【1月18日】安全は家族の願い。篠田麻里子さんが118番のイメージモデルに就任。[海上保安庁]

事件・事故は110番、ケガや病気は119番、では、水辺での事件・事故の緊急通報用の電話番号は? そう、118番。海上保安庁はさらなる認知の拡大を目的として、1月18日は118番の日と制定。篠田麻里子さんは、2023年の118番イメージモデルに就任。釣りなど水辺のレジャーを楽しむ際に知っておきたいことをまとめてお伝えしよう。

>>この記事の写真をまとめて見る<<

●文:ルアマガプラス編集部 ●画像出典:海上保安庁

海の事件・事故の緊急通報は118番。

海上保安庁は海やの安全を守る組織。水難事故や事件を目撃した場合の緊急通報の電話番号は118番。海上でこの番号に連絡すると、最寄りの海上保安部につながるようになっている。では、具体的にはどのようなときに、この118番に通報すればいいのか? 海上保安庁では、下記のような事案での通報を呼びかけている。

【118番緊急通報すべき事案】

[写真タップで拡大]

  • 海難、人身事故に遭遇した、または目撃したとき
  • 密漁・密輸・密航事犯等の情報を得たとき
  • 油の排出等を発見したとき
  • 不審船、漂流・漂着木造船を発見したとき

釣りをしていると、上記のような事案に遭遇することは、十分考えられる。いざというときに慌てないように、落ち着いて118番に通報できるように意識しておきたい。ちなみに、通報時に伝えたいのは「いつ」「どこで」「何があったか」など、相手に状況が伝わるよう情報を伝えることが重要だ。

篠田麻里子さん、5年連続で海上保安庁のイメージモデルに就任

そして、この118番の認知を広めるために、海上保安庁の2023年イメージモデルとして篠田麻里子さんが任命されポスター等に登場。ちなみに、篠田さんの就任は5年連続となる。では、今年のものも含めた、5年分のポスターを振り返ってみよう。

2023年ポスター [写真タップで拡大]

2022年ポスター [写真タップで拡大]

2021年ポスター [写真タップで拡大]

2020年ポスター [写真タップで拡大]

2019年ポスター [写真タップで拡大]

110番や119番に比べると、まだ浸透していない感のある118番。「海のもしもは118番」いざというときに、慌てないようにしっかりと覚えておきたい。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス