産卵から回復した春メバルを狙え!その日の活性に合わせたレンジ調整が肝!

春のメバリングはスポーニングから徐々に回復しハイシーズンに突入! 今回の『海釣り陸っぱりポイントガイド』は、神戸空港の人工島内に設置された釣り場をご紹介。その名も”神戸空港ベランダ”! 大阪湾で新たなフィッシングガイド”FxF(エフバイエフ)”をやりながら全国のフィールドに通うエキスパートアングラー・中島成典氏に案内してもらった。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

春のメバリングシーズン突入! 親水護岸釣り場「神戸空港ベランダ」で釣ってみよう!

ポイントマップ

神戸空港の人工島内にある神戸空港ベランダは、釣り人に開放された素晴らしい釣り場。都市部からのアクセスも良く、駐車場も完備。釣場は全面に手すりがあるのでファミリーフィッシングにも最適。

釣り場は人工島であるポートアイランドとの水道になっており、比較的潮流が速いのが特徴。あまりに潮が速い場合は無理して沖を狙わず、足元付近を丁寧に探る方が良くなってくる。

サイズは小~中型が多いものの、活性の高いアフターメバルが連発。潮流や風の強さ、そしてメバルの活性に合わせて表層~ボトムと狙い分けていくことで好釣果に繋がる。

ポイントは、全域の足元付近から少し沖のブレイクまで。まだスポーニング後で喰い渋るようなら、少しルアーを沈めてボトム付近を丁寧に狙うのがおすすめ。釣り方としては、0.4~3gくらいのジグヘッドで表層からその日の活性に合わせてレンジを調整する。

また、他の魚種も豊富で、ボトムを探ればガシラ(カサゴ)はもちろん、時には高級魚のアコウ(キジハタ)なども釣れる。

サイズは小~中型が多い

中島さんのおすすめタックルは?

ロングキャストと良型にそなえて、ロッドは7ft6inのミディアムライトクラス、リールは手返し重視でハイギヤを使用。ラインはPE0.6号で、リーダーはレッドスプール6Lb(ジャッカル)。強風時はトラブル回避のため、メインラインをフロロカーボンの5lbに変えて対応。

神戸空港ベランダへのアクセス

大阪方面からだと、阪神高速3号神戸線生田川ICを下りて左折。そのまま直進して、港島トンネルを通過してポートアイランドへ。さらに直進して、神戸スカイブリッジを渡って右折。その先、右側に神戸空港海上アクセスターミナルがあり、すぐ隣が駐車場になります。都市部からのアクセスが良く、釣り場全域に手すりも設置されているので家族連れの方や多くの釣り人が訪れるポイント。

中島さんによる大阪湾を舞台にした海遊び”F×F”もぜひ体験してみよう!

大阪湾を主な遊び場に、家族連れから友達同士、本気の釣りまで、目的に合わせてプランを選べる”F×F”。海遊びをもっと身近に感じることができる、新感覚のフィッシングプランを提供してくれる! ぜひ参加してみよう。

都市型 海遊び、はじまります。F×F【エフ・バイ・エフ】
駅近で気軽に海のレジャーを体験できるF×F(エフ・バイ・エフ)の「都市型 海遊び」。基本手ぶらで、大海原で楽しめるフィッシングはプロにがサポートしてくれるので安心。海遊びの後は、三ノ宮などでまち遊びができるのも魅力の1つです。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。