《メーター超え》の巨大魚⁉ 毎年4月1日、栃木県中禅寺湖に通う理由とは。

ここ数年、4月1日のスケジュールは決まっている。目指すは「いろは坂」を越えた先にある山上湖……そう、この日に解禁を迎える中禅寺湖での撮影だ。

【美麗な水中写真を大きなサイズでチェック】

●写真:谷岡義雄

2024 新製品情報

異国情緒あふれるロマンの湖へ

中禅寺湖へは、通っているうちに顔なじみの釣り人も増え、自ら釣りをすることよりも、彼らの姿や、彼らが釣り上げた魚を撮影させてもらうことの方が多いが、異国情緒あふれる周辺の雰囲気も相まって、毎回充実した時間を過ごさせてもらっている。

この湖を代表する対象魚といえば、レイクトラウトだろう。国内で唯一、中禅寺湖のみで遊漁の対象となっている。

[写真タップで拡大]

正直なところ、まるでワニや爬虫類を思わせるイカツイ顔には、あまり魅力を感じていなかった。しかし、実際に撮影して見て分かったことが、とても写真映えする魚体だということ。

とくに好きな部分が先端の 白いとても大きなヒレと、そのイカツイ風貌に反して可愛いらしい瞳。何より、メーター超えも出ているほど、この魚にはロマンがある。

[写真タップで拡大]

もちろん、解禁日だけでなく引き続き中禅寺湖には足を運ぶ予定だ。今年はどんなドラマチックなシーンに出会えるだろうか。今から楽しみでならない。

最初は苦手意識を持っていたが、釣れればサイズもデカイし、被写体としては最高の魚。大きなヒレと、いかつい表情の割に可愛らしい瞳がお気に入りのポイントだ。 [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・リバー 2023年6月号』発売!

「ルアーマガジン・ソルト2023年6月号」が2023年4月19日に発売となります! 今号ではハイシーズンに突入した「渓流」と、解禁を迎え盛り上がりを見せている中禅寺湖の2大テーマを総力特集。このほか、名作「D-コンタクト」の 20周年記念企画や、フィッシュマン・赤塚ケンイチさんの海外釣行「太古のトラウト憧れのサーモンとの邂逅」、人気YouTuberが考案した渓流ミノー「ACT」のオリカラ販売情報まで、盛りだくさんの内容でお届けします!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。