ルアーってしまうとぐちゃぐちゃにフック絡む問題あるじゃん? 全部解決するんだよなぁ……『スルッパ(リョウケ)』

皆さんハードルアーを収納するとき、どのようにしまっているだろうか。専用のケースに1個1個丁寧に入れて……わかる。そういった便利なケースも存在する。だが、仕切りが多い分かさばりやすかったりもする。たくさん持ち歩きたいとき、プラグはガサッと入れておきたい……そういう方もいるのではないかと思うが、フックが……フックが絡みまくってケース内でグッチャグチャ! ほどこうとして手にグサリ! そんな経験はないだろうか。何を隠そう私である。そんなズボラが夢見るルアーのテキトー収納を実現できる画期的なケースが釣りフェスティバル2023横浜会場で展示されていたのでご紹介。

→公式動画で使い方を見てみよう

●文:ルアマガプラス編集部(鈴川悠々)

SURPPA スルッパ ルアーケース(リョウケ)

商品名対応ルアーサイズ枚数希望小売価格
スルッパ SSSサイズ小型プラグ90mm×40mm10枚730円(税別)
スルッパ SSサイズシャッド系、小型ミノー130mm×45mm10枚840円(税別)
スルッパ Sサイズ小型~中型ミノーなど180mm×50mm10枚900円(税別)
スルッパ Mサイズジョイントルアーなど230mm×75mm5枚900円(税別)
スルッパ Lサイズビッグベイトなど320mm×95mm3枚1,200円(税別)

※各種サイズあり

いくらなんでも便利すぎるのではないだろうか

こちらのケースはプラグを個別収納できるソフトケース。

使わないときは板状になっているので場所とらず。使うときは上下を強く握ればパカッと口が開いて簡単にルアーを収納でき、ケースを逆さにしても飛び出ない程度にルアーを強くホールド。取り出す際は同じように強く握れば文字通り「スルッパ」と取り出せるという優れモノだ。

スルッパの使い方を解説していただいた

単体で見ればただの個別包装じゃんと思うかもしれないが、ルアーを全部こいつに入れてしまえば大きいボックスにガサッと放り込むこともできるし、隙間のような収納に気軽に突っ込むこともできる。ズボラ1000年の夢が実現してしまうのである。

何なら通気性が高いという特性を活かして使い終わったルアーをまとめて洗ってしまうなんて荒業もできたりする(特に推奨されていない使い方なので本当にやった人は上手に乾かそう!)。

横浜で開催の釣りフェスティバル2023に出展

スルッパは小型プラグ向けSSS~ビッグベイト向けLまで5サイズをラインナップ。

釣りフェスティバルの会場では全種を展示、ブースに訪れた人には無料で1枚試供品プレゼントがある。ぜひ訪れて己のズボラ力の極みを見つめ直してみていただきたい。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス