「那須高原つり天国」&「蛇尾川フィッシングパーク」の楽しみ方をおすすめスプーンと共にご紹介

関東でもトップクラスの管理釣り場を擁する栃木県。なかでも由緒あるリゾートとしても名高い那須周辺は個性溢れるポンドが点在している。峻烈な高原の気候のなか、ビッグフィッシュと対峙できる管理釣り場をカルテラスチーフデザイナー兼CEO本多智紀さんと人気樹脂スプーン「パラト」と共に訪れてみた。今回は「那須高原つり天国」&「蛇尾川フィッシングパーク」。実釣&メソッドでご紹介する。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

本多智紀さんのプロフィール

本多智紀(ほんだ・とものり)

エリア、ネイティブ問わずトラウトに魅了され独自のアプローチを極める。自身のブランド「カルテラス」では樹脂スプーン「パラト」など、唯一無二のモノ作りを展開。その一方アパレルも手がけつつ、アウトドア全般を遊び尽くす。

ノーザンTOCHIGIでビッグトラウトハンティング

本多智紀さんにとって、アイデンティティのひとつは北海道。一方現在は関東在住で地元愛も深い。そんな本多さんが今回旅先に選んだのは栃木県那須周辺。古くから深い自然と共生し、発展してきた土地だ。

本多「偶然なんですけど、那須周辺のポンドって大型トラウトも推している釣り場が少なくない。豊かな自然に囲まれたなか、大物狙いのワクワク感。ネイティブゲームに通じる『だいご味』を楽しめるんです」

ポンドとしては初場所もあり、通い慣れた釣り場もあり。土地柄、避暑地として発展してきているので寄り道も大いに楽しめそうだ。いや、むしろそっちも重要視しているくらい!?

本多「せっかくですから、美味しいモノは外せませんね!」

初場所のつり天国で初フィッシュ!

本多「ボトムで魚卵か何かをついばんでいたので、パラト1.1g・タイプHVでアプローチしましたがショートバイト連発。かなりの大型が食ってきたのですが……! 日が傾くと浮き始めたので、パラト0.3gで表層を攻めるとドンピシャ。強烈な引きだったのですが、かわいいサイズでした(笑)」

午後の2時間のみのチャレンジだが、なんとかアジャストできた。

パラト 0.3g(カルテラス)

+GF30という昆虫の比重を極めた素材で作った樹脂スプーン。シリーズ最軽量だが、22mmという小さすぎないシルエットと生物に酷似した比重でスレたトラウトを翻弄する。ハイプレッシャーなプール系ポンドでも高実績な最終兵器だ。

パラト0.3g メソッドPart【1】

表層デッドスロー&回転リアクション

軽さを活かしての表層のデッドスローリトリーブは、パラト0.3gを手にしたら始めに試して欲しいメソッド。また瞬発的に速巻きすると回転しリアクションバイトを誘発。速巻き&ストップすると、回転から一瞬ホバリングアクションを見せ、バイトの間を作る。

那須高原つり天国

「つれないつり堀 つり天国」という独特すぎるキャッチコピーとオーナーの人柄に惹かれた大物釣り師が集う有名ポンド。1~3号池があり、キャッチ&リリース専用やルアー専用池に分かれる。小学生限定の池も別にあり、家族でも楽しめる。

エリア名つれない釣り堀 那須高原つり天国
所在地〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久丙1732
電話番号0287-76-1059
営業情報1日券:4,000円 他料金設定あり
レンタルレンタルロッドあり
Webサイトhttp://tsuritengoku.com/

那須弾丸ツアー! モンスター盛り盛り「蛇尾川」

初場所の「つり天国」に後ろ髪を引かれつつ、あくる朝イチに訪れたのは「蛇尾川(さびがわ)フィッシングパーク」。大型トラウトが乱舞するというウワサで猛者たちが集結しているポンドだ。訪れた平日は、2名以上の予約がないと営業しないということだが……小ぶりなポンドの周りには、ゆうに20名を数えるアングラーが!

