[買うならどっち?]パックロッド&振り出し それぞれのメリットや特徴を解説!

「開発技術の向上により1ピース&2ピースに勝るとも劣らない高性能なマルチピースが作れるようになった」と話す、メジャークラフトの広瀬さん。実際、同社には振り出しタイプとマルチピースタイプ、どちらのラインナップも存在する。そこで、アジングというテーマで、その利点や使用時の注意点などを解説して頂いた。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

広瀬 達樹(ひろせ・たつき)

「ヒロセマン」の愛称で知られるルアーフィッシングの伝道師。多くのメディアに登場し、あらゆるジャンルの釣りに精通する超絶多忙アングラー。メジャークラフトで広報&商品開発を担当。

開発技術の向上により、高性能モデルが作れるように

遠征、出張など車以外での交通手段を使って釣り場に向かう際、コンパクトなパックロッドや振り出し竿(テレスコピック)は非常に便利。車の中に入れて、サブロッドとして使うアングラーも近年増えているようだ。

広瀬「車に入れっぱなし、というのはブランクスによくないのですが、ソルトの取材の時に近くに海があればソルトのパックロッドを持ち込んだり、その逆もあったりと、様々なシーンで活躍してくれますよね」

パックロッド&振り出し竿(テレスコピック)の利点

  • 遠征や出張時にうれしいコンパクトな仕舞寸法
  • 収納場所に困らない
  • 技術の進歩で最近のモデルは性能が高い
  • 会社のロッカーに忍ばせられる

1ピースロッドや2ピースロッドとの違いはあるのだろうか?

広瀬「ひと昔前の4ピースロッドなんかは、節ができてしまいカクカク不自然に曲がるものが多かったものですが、最近は開発技術も向上し、マルチピースであっても、よどみなく曲がるブランクスが実現できるようになりました。もちろん、1ピースや2ピースのロッドの方が曲がりもスムーズですが、近年のマルチピースロッドは十二分な実釣性能を持たせられるようになりました」

旅行や遠征だけでなく、住宅事情にも配慮!
メジャークラフトのパックロッド&振り出し竿には、持ち運びに便利なセミハードケースが付属する。「持ち運び時やスーツケースの中に仕舞った場合、破損する可能性がありますが、それを防ぐのがこのセミハードケース。住宅事情で長い竿の保管が難しいご家庭でも隙間に入るから便利ですよ!」

ここ数年の間にメジャークラフトでは、様々なジャンルのパックロッドおよび振り出し竿ことアジングという釣りに関しては、どうなのだろう?

広瀬「もちろん、ブランクスの調子の幅も広がっているので、アジングにかかわらずどのジャンルにおいても、理想のアクションが出しやすくなっています」

実際に、次の項目ではメジャークラフトのアジング専用モデルを元に、扱い方のコツなども紹介していく。

[振り出し竿(テレスコピック)]
1機種だけ専用モデル!?「ソルパラSPXT-S63AJI」開発秘話

広瀬「ソルパラの大きなテーマとして“汎用性”というものがあります。各モデルは特定の魚種を絞らず、幅広いシーンで使えるモデルに仕上がっています。ただ…アジングだけ専用モデルが1本あるんです」

確かに6ft3inのモデルだけ“AJI”というネームが追加されている!

より手軽にソルトの釣りを楽しめるソルパラ
シリーズを通して“汎用性の高さ”を求めたことで、1本の竿で様々な魚種の釣りに対応したソルパラシリーズ。しかしながら「AJI」を冠したアジング専用モデルが1機種だけ存在している。

ソルパラSPXT-S63AJI[メジャークラフト]
全長:6ft3in ●ルアー:0.6~10g ●ライン(モノフィラメント・PE):1~5lb・0.1~0.6号

広瀬「完全に僕のわがままで、半ば無理やり企画を通しました(笑)! でも冗談でなく、フォールで食わせるなど、アジングには他の釣りにない繊細さがありますから、やっぱり専用タックルも必要なんです。多くのアジンガーの方達がそう感じていると思いますよ」

