[巨大イカ]とんでもない記録を達成!あまりの大きさに釣った本人も唖然…!【ヤマラッピちゃんねる】

エギング界のレジェンド、ヤマラッピさんこと山田ヒロヒトさんがとんでもない釣果を叩き出した。何と、1投目でいきなり、春の大型アオリイカをキャッチ! その一部始終が映像化されているので、その詳細をみていこう。

>>巨大アオリイカの写真を見る<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●引用元:ヤマラッピちゃんねる(Youtube)

2024 イカメタル特集

アングラー紹介

山田 ヒロヒト(やまだ・ひろひと)
サラリーマンのかたわら、休日を利用して各地のアオリイカを釣りまくるスタイルに多くのサンデーアングラーから支持を受け、数年までに独立。現在は、専業プロとして活躍中。DAIWAフィールドテスターとして、エメラルダスの製品開発にも深く関わる。

巨大イカ捕獲の瞬間を動画で視聴する

動画の冒頭、いきなり大型のアオリイカをキャッチ!

今回紹介するのは、ヤマラッピさんのYoutubeチャンネルにアップされた、和歌山エギング実釣ムービー。動画開始早々、いきなり良型のアオリイカをキャッチするシーンからスタート!

ちなみに、前日までの状況を山田さんは以下のようにコメント

山田「前日も悪天候の中、釣行をしたものの、別メンバーと全く雰囲気もなく、アタリもない、最悪の乗降。その日の釣友は、アオリイカはいないんじゃないですか? とまで言ってましたね。今回は、産卵走りの1発目のサイズ狙いの予定なので、日ムラがあるのは当たり前と考えてました。とにかく、ボウズかデカいのを一発、こう言う春イカ序盤の博打的な要素は釣り人をワクワクさせます」

動画の方は、取り込みシーンからスタートするのだが、何と、カメラの録画ボタンをオンにしていなかったため、ヒットシーンやファイトシーンが撮れていなかったようだ。そこで、気を取り直して、録画ボタンをオンにしてエギをキャストするヤマラッピさん。

当日の状況については、以下のようにコメント。

山田「当日は、オンラインサロンのメンバーと、釣友の釣りガール二人と、合計四人での釣行。すぐに爆風になる予報だったので少し早めに磯に乗ることにしました。サロンメンバーも、釣れる場所を私の動画でよく見てるようで、ここ入っていいですか? と、ポイントをよく把握している様子。釣りガールも、こっちでやりたいと、配置についてキャストを重ね始めていました」

一方、ヤマラッピさんは、状況を見つつ、タイミングを見計らっていたそうで…。

山田「私は、少し様子を見てから、時間を確認。満潮1時間前に、少し投げた方が良さそうだと判断して、空いている沖側にキャストしました。エギの着底後、軽く持ち上げる巻きじゃくり後にラインの撓みを作ってステイさせると、スーっと持っていくではないですか? すかさず合わせてみるとキロアップのメスでした」

ここで、とんでもない事態が発生! 2投目も、すぐにアオリイカの反応! このときの心境も、山田さんは以下のようにコメントしている。

山田「明らかに昨日と違うのか? 少しだけ群れが入ったのか? 写真を撮影してから、またオスがいないかキャスト。エメラルダスフォールの重心移動が少し向かい風に強く飛距離が出ることも幸いして、いいところまで飛んでいると判断。エギをフリーで落としていると着底かと止まる、ロッドに確認すると、イカだ! 強めに巻きを入れると凄まじい走りでしたね」

このときの一部始終が、映像に収められいてる。順を追って見ていこう。ヒットした瞬間、明らかに違う反応に、ヤマラッピさんは思わず叫ぶ!

山田「おっしゃ〜!これデカいぞ!」

ヤマラッピさんが興奮気味に手応えを伝える。ドラグ音が鳴り止まず、ガンガンラインが出されていく! この時点で、ただごとではない雰囲気…。

山田「ヤバいな! まったく止まらん! これヤバいな、マジで! 捕れるかな…!?」

時間帯がバッチリだったようで、かなり狙いすましての釣果だったことが伺える。それにしても、強烈過ぎるジェット噴射で、なかなか寄せることができず、百戦錬磨のヤマラッピさんもかなり手こずっている様子だ。

山田「3kgは余裕やろ!」

3kgは余裕!? マジですか!? 2投目ですよ? しかも、1投目もいいサイズが釣れているし、一体どうなっているのか!?

数分のファイトの後、ようやくその姿が見えた! そして、同行アングラーがギャフを入れるのだが、うまく掛からず失敗…! この瞬間は、かなりスリリングだ。

現場にはかなりの緊張感が漂う。明らかに記録級のイカだけに、失敗は許されない。

ファイト中にチラッと映るロッド表記に、モザイクが…。開発中のプロトモデルを使用しているようだ。詳細が気になりつつ、それよりも、巨大アオリイカの取り込みがどうなるのか…、ああ、情報が多い!

記録級のアオリイカをランディング!果たして、そのサイズは…!?

二度目の正直! ヤマラッピさんが何とか巨大アオリイカを浮かしたタイミングでギャフを打ち込み、ギリギリでイカに掛かった! 磯の上に引きずりあげ、ランディングに成功! デカい! 3kgどころじゃないかも!?

山田「これ、4kgいったんちゃう!?」

釣り上げたアオリイカの近くにヤマラッピさんが立つと、そのサイズのデカさがよくわかる。このアオリイカのサイズは一体、何kgなのか…!?

計測すると、4kgというヤマラッピさんの見立て通りの3,930g! シロイカとしては、自己記録更新の快挙だ!

春イカシーズン初期でのこの大記録に、さすがのヤマラッピさんも大興奮! 潮止まりの前後一時間は、アオリイカのスイッチが入りやすいため、集中して狙うというのが、ヤマラッピさんの春イカ狙いの重要なテクニックとなる。

そして、コチラはその際の状況を伝える、ヤマラッピさんのインスタだ。当日は、決してイージーな状況ではなかったようだが、産卵シーズン初期に、時合いを的確に狙い撃ちし、シロイカ自己記録更新の3,930gキャッチに至ったようだ。

ヤマラッピさん使用タックル

  • 【ROD】エメラルダス STOIST RT プロト〈DAIWA〉
  • 【REEL】22EXIST FC LT2500 〈DAIWA〉
  • 【LINE】PEエギULT HS8 0.6号 〈SUNLINE 〉
  • 【LEADER】FC HARDプラズマ 3号〈SUNLINE〉
  • 【エギ】エメラルダス フォールLC ラトル 夜光オレンジ杉
  • 【シューズ】ウェーディングシューズSW-2101(DAIWA)

大興奮の3,930kgモンスターシロイカキャッチを動画で視聴

コチラの記事もオススメです


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。