本多「出遅れましたね(笑)。空いている場所でじっくりやりましょう」

数度蛇尾川に来ている本多さん。かなりのシャローエリアで様子を探ると……!

本多「ジャガーですね。浅いというのもあって、反応もバイトも丸見えでした」

辺りを見回すと、あちらこちらで、強烈に絞り込まれるロッド! 蛇尾川では、超大型ニジマスを始め、F1やイトウなどが多数回遊している。

遠くは南会津の山並みを望み、横を流れる蛇尾川と山林に囲まれたロケーション。目の前を横切るのは、夢を感じさせる大きさのモンスタートラウト。この組み合わせ、熱心に通うファンがいるのも当然だろう。

見事なジャガートラウト

パラト0.3g メソッドPart【2】

落ち葉&ウィード攻略

パラト0.3gは、その軽すぎるウエイトのおかげで障害物にスタックしづらい。落ち葉やウィードを乗り越えたりは得意のメソッド。表層の落ち葉や水草に吊し放置するのは、知る人ぞ知るテクニックだ。

バリエーション豊富なパラトシリーズで!

朝イチの時合いが落ち着くと、スポットを変えて再アプローチ。ボトムの変化に大型が着いているようで、丁寧に探っていく。

本多「今日は珍しく濁っているので、サイトは難しい。重めのパラトでボトムを狙います」

高比重のパラト3g・タイプHVをボトムまで落として、巻き上げ。ボトムの様子が分かってきたタイミングで、巻き上げの瞬間に食ってきた! 大きめの個体だが、このポンドではアベレージサイズのようだ。

またパラト0.3gにシフトすると、今度は壁際を攻める。かなり軽量なルアーだが、ボトムでロングステイさせているようだ。さすがに濁りもあって、気づかれないのでは……と思っていると、ラインが走る!ギュンギュンと抵抗し上がってきたのは、斑紋の濃いグッドコンディションのレインボー。こんな感じで、数釣りではないが40~60cmのトラウトが応えてくれる。1尾との対峙を心ゆくまで楽しめた。

パラト3g・タイプHVにブラウントラウトが!

本多「ピンクやコパー、オレンジという濁りに強いカラーが効かなかったので、リアクション狙いでフラッシングの強いメタリックブルーを。強いカラーがハマりました」

パラト0.3g メソッドPart【3】

落ち葉&ウィード攻略

パラトはボトムで放置すると、断面がV字なので水流やラインの干渉を受けてフラフラと揺らぐ。この自然で目立ちすぎない動きで、狡猾な大型マスをも口を使わせてしまう。特に壁際などは波の返し(バックウォッシュ)で揺らぎやすく、放置にはもってこいだ。

蛇尾川フィッシングパーク

那須塩原市の蛇尾川近くに位置する小規模ポンド。特筆すべきは、その魚影! 大型トラウトが豊富に放流され、1発狙いのアングラーが足繁く通う。当日も70cmオーバーの極太トラウトが多数釣り上げられていたぞ。

エリア名蛇尾川フィッシングパーク
所在地〒329-2802 栃木県那須塩原市蟇沼671
電話番号0287-47-7555
営業情報1日券:4,000円 他料金設定あり
レンタルレンタルロッドあり
Webサイトhttps://twitter.com/matagi_nasu

『ルアーマガジン・マス王4』発売情報

『ルアーマガジン・マス王4』

エリアトラウト・シーズンイン! といえば『鱒王』。ガチのシークレット深掘りで分かりやすく最前線をお届け!

表紙はアーティスト「NAMIKO」さん作のド迫力作品が目印…🐟 エリア猛者&注目アイテム、今シーズンの主流だけを取り揃えました! 発売です。冬の管理釣り場に必携です。

  • 発売日:2022年11月16日

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。