シマノの大人気ロックフィッシュロッド『ハードロッカーSS』の追加モデルがスゴイ!【日本全国のフィールドを網羅!】

日本全国に生息する数々のロックフィッシュに幅広く対応する専用ロッド・ハードロッカーシリーズ。そのミドルグレードモデルであり、スパイラルXでよりパワフルに強化された『ハードロッカーSS』に2023年の追加モデルが一気に6アイテム登場。その特徴を1本ずつ解説していこう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

ハードロッカーSS(シマノ)

【スペック】

B92H+-3

まだ誰にも手が付けられていない、竿抜けポイントまでルアーを送り込むことができる遠投スペシャルモデル。ティップ、ベリー、バットがそれぞれの仕事を完遂すべく、3ピース構造を採用。もちろんコンパクトな仕舞寸法のおかげで、遠征釣行時の携行性も高い。

B73XH

ボート上でもストレスなく取り回せるショートレングスで、近距離のシューティングゲームに適しているのはもちろん、XHパワーで瞬時にストラクチャーやカバーから引き剥がすことができる。また、50cmオーバーのアイナメやソイといったモンスターハンティングにもおすすめ。

B83XH

激しく波立ち険しい地形だからこそ大型ロックフィッシュが潜む、荒磯での使用にフィーチャーした磯ロックスペシャルモデル。複雑な潮流の中でも素早くフォールさせるための重量級リグでも操作しやすく、強靱なバットパワーで主導権を持ってファイトできる。

S83ML+

スイミング系リグやハードルアーを使って、広範囲をまんべんなく探るのに向いているスピニングのオールラウンドモデル。アイナメやソイ、ハタ類などにチャレンジしてみたい、ハードロックゲームビギナーには最初に手にしてほしい使いやすい1本だ。

S810MH

“幻の魚”とも呼ばれて愛好家も多い、キジハタ(アコウ)にターゲットをしぼったスペシャルモデル。8ft10inというロングレングスを活かした遠投性能に加え、激流の中でもわずかな変化を感じ取りつつ小さなバイトも弾かないティップの繊細さがキジハタを逃さない。

S92XH-3

9ftを超すロングレングスにより遠投に長けているのはもちろん、XHの強靱なバットパワーは遠くで掛けたモンスターフィッシュでさえ根周りからイージーに引き剥がすことが可能。携行性に優れた3ピース構造なので、遠征釣行の相棒としては最適なモデルだ。

ロックフィッシュ番長・折本さんによる実釣インプレッション動画も必見です!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。