何をしたら良いんだ!? 6月のバス釣りは水のキレイな場所を狙うべし!

バスフィッシングは、通年楽しめる釣り。季節ごとの必釣パターンを知っておけば、より釣果が得やすいのはいわずもがな。そこで琵琶湖の頼れるプロガイド、“いそっち”こと礒村雅俊さんに6月のバス釣りシーズナルを解説してもらおう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

解説はプロガイドの磯村さん!

礒村雅俊(いそむら・まさとし)

2011年より琵琶湖でプロガイドをスタート。琵琶湖のロコトーナメント『BAIT』で2013、2015、2017年にA.O.Y.に選出されるなど、アングラーとしても輝かしい実績を残す。ライトリグからビッグベイトまで幅広い釣りに対応。『楽しめる釣り』をモットーとする。

雨が降ると強い流れが生まれる!! 地形変化や障害物周りのヨレを攻略せよ

磯村「例年6月は、梅雨時に当たります。雨量が増えると、水位調整のために下流の水門を開ける。琵琶湖を例に挙げると、瀬田川にある瀬田川洗堰/南郷洗堰ですね。すると、当然ながら上流から下流に向けて太い流れが生まれる。これにより、5月中に発生していた代掻きなどの濁りが消え、水質が一気にきれいになるんです。これは琵琶湖南湖の6月初旬の状況ですが、同じような状況になるところは全国にもたくさんあるはず」

5〜6月は産卵前後のバスが入り乱れて釣れるが6月になると、次第に回復系が増える。回復系とは、産卵で消耗した体力が回復し、小魚を追いはじめた魚のことだ。

磯村「水門が開いて強い流れ(ボディウォーター、カレント、本流などと呼ばれる)が発生すると、しばしば水面に潮目が出る。潮目とは、水量や流速の異なる筋がぶつかり合うところのこと。このような場所には、流れのヨレが生まれるため、魚が集まりやすい。潮目のように流れが目に見えることも多いので、水面に注目して釣り場を回ってみるといいでしょう」

6月のおすすめルアーは、ノーシンカージャーク、スピーナーベイト、リーダーレスダウンショットリグといったところ。ほかにも、梅雨時は魚が水面を意識するので、トップウォーターゲームにトライするのもおもしろい。

ヒットルアーは、ハスを捕食している状況で威力を発揮するサカマタシャッド6in。カラーはクリアペッパー/ネオンフレークだ。

シーズナル必釣ルアー【ボート編】

ノーシンカージャーク/アユやハスが絡むウィードエリアを攻略

磯村「ドラッギングで使います。ルアーを投げて着底したら、ネコリグと同じ要領でラインを出す。ラインをしっかり出すことで、ルアーの浮き上がりを抑えます。狙いのレンジをキープしながらジャッ、ジャッ、ジャッと3回ジャークを入れたら、竿先を正面に戻して食わせの間を作る。この動作の繰り返し。風がある状況でも誘いやすく、エリアを広くサーチできるのが魅力です」

ドライブスティック 4.5in[O.S.P]+エリートツアラー ワーム34R #3/0[がまかつ]

磯村「ノーシンカージャークの定番。4.5inながら比重が高いので狙いの水深まで確実に沈められる。シンプルな形で、ウィードなどの障害物をスルっと抜けるのも利点。小アユが多いときに」

サカマタシャッド 6in[デプス]+エリートツアラー ワーム34R #4/0[がまかつ]

磯村「バスがハスを捕食しているときはコイツの出番。適度に軟らかいので、ウィードに当たってもワームが壊れにくい。またサイズのわりに軽いので、リグが沈みすぎるのを防ぐ役割もあります」

エリートツアラー ワーム34R[がまかつ] [写真タップで拡大]

ダブルクレンスイベル[ラグゼ] [写真タップで拡大]

磯村「『エリートツアラー ワーム34R』はナローゲイプの定番オフセットフックで、ウィードやゴミを拾いにくいスリムなフォルム。5〜6月はウィードが成長する時期なので、フッキング性能だけでなく、スリ抜け効果も重視したい。フックアイの先端に、小型スイベル+小型スプリットリングを仕込むと、糸ヨレを回避できる」

ドライブスティック4.5inにヒットした良型バス。これは小アユが溜まっているときに強いワームだ。

シーズナル必釣ルアー【オカッパリ編】

プロップベイト/シリコンペラの柔らかな水切りが効く

磯村「梅雨時は、トップウォータープラグを投げるのもおもしろい。バスを水面まで誘い出す釣りなので、ビギナーにはちょっと難しいかもしれませんが、ぜひ挑戦してもらいたい。使用するのは、シリコンペラを搭載したアベンジプロップ80。オープンウォーターを攻めるときは、シリコンペラを回転させながらのただ巻きで広範囲を探ります。杭などの縦ストラクチャーが点在する場所では、それら障害物の近くで軽めのトゥイッチを入れ、水面でジュボ、ジュボと誘ってやるのがおすすめです!!」

