ド派手カラーで渓流魚イチコロ『ファインテール エデン』新色の威力

メジャークラフトのファインテールシリーズからは、グラスとカーボンのハイブリッド・パックロッドと、人気渓流ミノー・エデンの新色が登場する。どちらも、ネイティブトラウト開発スタッフである石塚さんが各地でテストを行ってきた自信作になるが、今回はテストも兼ねて、石塚さんにとって初場所となる桂川を訪れた。激戦区とも称される人気フィールドで、NEWアイテムの性能は発揮されるのか!? まずはファインテール エデン新色からご紹介しよう。

●文:ルアーマガジン・リバー編集部

2024 新製品情報

関東の激戦フィールド桂川に初挑戦!

石塚恒さんは、メジャークラフトでネイティブトラウト関連製品の開発を担当している。自称ヒレマニアというくらいアブラビレが大好きな石塚さんだが、基本的にホームグラウンドを持たず、各地を転々と釣り歩くスタイルで全国各地を釣り歩く。製品テストも様々なシチュエーションで行っている。今回は、初となる山梨県桂川を訪れた。

石塚「ロッドやルアーのテストは全国各地で行っていて、常に満足のいく状態で製品をリリースしていますが、言わずもがな、できるだけ多くの釣果データが欲しいものです。なので、今回は敢えてこれまで縁のなかった人気河川・桂川にチャレンジしてみようと思いまして。すでにリリース済みではありますが、最新タックルを改めてチェックするつもりで釣りを楽しんでみます!」

今回の注目アイテムが、人気渓流ミノー・エデンの新色と、ファインテールシリーズの追加モデルとなるグラス素材を採用したパックロッドだ。果たしてどんな展開になるのか!?

[写真タップで拡大]

桂川は3つの漁協が管轄

石塚さんが入渓したのは桂川の中でも下流域にあたる桂川漁業協同組合管轄の大月エリアだ。中流域は都留漁業協同組合管轄エリア、最上流域には忍草漁業協同組合管轄エリアがあり、それぞれ遊漁券が異なるので他のエリアで釣りをする際には当然ながら遊漁券も別になる。

[写真タップで拡大]

関東近郊型河川の代表格

都心からのアクセスも抜群かつ、ヤマメの宝庫でもある桂川は、解禁当初から多くの釣り人で賑わう。さらにシーズンを通して大型が狙えるとあって、その人気に拍車がかかっている。言わば、激戦区。この川で実績を残したい、と石塚さんも意気込む。

[写真タップで拡大]

当日は桂川流域の名物でもある吉田うどんも初体験! 太くコシが強い麺が特徴で、トッピングの基本は甘辛く煮た馬肉と茹でキャベツ。辛味の強い薬味「すりだね」は独自にブレンドしているお店が多い。こちらは「山椒」というお店のうどん。

60mmモデルが大活躍! 午前中だけで二桁釣果達成!

ドリフト向けのSモデルとレンジキープのHモデル

石塚さんが桂川に持ち込んだのは、もちろん自身が開発した渓流ミノー「エデン」シリーズだ。2021年に50mmモデル(S・H)がリリースされ、翌年には45mm(S・SS)、60mm(S・H)モデルを追加。誰にでも扱いやすい定番ミノーをコンセプトに、現在シリーズは6種類のラインナップか成る。手に取りやすい価格帯も相まって、発売以来トラウトアングラーたちの注目を集めている。エデンシリーズの特徴をまとめてみたので、使い分けの参考にしていただきたい。

ファインテール エデン(メジャークラフト)

メジャークラフト渾身の渓流ミノーシリーズを一気見!

45SS&45S

[写真タップで拡大]

食わせを意識した小型モデルで、ド派手なヒラ打ちで小さいながらも広範囲に強くアピールできるシンキングモデルと、流れのなかの浮遊感を意識して開発されたスローシンキングモデルがラインナップされる。

50S&50H

[写真タップで拡大]

渓流の定番サイズである50mmには最も扱いやすいオールラウンダーのシンキングモデルと、深場攻略の切り札にもなるヘビーシンキングモデルをラインナップ。ウエイトに合わせたリップ形状の違いにも注目!

60S&60H

[写真タップで拡大]

60mmというサイズはアピールするための大きなシルエットを意識したサイズ展開であり、50mmモデルと同様にシンキングとヘビーシンキングをラインナップ。渓流から本流まで幅広いシチュエーションで活躍。

石塚「中部、北陸、東北、北海道など様々なエリアでテストを行い、あらゆる流れの質に対応できるよう設計してきました。桂川は初場所ですが、色々使い分けながら探っていきたいと思います」

石塚さんが最初に入渓したのは桂川の大月エリアだ。瀬や深場などバリエーション豊富な流れが続くが、事前情報では早期から大型が狙えるとのこと。淵で釣りをすることも多かったため、ここでは60mmモデルが大活躍。

石塚「流れの太さに合わせて60Sと60Hを使い分けるイメージですね。柔らかくドリフトを織り交ぜながら狙う際は60S、流されすぎるようであれば、ヘビーシンキングでしっかりレンジキープしてあげる。今日はボトムでの反応が多いですよ」

「エデン」は、扱いやすさにこだわり、各ラインナップを使い分けることで幅広いシチュエーションに対応できる、スタンダードな渓流ミノーだ。基本性能を追求した設計は、桂川でも効果抜群! [写真タップで拡大]