もちろん、7ftの「S70UL」でも問題なくアジングをすることが可能だが、こちらはどちらかと言えばリトリーブの釣りを意識したモデルとのこと。

広瀬「63は掛け調子でピーキー、70ULは投げやすさを意識していて全体的に曲がる竿に仕上げています。どちらもソリッドティップを採用しているので繊細なんだけど、ブランクのコンセプトとしては真逆ですね。70ULでアジングを楽しむとすれば、プラグやマイクロメタルなどがおすすめ。ジグ単の釣りならS63AJIで!」

「振り出し竿」の取り扱い注意点①
繊細なティップを保護するため、保護キャップを装着して保管

素材に関わらず、ロッドのティップ(穂先)は、不注意による破損の多い部分だ。特に、アジングなどのライトゲーム用のロッドは、ティップがかなり繊細にできているので、乱暴な扱いは厳禁。持ち運ぶ際や保管する際は、必ず付属のキャップを装着して、ティップ部分を保護しよう。

「振り出し竿」の取り扱い注意点②
竿を伸ばす前にラインを通しておくと便利!

広瀬「竿を伸ばしてからライン(釣り糸)を通す人をよく見かけるんですが、振り出し竿の場合、伸ばす前にラインを通してしまう方が、圧倒的にラクです。あと、振り出し竿のセッティング方法ですが、ガイドの向きを調整しながら、ティップ(穂先)側から伸ばしていく方が効率的ですよ」

[パックロッド]
ヒロセマンが求めるアジング専用パックロッドの性能

遠征釣行のみならず、電車移動や軽自動車での移動などでもコンパクトさが生きるマルチピースロッド。狙うターゲットがバチっと決まっていれば、専用モデルを使うのが当然ながら好ましい。

実際に経験した、ロッドを持ち込めないハプニング!
広瀬
「離島などに遠征する際、とくに飛行機の大きさが小さい場合は、ロッドケースの長さによって持ち込めないことがあります。そんなアクシデントにも対応してくれるのがパックロッドや振り出しの仕舞寸法です」

広瀬「シビアな状況も多いアジング。とくにジグ単中心の釣りでは感度が重要。ソルパラもクロステージも専用モデルには感度重視のやや張りを持たせたソリッドティップを採用しています。さらに、ロッドも取り回しを考え短めに設定してあります。逆にメタルジグやジグサビキ 、プラグを扱う汎用モデルにはチューブラーを採用しています」

機能性と利便性を兼ね備えた4ピースロッド
クロステージのパックロッドは、ジグ単の釣りにマッチする好感度なブランクスに仕上げられているのが特徴だ。

クロステージ CRX-T694AJI[メジャークラフト]
全長:6ft9in ●継数:4 ●ルアー:0.6~10g ●ライン(モノフィラメント・PE):1~5lb・0.1~0.6号 ●本体価格:13,700円

広瀬「回遊性の高いアジはタイミング勝負の一面も合わせ持っていて、レンジを探ったりフォールで繊細なアタリを掛けていったりとゲーム性も高くので腕の差もでやすかったりします。とは言え基本的には、誰でも楽しめる釣りですから、汎用モデルで五目釣りを楽しむのもよし。専用モデルでレベルを上げるのもよし。とにもかくにも、コンパクトさを生かした釣行を楽しんでくださいね」

「パックロッド」の取り扱い注意点
バットからではなく、ティップから継ごう

広瀬「ロッドのセッティングは振り出しと同様にティップセクションからから。それぞれのガイドの向きも、必ずまっすぐになるように設定してください!」

バットから継ぐとガイドの向きが曲がりやすく、トラブルの元になる。

振り出しタイプの竿にも、パックロッドにも、それぞれ特徴があるので、それを理解した上で使い分ければ、さらに釣りの幅が広がること間違いなし! 旅行の際に、お供に1本忍ばせておくような使い方など、自由に楽しんでみて欲しい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。