マグロやGTが狂喜乱舞?デプス本気のオフショアプラグ野心作

創設よりモンスタークラスを想定したモノ作りで独自の世界を展開するデプス。そのデプスが、オフショアのビッグターゲットへ本気で挑む…!今までのプラグ作りの経験値をオフショアマナーに落とし込んだプロトは現時点において全部で4つ。アカメやGT、マグロなどをプライベートで釣り込む奥村和正さんに解説願おう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

奥村和正さんのプロフィール

奥村和正(おくむら・かずまさ)

琵琶湖を原体験に、ビッグバスのみを想定したルアーやタックルをプロデュースし続ける「デプス」総裁。しかしその実力派日本全国に留まらず本場アメリカのフリークも絶賛。以前より怪魚を含めたビッグフィッシュへの経験を深めつつ、オフショアゲームへも全力で取り組んでいる。

とうとう公開されたデプス製オフショアアイテム!

デプスの奥村和正さんが、オフショアゲームにチャレンジしているらしい…というウワサを証明するように、ショーでお披露目された専用プラグの数々。

奥村「すべてオフショア用として、GTやマグロ、ヒラマサなどの青物などをターゲットにしたビッグゲーム系として製作中」

なんとオフショア用ロッドまでも進行中…この取り組み方はかなりの本気度!さすがデプス、実戦での釣果も積み上げ中とのこと…!早速詳細を見てみよう

オフショア用ロッドも開発中…「ヒュージカスタム」のロゴが!

ダイビングペンシル

ダイビングペンシル大

奥村「とっかかりはヒュージペンシル(デプス)。ヒュージペンシルでバス以外のいろんなサカナを狙っていって、アカメが釣れ、GTが釣れ、マグロも釣れた。確かに釣れるが、それって自分独自のロッドワークでやっていて釣れたもの。たとえばオフショアに精通している人たちのロッドワークは、ロングストロークでのジャークだったりして、それだとヒュージペンシルは対応できない。そういったオーソドックスな動かし方で、ヒュージペンシルの良さを実現させたのがこのダイビングペンシル。今2サイズ進めています」

ポッパー

奥村「GTを釣っていると、凪の時や夕方とかはポッパーが強いな、という印象。実績のあるルアーだし、理想のものを実戦で導入したいと思いプロトを作成開始した。まずはパルスコッド(デプス)を巨大にしていきつつロングボディ化。それをどんどんブラッシュアップしている最中です。パルスコッドといえばのスプリングウエイトは入れてないけれど、装着できるようには作っている。あの震動は、ベタ凪でのマグロで可能性あるかも」

ダーター

奥村「こいつは水面直下を狙っていくような状況のために作ってます。ポッパーより1段下のレンジに入っていって、誘っていける。これもほかのプロトと同じくロッドワーク系のプラグですね。こいつはリップがあるせいで潜ってしまうので、ルアーを回収するときに大変。釣行3日目とかになるとかなりしんどい(笑)。でもGT狙いで活性が高いとき、回収で水面をバタつかせてしまうルアーはミスバイトが起きてしまう。でもコイツはボート際までしっかり泳いでくれるから、しっかり食わせられる可能性があるかもしれない」


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。