フィネス重視でソリッドティップにスパイラルガイド搭載。こだわり詰まったF-SPECが6月デビュー!

6月にケイテックよりデビューする『F-SPECシリーズ』は、「7ft6in」「ソリッドティップ」「スパイラルガイド」と特徴の詰まったこだわりのロッドに仕上がっている。オリジナルのナナロクシリーズと対をなす『F-SPECシリーズ』を紹介しよう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

F-SPECシリーズ(ケイテック)

2019年、ケイテックは7ft6inのロッド『ナナロクシリーズ』を発売した。そのレングスはシャローの接近戦を有利に運ぶ絶対解であり、カバー攻略において大きなアドバンテージをもたらす

延々と続くアシをていねいに刻んでいく。複雑なブッシュの奥へそっとリグを送り込む。アタリがあれば力強くフッキングを決め、間髪入れず相手を障害物から引き剥がす…そんな、ブラックバスという魚ならではの釣りの醍醐味が味わえるロッドだ。

しかし一方で、開発段階から『ナナロクシリーズ』を使い込むほどにパワーゲーム主体の展開だけでは手に負えない状況があることもあらためて実感していた。シンカーを軽くしたり、ルアーのボリュームを落としたうえで、繊細な誘いをかけてみると反応が返ってくるケースがしばしば…そして7ft6inという長さが活きる、まったく別の世界があることに気づいたのだ。

『F-SPEC』 = フィネススペック。

オリジナルと対をなすからこそ必要な、もうひとつのナナロクシリーズ。

ソリッドティップ&スパイラルガイドの理由

リグが軽いと必然的にフォールの時間は長くなる。したがって、落ちている途中で食う可能性も高まるわけだが、タフになればなるほどフォール中のバイトは手元に伝わらないもの。ラインの動きが止まったり、わずかにプンと跳ね上がるだけといった具合い。

そんなアタリさえも認識するためには“ラインの重さ”を感じられる繊細なティップが必要であり、違和感を与えず食い込ませるためにもしなやかに曲がるソリッドティップを採用したのだ。

スパイラルガイドであれば、常にラインがガイドに“乗った状態”となり、さらに小口径のため糸浮きを抑え、感度と繊細な操作を両立できる。

ボトムカバーとコンタクトして外れた瞬間など、障害物からリグが跳ねすぎることなくタイトに落とせるのはソリッドティップならでは。バットパワーはオリジナル譲りのため、「乗せて掛けられるロッド」に仕上がっている。

F-SPECシリーズのラインナップ

KTC762F-SPG

シリーズ中、もっともしなやかなティップを備えたライトアクションモデルであり、1/16ozシンカー+3inクラスのワームによるダウンショットリグ、1/16~1/8ozのスモラバ、1/64~1/16ozのネイルシンカーを挿入した4inワームなど、スピニングタックルの領域にあるルアーにも対応。消波ブロックや石積みなどボトムカバー狙いに向いていて、60mm以下のシャッドもこなす。

KTC763F-SPG

『F-SPEC』を象徴する旗艦モデルであり、1本だけ選ぶのであればこちらを推奨。アクションは、ライトとミディアムライトの中間にある“ライトプラス”。1/8~3/16ozのダウンショットリグやスモラバ、ネコリグなら3/32~1/8ozのネイルシンカーを挿入した5inワームまでをこなす一方、1/8ozクラスのブレーデッドジグにもマッチ。ナナロクとベイトフィネスの相性の良さを感じてほしい。

KTC764F-SPG

ミディアムライトアクション。ラバージグで言うならスモラバではなく、『モデル Ⅰ Ver.2.0』のようなコンパクトカバージグ 3/16~1/4ozがフィット。テキサスリグ、フリーリグ、リーダーレスダウンショットリグならシンカーは3/16ozがど真ん中。3inクラスの高比重バックスライド系ワームも得意とするところ。巻き物なら軽めのスピナーベイト(1/4ozクラス)に適している。

KTC766F-SPG

相応のティップを備えたミディアムヘビーアクションで、込み入ったカバーにも対応。764Fもそうですが、オリジナルの同番手を食い込み重視の設計に変え、軽く、繊細にしたイメージだ。各リグともシンカーウェイトは3/8ozが使いやすいところ。オープンウォーターなら1/2ozのモデルⅡ(フットボールジグ)もこなします。シャロークランクや3/8ozのスピナーベイトにも良い仕事をしてくれる。

F-SPECシリーズのスペックと価格

『F-SPEC』4機種それぞれに、グリップを固定した状態で500gのオモリを吊るし、真横から撮影した画像。ベンディングカーブ自体はロッドのパワーに応じて異なるが、ティップが入ってよどみなく曲がるテーパーは共通していることがわかる。

各部位の特徴

ガイドセッティング:全機種スパイラルガイド(ガイド数:11 + トップガイド)

トップガイド:FUJIⓇチタンフレーム TORZITEⓇフランジリング T2カラーKGトップガイド(T2-KGTT-F)、トップ以外のガイド:FUJIⓇチタンフレーム SiCリング T2カラーKガイド(T2-KTSG,T2-KBSG,T2-KWSG)

リールシート:FUJIⓇECSリールシート(ソフトタッチコーティング)、グリップ:ハードEVAグリップ(端面ラバーコルク補強) ※グリップ部着脱不可、アルミ製KEITECHオリジナルフードナット

フックキーパー:KEITECHオリジナルフックキーパーは、フックをセルフウィードレスにセットした状態で、ワームから針先を抜くことなくゲイプを掛けられる仕様。抜き差しによるワームの損傷を回避できるのだ。

グリップエンド:アルミ製KEITECHロゴ入りプレート付

ロッドカバー:スピンドルコード付きオリジナルロッドカバー(KEITECH F-SPECロゴ入り) ※リールをセットした状態でロッド本体をカバーできる。

トッププロテクター: EVA製(KEITECHロゴ入り)繊細なソリッドティップを不意の破損から守りる。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。