メインターゲットはヤマメ。この日はエデンシリーズの中でも60mmモデルが絶好調。

石塚「まだまだ早期。基本はボトムになってくるので、淵などの深場にピンで落としたり、流れを利用して付き場まで誘導させてから誘うことで、結構反応が得られています。最盛期には表層レンジにも出てくるでしょうから、45や50も交えて使い分ければ、さらなる釣果が期待できそうです!」

ファインテール エデンのモデルSS~S~Hの違いを解説

【SS(スローシンキング)】スレた魚に強い最終兵器

ややフロント寄りにウエイトを設定していて、頭を若干下げながらのシミーフォールが特徴。そこから同じ姿勢のままゆっくり沈むため長い時間誘える。浮力もあるのでアクションのキレも◎。

項目スペック
モデル45SS
サイズ45mm
ウエイト3.0g

【S(シンキング)】食わせの間を作るシミーフォール

シンキングモデルはリアに重心を置き、食わせの間を作るために水平姿勢のシミーフォールが特徴。リップもコンパクト設計なのでアップからダウンまであらゆる方向の釣りでも扱いやすい。

項目スペック
モデル45S
サイズ45mm
ウエイト3.7g
項目スペック
モデル50S
サイズ50mm
ウエイト4.5g
項目スペック
モデル60S
サイズ60mm
ウエイト5.7g

【H(ヘビーシンキングモデル)】急速沈下でボトムの大鱒を狙う

リアにウエイトを集中させることで、複雑かつ太い流れをものともせずにディープエリアに急速沈下。引き抵抗の強いワイドリップのおかげで、ボトムエリアであってもしっかりレンジキープすることができる。

項目スペック
モデル50H
サイズ50mm
ウエイト5.5g
項目スペック
モデル60H
サイズ60mm
ウエイト7.0g
価格1,060円(税別)

視認性を強調したド派手な5色を新たに追加!

背中のド派手カラーと側面カラーの組み合わせに注目

サイズやタイプの使い分けと併せて、今回石塚さんが多用していたのが、エデンの新色だ。

石塚「5パターンの新色を追加したんです。テーマは『視認性』。渓流の釣りにおいて見えるってとても重要ですから、とにかくド派手なカラーをラインナップしています」

この日の水色は笹濁りだったが、後ろからカメラを構える記者の目からも、ルアーの位置が非常に把握しやすい。

石塚「背中はとにかく視認性を重要視してイエローもしくはグリーンのチャート。側面のカラーとの組み合わせもこだわりました」

側面のカラーはゴールドチャートやライムチャート、パールなど人気のカラーが採用されている。色の切り返しでリアクションバイトが狙えるので、解禁から禁漁直前までシーズンを問わず活躍してくれそうだ。

背中はイエローとグリーンのグラデーション

新色がズラリ。とにかくド派手で、笹濁りの水色の中でもしっかり視認することができた。背中のカラーはチャート、チャートマーカー(CM)と、グリーンのグラデーションチャートの3パターンを採用。

各カラーの特徴と既存カラーとの比較

CMレーザーアカキン

[写真タップで拡大]

石塚「前は既存の赤金ヤマメですが、新色のレーザーアカキンはより強いアピールを意識しました。CMはチャートマーカーの略で、頭にこの文字がつくカラーは背中の色の塗り範囲を細めにして、側面の色がより強調されることを意識しています」

パールチャートヤマメ

[写真タップで拡大]

石塚「パールってナチュラル系ではあるものの、膨張色なのでボヤ~とシルエットが大きく見えるんです。実績カラーでもあるのですが、色が膨張する分、食い損ないの可能性も考えて背中のチャートを加えてみました」

ゴールドチャートヤマメ

[写真タップで拡大]

石塚「既存の金アユカラーもメッキの反射が強いカラーですが、ナチュラル系カラーの要素も含まれています。それよりさらにアピール強いアピールを狙ったのがゴールドチャートヤマメ。ベリーは全面オレンジベリーとなっています」

ライムチャートヤマメ

[写真タップで拡大]

石塚「ベリーのオレンジは人気ですが、非常に強い色なんです。そのため、レーザーチャートヤマメはナチュラル系カラーを活かすために前方のみ、ライムチャートヤマメは切り返しの明滅を意識してベリー全面に敷いています」

CMモノクロームヤマメ

[写真タップで拡大]

石塚「地味だけど、黒ってシルエットが強調されるカラーなので、実は実績が高い色なんです。既存カラーに組み込みたかったのですが、何かもう一味、味付けしたかったところ。そこで、今回の背中の視認性を追加することでリリースに至りました」

グッドコンディションのヤマメゲットです!

1投目でキャッチしたのがこちらのヤマメ。うっすらパーマークの入った25cmほどの個体が、新色のパールチャートの腹フックをガブリ。 [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・リバー 2023年6月号』発売!

「ルアーマガジン・ソルト2023年6月号」が2023年4月19日に発売となります! 今号ではハイシーズンに突入した「渓流」と、解禁を迎え盛り上がりを見せている中禅寺湖の2大テーマを総力特集。このほか、名作「D-コンタクト」の 20周年記念企画や、フィッシュマン・赤塚ケンイチさんの海外釣行「太古のトラウト憧れのサーモンとの邂逅」、人気YouTuberが考案した渓流ミノー「ACT」のオリカラ販売情報まで、盛りだくさんの内容でお届けします!


※本記事は”ルアーマガジンリバー”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。