(スーリー)は、1942年にスェーデンで創業された、アウトドアギアを展開する国際的なグループ。同社から、今夏新たにリリースされる予定の、ルーフトップテントが東京オートサロン2023の会場にて展示されていたので、詳細を写真とともにチェックしていこう。

THULE Approach(スーリー・アプローチ) [写真タップで拡大]

THULE展示ブースで見かけたこのルーフトップテント、アプローチ(製品名)は会場内でもひときわ目を引いていた。設置されていたベース車輌はスバルのレガシィ アウトバック。車輌に予め備わっているルーフレールに、アプローチを取り付けるだけなので、恐らく、設置にはほとんど手間はかからないのではないかと思われる。

レガシイ アウトバックのルーフレールに取り付けられていた。 [写真タップで拡大]

この、THULE アプローチの特徴の1つが、移動時はパタンと閉じてしまうことで、非常にコンパクトになるということ。通常のテントは移動時に、ラゲッジルームのスペースを少なからず専有してしまうが、ルーフトップテントはそのままルーフトップに積んでおけるというメリットがある。移動時のイメージは、下記プロモーション動画で視聴可能だ。

外見よりも広く感じる室内空間! 2人は余裕で横になれる

そして、肝心のテント内のスペースだが、中へは写真にもあるハシゴを利用することになる。実際に中に入ることはかなわなかったが、途中まで登らせてもらったところ、しっかりした作りで、不安を感じることはなく登れた。

写真のハシゴと利用してテント内へとアプローチする。 [写真タップで拡大]

中を覗くと、奥が透明になっているため、見晴らしが良さそうな作りになっていた。大人が2人、足を伸ばせるスペースがあり、外からみているよりも広くて開放的な空間に驚いた。

[写真タップで拡大]

ちなみに、写真のTHULE アプローチはMサイズで、この他にもLサイズなど大きさのバリエーションを選択できるとのこと。用途に応じた選択ができるのは嬉しいところだ。

車輌の背後から撮影したイメージ。 [写真タップで拡大]

なお、東京オートサロン2023は、千葉の幕張メッセで1/13〜15の3日間開催されている。会場内の阿部商会ブースにて展示されているので、実物を見たい方は会場へ足を運んで欲しい。また、このルーフトップテントに関する更に詳しい情報は、下記のTHULEのWEBサイトをチェック!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス