【収納力ヤバッ!】ハードに川を遡行するトラウト向けのフィッシングベスト「パスプルーバーベスト」が使い勝手よすぎ!

川を遡行したり、時にへつり高巻きを行い上流を目指す渓流や、長い距離を歩いてポイント移動を繰り返す本流のサクラマスの釣りではフィッシングベストが役に立つ。そんなネイティブ志向のアングラーにおすすめなのが、フォックスファイヤーの新作「パスプルーバーベスト」だ。抜群の収納力と着心地は、釣行時の心強い相棒になってくれるだろう。

●文:ルアーマガジンリバー編集部

2024 新製品情報

とにかく色々入れて釣りがしたい!

[写真タップで拡大]

「パスプルーバーベスト」は、トラウトアングラー向けのフィッシングベスト。2023年新作としてフォックスファイヤーからリリースされたアイテムだ。

左右腰部のポケットには、サクラマスなどの大型プラグが収納できる205×145mmサイズのケースが収納可能。胸部にはデジタルカメラや小物ケース、リーダー類を余裕をもって収納できるポケットを配置しているが、こちらは大型スマートフォンの出し入れもスムーズに行える。

さらに、前面の各ポケットを活用することにより、186×103mmのLサイズケースを最大で6個まで収納することができ、左身頃の内側にはラインの切れ端などを入れられるダストポケットが配置されている。

【スペック】
●素材:ナイロン100%/裏地:メッシュ(ポリエステル100%)/襟:フライス(ポリエステル100%)●重量:490g●カラー:ダークグレー、カーキ●サイズ:M・L・XL●2万7500円(税別) [写真タップで拡大]

背面は、上部に500mlクラスのボトルを収納でき、メインポケットにはレインジャケットや仕舞寸法40cm程度までのパックロッドを収納できるスペースを確保した。 [写真タップで拡大]

カラーは2色展開で、こちらはカーキカラーとなる。 [写真タップで拡大]

収納力だけじゃない! 着心地も抜群なのだ!

着用している衣類と接しやすい箇所のベルクロを極力減らすことにより、レインジャケットの袖口との干渉を防いだり、内側に着用しているシャツの生地を傷めないように考慮されている。

また、スプーン等の重量物を持ち運ぶ際にも肩への負担を軽減すべく、荷重分散を徹底追求した新パターンを採用。フィールドで必要となるあらゆる荷物の収納を想定し、細部までこだわり抜いた「パスプルーバーベスト」はハードな釣行をサポートしてくれる最高のパートナーになってくれるだろう。

[写真タップで拡大]

使い勝手のよさがわかる画像もチェック!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。