【マジかっけ〜】メガバスCEO・伊東由樹氏がレッドドット・デザインアワード2023を受賞! アイテムは渓流ロッドの『HUNTSMAN(ハンツマン)』

日本で広く知られる『グッドデザイン賞』や世界3大デザインアワードのひとつ『iFデザインアワード』をこれまでにもフィッシングタックルで受賞しててきたメガバス・伊東由樹氏がiFデザインアワードに並ぶ3大アワードのひとつ『レッドドット・デザイン賞』を受賞! しかも2年連続という快挙を達成!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

レッドドット・デザイン賞とは?

メガバスCEOの伊東由樹氏。 [写真タップで拡大]

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する国際的なデザイン賞で世界三大デザイン賞の一つとして有名。 毎年世界60ヵ国以上の企業、ブランド、デザイナーによる11,000件を超える作品群から選出される、とても権威ある賞だ。

受賞作品は、ドイツ・エッセンにある、ユネスコの世界遺産に登録されている歴史的な建造物、ツォルフェライン炭鉱業遺跡群内の 「レッドドットデザインミュージアム」に世界最大規模のコンテンポラリーデザインとして展示される。

受賞作品は渓流用ベイトロッド『ハンツマン』

HUNTSMAN™は、初代ARMSの製作者でもある、メガバスCEO・伊東由樹氏のロッドビルディング哲学を最新テクノロジーと融合させることで覚醒させた、渓流トラウトロッドのエクストリームモデルだ。

[写真タップで拡大]

高性能なブランクスはもちろん、無垢の自然木から削り出したハンドルがカッコよすぎ!

名作『霧雨』や『エリーゼ』などを生み出してきたアイティオーエンジニアリングのロッドテクノロジーにより、ブランクスは渓流で求められるあらゆるキャスト性能高め、大型の鱒がかかってもストレスなくやりとりすることができる。

また、軽量化配列を追求した新たなガイドシステムを採用しており、超・低抵抗で一段伸びる低弾道キャスト、警戒なロッドアクションを実現。ガイド素材は最新の超軽量チタンフレームSiCガイドが採用されている。

軽量化配列を追求した新たなガイドシステム。ラインにかかるストレスを徹底して軽減化し、超・低抵抗で一段伸びる低弾道キャストと、ストレスフリーなリトリーブを実現。 [写真タップで拡大]

性能面はもちろんのこと、注目はグリップデザインの美しさ。無垢の自然木から削り出されたグリップと、超高精度マシンカットによって丹念に削り出された高強度アルミのシートパーツの組み合わせは、至宝の渓魚に挑むハンターの胸を高ぶらせてくれるはずだ!

釣り具としては初となるレッドドット・デザイン賞を2年連続で受賞し、さらに2年目は渓流ロッドでの受賞。性能もデザインも進化し続けるメガバスタックルから目が離せない!

モデルは全部で4機種ラインナップされ、グリップの銘木3パターンを組み合わせている。銘木の種類は上から楠(くすのき)、黄檀(おうだん)、白檀(びゃくだん)。 [写真タップで拡大]

福山正和さんの源流釣りに密着したスペシャルムービーがまたカッコイイ!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。