アベンジプロップ80[ラグゼ]

磯村「開閉式のシリコンペラを搭載するプロップベイト。キャスト時は、ペラが閉じて空気抵抗を軽減。アクション時はこれが開き、柔らかな水切り+サウンド効果でバスを水面まで誘き寄せます。18gと重めなので、ロッドはMHパワー+レギュラーテーパーを選択。ノーシンカージャーク用ロッドを流用してもOK。ラインは太めのナイロン(16〜20lb)を巻いておきましょう」

オープンウォーターでは、魚を探すような感覚でただ巻きするのが効率的。それに対し、バスの着き場を予測しやすい障害物エリアでは、「ここぞ」というポイントでトゥイッチを入れてみよう。

礒村雅俊的旬のテクニックその1

スピナーベイト/深いところをスローロールで誘う

磯村「琵琶湖の場合、6月になると小アユの群れがウィードに溜まります。雨量が増えるこの時期、水位を調整するために水門を開けるのですが、放水がはじまると大きな流れが生まれ、ウィードの周囲に流れのヨレが発生する。そのヨレに小アユが集まり、さらにその群れの下に臨戦態勢のバスが着くんです。『いつでも食えるぞ』みたいな(笑)。そんな状況で有効なのが、スピナーベイトのスローロール。深いところをできるだけゆっくり巻いてやる。軽めのウエイトを選びましょう」

アベンジスピン[ラグゼ]

磯村「通常は3/8〜1/2ozを使い分ける。濁りがあるところでは、3/4osを使うのもあり。ダブルウィローは適度に水を逃がすので、軽めのウエイトでも浮き上がりにくい。カラーは、水が澄んでいればクリアシャッド、ササ濁りならアユがおすすめです」

磯村「カウントダウンでレンジを把握すること。基本は低速巻きながら、バイトがないときはスピナーベイトをわざとウィードに当て、リーリングカットでリアクションバイトを誘うのも有効です」

軽めのウエイトで深いレンジをスローロールさせてヒット。アベンジスピンのカラーはクリアシャッド。

礒村雅俊的旬のテクニックその2

リーダーレスダウンショットリグ/根がかりをほぐす動作で誘える

磯村「5〜6月を通して有効なテクニック。リーダーレスダウンショットリグは、頭からほぼ垂直に沈むので、狙いの水深まですぐに到達させられるのが強み。リグがウィードに触れたら、すぐさま竿先でトントンと持ち上げます。このウィードに絡まったルアーをほぐす動作が、バスの興味を猛烈に刺激するんです。リアクションが誘えるほか、そのままフリーで沈めれば、プリ/アフタースポーンの浮いている魚が釣れる。そのほか、水温が落ちて一時的に活性が下がった魚も狙えます」

ニューG2ストレート 6in[キッド]+エリートツアラー ワーム34R #3/0[ラグゼ]

シンカーは、がまかつのLDマスターTGスリムシンカー 7g(1/4oz)を使用。6inのストレートワームはボリュームがあり、シルエットで誘えるほか、強い水押しでアピールできる。

磯村「根がかりをほぐす動作を入れると、リグにウィードがまとわりつく。バスはゴソゴソしているのが気になるんです。何が起きているのか確認しようとする。そのときに、ポンッと目の前にルアーが現れると瞬間的に口を使ってしまう。プリスポーンから回復系まで使える技です」

タックルデータ

ノーシンカージャーク用
●ロッド:イフリートB67M-RF(ラグゼ)●リール:スティーズリミテッド SV(DAIWA)+匠ベアリング メイン/加藤式(ゴールドワークス)●ライン:アディクトフロロ 14lb(ヤマトヨテグス)

スピナーベイト用
●ロッド:イフリートB70MH-F(ラグゼ)●リール:スティーズA TW 1016H(DAIWA)+匠ベアリング メイン/加藤式、ハンドル/自転式(ゴールドワークス)●ライン:アディクトフロロ 14lb(ヤマトヨテグス)

リーダーレスダウンショットリグ用
●ロッド:イフリートB70H-RF(ラグゼ)●リール:スティーズA TW 1016XH(DAIWA)+匠ベアリング メイン/本多式(ゴールドワークス)●ライン:アディクトフロロ 16lb(ヤマトヨテグス)

プロップベイト用
●ロッド:イフリートB64MH-R(ラグゼ)●リール:スティーズA TW(DAIWA)●ライン:アディクトナイロン 16〜20lb(ヤマトヨテグス)


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。