書店で魚の血抜き特集!?「ほりにし×津本式フェア」開催中!書泉ブックタワー(秋葉原)

首都圏の趣味人なら、言わずと知れた秋葉原「書泉ブックタワー」様にて、アウトドアスパイスほりにしが発売されます。内外出版社が「書泉ブックタワー」さんでフェア展開!?と聞くと、車やバイク雑誌を思い浮かべる方が多いと思いますが、今回はスパイスのご紹介です。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 イカメタル特集

「ほりにし×津本式フェア」開催

会場は、秋葉原駅昭和通り口を出てすぐ右、コンビニなどを横目に歩くとすぐ見える交差点に、大きくそびえるビルがありますので、一見さんでも迷う事はありません。

1~8階まで各階ごとにジャンル分けされていて、広々とした売り場にはフロアごとにマニアックな専門ジャンルの書籍や雑誌が揃っています。

バスのコーナーなどマニア垂涎の品揃えです。さらに「え、ここ書店だよね?」と見間違うほどグッズの充実した電車コーナー。

1階では、ほりにし×津本式のフェアが開催中。アウトドアスパイスはもちろん、夏のオンシーズンに向け、魚の血を簡単に抜けるノズルなども販売中です。

小社刊行の「津本式」シリーズの他、ふんだんに魚料理の本が置いてあります。4階釣りコーナーでもご展開いただきました!

フェアの開催は予告なく延期、終了の可能性がございます。秋葉原にお立ち寄りの方は、駅徒歩1分の「書泉ブックタワー」まで、今日の献立の参考にいらして下さい!

【フェア店舗情報】
開催:2023年6月6日(火)~2023年6月末日(予定)
書泉ブックタワー
11:00~20:00(平日・土日祝)
東京都千代田区神田佐久間町1-11-1
03-5296-0051
https://www.shosen.co.jp/tower/

スパイス ほりにし×津本式 とは」

アウトドアシーンで、『ふりかけるだけで美味しくなる魔法のスパイス!』と多くのファンを獲得し、その味の奥深さにハマって家庭でも常備する人が増えているという『アウトドアスパイス・ほりにし」と、魚の食材としての価値を『究極の血抜き」という技法で大きく広げた『津本式』のコラボにより完成した、魚用スパイスです。

ひとつめの『わさび昆布』フレーバーは、その昆布の旨みと、わさびが持つ和風の辛味を厳選した塩に加え、まだ「若く」旨みが眠っている「鮮度の高い魚」でさえも、一気に味のボルテージを引き上げるようなパンチ力を有しています。 

刺身の味変スパイスとして。焼き魚の一振りとして。津本式が十八番とするする熟成魚の最後の味の引き立て役として、まさに、さまざまな使い方ができる、万能なスパイスに仕上がりました。

ふたつめの『白味噌』フレーバーは、その名の通り、味噌風味。お味噌もグルタミン酸系の旨味が強い調味料のひとつ。オススメは、味が画一化しやすい白身魚にどうぞ。主力となる塩味を囲むように、白味噌を主体とした調味料と、配合された様々なスパイスが相まって、味のレイヤーが広がっていくことに驚かれることでしょう。

どちらも魚用と銘打たれておりますが、困った弱点が…。そう、お肉にも合うのです。魚用と銘打った手前、魚推しなのは間違いないのですが、特にチキンに使った時に、おそらく目を見開くはずです。

とにかく、この新しいコラボ。スパイスの革命に驚いてください。今回、長年、釣りと向き合い、魚と向き合ってきたルアマガが、2つの個性の融合を試みました。ほりにしと津本式。このまさに味の革命。味革を堪能してください。

商品を動画でご確認いただくこともできます。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。