シマノ23新製品《メタニウム100》深溝化でロングキャストからソルトで太PE利用まで釣りの幅がひろがる。

2020年に発売された「メタニウム」、去年は「メタニウム シャローエディション」が発売された。そして今年デビューするのは「メタニウム100」だ。深溝になったことでラインキャパシティが広がりロングキャストという武器を手に入れた。さらにソルト利用ではオーソドックスに使い回せる最終兵器になるのだ。

●文:ルアマガプラス編集部

伊藤巧さんの解説

伊藤「僕がアメリカで戦っていくなかでメタニウムというのは、もうなくてはならない存在なんですけれども、今回のメタニウム100は今まで12lb100m巻きだったのが、深溝になったことで14lb100m巻けるようになっています」

メタニウム100は深溝スプールになっている。 [写真タップで拡大]

伊藤「日本もアメリカも問わずなんですけど、ここ最近プレッシャーっていうのがだんだん上がってきていますので、ロングキャストが重要になってくる機会が多いと思うんですよ。その時に14lbのラインを100m巻けるというのが圧倒的なアドバンテージに繋がる部分がある」

ロングキャストが圧倒的なアドバンテージを生み出す。 [写真タップで拡大]

伊藤「接近戦や軽いルアーを投げるならメタニウム シャローエディション、普通の12lbとかで使いたいなってときはメタニウム。そしてロングキャストをしたい、14lbや16lbなど太いところ使いたい場面ではメタニウム100。そのように使い分けると、よりメタニウムを実践で活かせる形になると思います」

巻物も撃ち物も活躍してくれるメタニウム、伊藤さんの中では期待しかしていないようだ。 [写真タップで拡大]

黒田健史さんの解説

黒田「このメタニウム100、何が変わったのってなると思います。2020年にでたメタニウム、そして去年はシャローエディション。そして今年は深溝、具体的にいうとシマノでいう100番スプールという14lbが100m巻けるスプールが搭載されています。」

ガンメタボディが格好良い。 [写真タップで拡大]

黒田「まず先に言っておきたいんですけれども、僕が今一番使っているリールはやっぱりメタニウムなんです。そのなかでも一番使っているのは去年でたメタニウムのシャローエディションです。このリールがやっぱり僕は今年もメインです」

(左)メタニウム シャローエディション(右)メタニウム100 [写真タップで拡大]

黒田「ただ、例えば20lbを50〜60m巻いてフルキャストして高比重ワームを使用した釣りをする場面ではメタニウムシャローエディションだとラインキャパシティが足りない、巻けないということで今回、深溝モデルが追加となりました。

あとは近年バスフィッシングだけでなくPEラインを巻いたソルトの釣りをする方も多いと思うので、そういった方も例えば4号、5号、場合によっては3号のPEラインを100m巻くといったときに、使用できるリールっていうのが限られていた。それを一番オーソドックスに使えるメタニウム100がラインナップされます」

太いラインを得意とするメタニウム100 [写真タップで拡大]

黒田「当然、初めてメタニウムを使うよって人にも使っていただきたいんですけれども、僕みたいにメタニウムのシャローエディションをメインで使ってますよとか、もしくはノーマルのメタニウムを使っているという方にも、これが同じ感覚でラインキャパシティだけ変えて使えるんだったら嬉しいなって方って結構いると思うんですよね。深溝が今回ラインナップに加わるので色々な使い方を一番オーソドックスに使えるメタニウムに加わったと思っていただければ良いかなと思います」

メタニウムを初めて使う方から、ノーマル・シャローモデルを使っている方まで誰もが使えるメタニウム100。 [写真タップで拡大]

メタニウム100のスペックと価格

100HG [写真タップで拡大]

品番ギア比最大ドラグ力(Kg)自重(g)スプール 径(mm)/幅(mm)糸巻量ナイロン(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長さ(mm)ベアリング数BB/ローラ―本体価格(円)
100HG7.1517534/1912-120,14-100,16-85,20-70764210/148,200円
101HG7.1517534/1912-120,14-100,16-85,20-70764210/148,200円
100XG8.1517534/1912-120,14-100,16-85,20-70864510/148,200円
101XG8.1517534/1912-120,14-100,16-85,20-70864510/148,200円

メタニウム100の解説動画はこちら

【23SS新製品 バス】メタ二ウム100 / 伊藤巧・黒田健史【シマノオンラインフィッシングショー】


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス