リールの性能を維持するためには、3回釣りに行ったら1回オイルを注そう! 注油方法を解説

釣行から帰ってきたら、さぁビール!? いやいや、まだやることはある! 今日1日を一緒に楽しみ、助けてくれた道具をいたわりましょう。すぐできる面倒不要のカンタンリールメンテナンス。やるとやらないじゃ大違い! チューニングショップ代表兼エンジニア、横沢達哉さんにリールの注油法のやり方をうかがった。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

釣行後のリールメンテナンス「注油方法」

オイルは揮発性なので、使ったり時間が経つとなくなってしまう。動きの滑らかさをキープするためにオイルを注す。目安としては3釣行に1回だ。

使うもの

  • 紙ウエス 吸油性も高く丈夫
  • 綿棒
  • 注油用オイル
  • オイル NULL EXライト(軽い)
  • オイル NULL EXレギュラー(標準)
  • オイル CYPHER レギュラー(ベアリング専用)

オイルはいずれもレビテーションエンジニアリング製。

created by Rinker
レビテーションエンジニアリング(Levitation Engineering)
created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)

第1工程「準備」

ドラグを逆回転させてスプールを外す。

ハンドルの反対側にあるハンドルキャップを外す。

ハンドルを逆回転させて外す。

外した状態。

第2工程「シャフトの注油」

写真のシャフト部分にオイルを1滴。冬は軽いオイル(NULL EXライト)、夏はレギュラー(NULL EXレギュラー)、その他の季節は好みで。

回転させてなじませる。

汚れが浮いていたら綿棒で拭きとり、再び1滴注油する。

第3工程「ハンドル軸受けの注油」

ベアリングに関係する部分なのでベアリング専用オイル(CYPHER レギュラー)を注油する。

注しすぎると内部のグリスに影響してしまうことがあるので全体に対して1滴でOK。

反対側にも1滴。

第4工程「ラインローラーの注油」

ラインローラーの受ける側に1滴(NULL EXライト)。バラして注油する方法もあるが(後述)、隙間から注すこともできる。

ローラー本体にも1滴(NULL EXライト)。指先でローラーを回転させてなじませる。スプール、ハンドルを元に戻して終了。

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。