[エギング]海底に放置したエギでもイカは抱くのか?実験の結果が意外過ぎた!

エギングはエギをシャクってイカを誘うのが基本。しかし「ボトムに置いた状態のエギでもイカは抱く」という話しを聞いたことがないだろうか?

>>ボトム放置のエギをイカは抱く?動画はこちら<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 イカメタル特集

取材中に出くわした見えイカに対して、エギをプレゼンテーション!

ルアーマガジンソルト本誌記事用の実釣取材中、偶然にも活性の高そうな小型のイカに遭遇した。

「何かできないかな…?」

高活性のイカが目の前の海にいるのに、みすみす見過ごす手はない。そこで、取材対象であるアングラーさんに、ちょっとエギをボトムに放置してもらえないか、という相談をした。

すると、二つ返事で快諾してくれた。ただ単にそれを見ていてもしょうがないので、手持ちの水中カメラで撮影することに。
(※ちなみに、見えイカはアオリイカではなくクワイカです)

カメラを全く気にしない高活性イカ! エギを投入すると…?

まず、そっと水中カメラを投入。人影に驚いて逃げるかも、と心配したが、そんな素振りは全く見せない。撮影ポジションが決まったところで、アングラーさんにエギを投入してもらった。

水深は1m弱の浅瀬。ほどよく岩が点在しているシチュエーション。果たしてイカは反応してくれるのか…?

着水後、軽く2〜3シャクリを入れてからボトムに着底するエギ。そのまま放置していると、なんと、イカがススス…と寄ってきた!

やや警戒しながらも、エギの背後に回り込む。これはひょっとして…!捕食行動をとるではないか!? 期待感が高まる!

エギの背後に回り込んだ次の瞬間、触腕を伸ばして海底に放置された状態のエギをキャッチ! えっ、高活性のイカって、こんなに大胆な動きをするのか!

伸ばした触腕を引っ込めつつ、背後に後ずさりしながらエギをリフトアップ! このタイミングで、カンナがイカのボディ下部に当たる。ここで合わせを入れることで、イカがカンナにかかるわけだ。

さらに詳しく見たい場合は、その際の動画を公開しているので、そちらをチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。