キャンタさんのエリアトラウトロッド構成3パターンとセッティング

エリアトラウトは釣り場の状況で魚の活性が目まぐるしく変化する。これに対応するためには、状況に応じた設定を施した複数のロッドを持ち込み、すばやく状況に合わせるのが手っ取り早い。エリアトラウトのエキスパート、キャンタこと狩野祐太さんに、ロッド構成3パターンとそれぞれのセッティングを伺った。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

キャンタさんの「操作系ロッド」2本とセッティング

ロッドライン
フォーナインマイスターホワイトウルフ
62MLS
インテグレーションハード
3lb(ニュードロワー)
フォーナインマイスターキメラ
603L-e
スーパートラウト エリアマスターリミテッド
スーパーエステル 0.3号(バリバス)

キメラ603L-eはエステル専用機!

キャンタさんのベースロッドはホワイトウルフ 62MLS。状況を探る意味からも62MLSから入ることが多い。組み合わせるラインはインテグレーションハード3lb。ご存じキャンタさん開発のナイロンラインだ。

キャンタ「このセッティングでマイティ2.2g、バンナ・シリーズを投げることが多いです。2g前後のウエイト帯を使う場合、今現在は62MLSを超えるロッドは存在しないと、自分は確信しています」

そして、ウエイト帯を1.5~0.4gまで落とす状況のときには『キメラ 603L-e』を投入する。

キャンタ「キメラは自分の中ではエステルライン専用機です。ベースラインはスーパーエステル0.3号。このセッティングで使用することが圧倒的に多いですが、キメラは色々な局面で使用するロッドなので、状況に応じてエステルの太さを変えています」

ホワイトウルフ 62MLSにはナイロンライン。キメラ603L-eにはエステルライン。それが自分のスタイルです。迅速なレスポントと絶妙な『間』の同居こそが、真の操作系ロッドに必要な要素。

例えば、超軽量級スプーン中心の展開の状況においては、RCマイスターエステル0.25号と組み合わせている。一方、キメラのもうひとつの得意ジャンルである、ミノー&マイクロクランクの出番が多いエリアでは、RCマイスターエステル0.35号と組み合わせることも多い。

キャンタ「キメラは今流行のニジマス系ミノーイングの釣りとも相性がいいです。あとはマイクロクランクの釣りでも重宝しています。ホワイトウルフ 62MLS、そしてキメラ 603L-e、さらにこの後説明させていただきますホワイトウルフ 606L-e。この3本のロッドのうち、どれか1本でも欠けたら、今の自分の釣りスタイルは成立しなくなると思います」

キャンタさんの「しっとり巻く系ロッド」3本とセッティング

ロッドライン
フォーナインマイスター イエローウルフ
61UL-ST
RCマイスターエステル
0.35号(ロデオクラフト)
フォーナインマイスター ホワイトウルフ
62UL-e
スーパートラウトエリアマスターリミテッド
スーパーエステル 3lb(バリバス)
フォーナインマイスター キメラ
62MLプロトモデル
全ライン対応

さらなる新型キメラを現在開発中!

キャンタさんがイエローウルフ 61UL-STを使用するシチュエーションは主にマイクロクランク、ミノー、極寒期のボトムシェイクなど。使用ルアーはキメラ 603L-eに近いが、簡単に言うと誘いが多めの場合はキメラ 603L-eになり、巻き寄りの場合は61UL-STとなる。

キャンタ「ボトムも極寒期になるとベタ底のちょい上から動きません。その場合は高く跳ね上げるよりも、移動距離を抑えて細かく動かした方がいいです。そんなときには61UL-STです」

ホワイトウルフ 62UL-eも使用ウエイトはキメラ 603L-eと近いが『食わせの間』がもっと欲しいときに62UL-eを選択する。

キャンタ「ルアーに魚が絡んできたときに、早くフックに掛かり過ぎるとダメなトラウトが最近増えました。そんなときには62UL-eを使います。ちなみに62UL-eではスーパーエステル0.3号しか使いません。ここは固定しています」

新型キメラ『62ML』は使用ラインによってあらゆる方向に化けるロッド! 取材日のキャンタさんのタックル一式。62MLSとキメラ603L-e、そして606L-eがキャンタタックルの3種の神器。

そしてキャンタさんが現在開発を進めている新ロッド『キメラ 62ML(プロト)』。

キャンタ「このロッドは使用ラインによってあらゆる方向に化けるロッドです。ナイロン、フロロカンボンラインと組み合わせれば重量級のベースロッドになります。操作系に振っている62MLSに対してキメラ 62ML(プロト)はしっとり巻く系のベースロッドです。エステルやPEラインと組み合わせると、飛び道専用ロッドに化けます。跳ね上げ系ボトムゲームやポーリーなどのフルサイズミノーに最適のロッドになります。低伸度ラインと組み合わせることによって、操作系ロッドに化けますが、あくまでも『間』に重きを置いたロッドです。そこが純粋な操作系ロッドとは大きく異なります」

キャンタさんの「超軽量系特化型ロッド」

軽量級操作系ロッドの金字塔『フォーナインマイスター ホワイトウルフ 606L-e』

項目スペック
重量60g
ガイドT-LGTT4(1)、T-KTTG4(4)、5(1)、T-ATTG8(1)、12(1)
ブランクスカラークリアー
グリップAAコルク
グリップ全長255mm
開発者松本幸雄
価格65,000円(税込)

ティップの入り方が絶妙!

極端な言い方をすると、キャンタさんの中ではハント0.7g、0.4gの専用ロッド……それが『ホワイトウルフ 606L-e』。

キャンタ「超軽量スプーンでもしっかりと水を噛ませることができる貴重なロッドです。ここまでティップの入り方が絶妙なロッドを自分はほかに知りません。絶妙なティップの入り方によって、絶妙な『間』を作り出してくれます。その『間』に助けられることは凄く多いです。ハント0.4gのような超軽量スプーンでも、しっかりと水を噛ませることができるので、ハント0.4gを投げるときには、自分はこのロッド以外は使っていません。誘いの中でも細かいシェイクに特化しているロッドです。大会でもかなり勝たせてもらっているロッドです」

キャンタさんにとって606L-eはハント0.7&0.4g専用機と言っても過言ではない!

キャンタさんのプロフィール

狩野祐太(かのう・ゆうた)

新ブランド「ディープ・パラドックス」発表で、さらに注目度が集まるエキスパート。トラウトキング選手権大会ダブルマイスター。独自の理論にのっとり、スプーンにこだわったモノ作りでエリア界に革命を起こした寵児。

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。