[梅雨メバル]良型を誘い出す藻場攻略テクニック!キモはプラグ&ジグヘッドリグの使い分け!

ベイトロッドメーカー、フィッシュマンが新しい動画を公開。テーマは「inte7.7ULプロト」を使用した、梅雨メバル狙い。フィッシュマンのフィールドテスター柿本さんが、プラグやジグヘッドリグを使用して藻場などを攻略する。メバルファンなずとも必見の内容となっている。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

今回紹介するムービーはコチラ

開発中のロッド「inte7.7ULプロト」を活用してプラグ&ワームで攻略!

フィッシュマンが新しい動画を公開した。テーマは梅雨メバル。この時期は、良型を狙える最高のシーズン。磯の藻場を、プラグとジグヘッドリグで狙っていくというテーマだ。

登場するのは、フィッシュマンのフィールドテスター、柿本岳志さん。愛知県をホームとして活躍するアングラーだ。

使用するタックルは、フィッシュマンが開発中の新しいベイトロッド「inte7.7ULプロト」。このロッドの特性は「乗せて掛けられる」というもので、まさにメバル攻略にも最適な仕様となっている。ちなみに、使用タックルデータは以下の通り。

ベイトタックルでのライトゲームにも最適な「Beams inte7.7UL」のプロトモデルを実釣解説。

【梅雨メバル攻略タックルデータ】

  • ロッド:Beams inte7.7ULプロト(Fishman)
  • リール:ALPHAS AIR TW(DAIWA)
  • ライン:PE LIGHT GAME WHITE #0.4(YAMATOYO)
  • リーダー:FLUORO SHOCK LEADER 8lb(YAMATOYO)

フィッシュマンには、すでに「Beams inte7.9UL」というモデルが存在しているのだが、それとはどのような違いがあるかなどが、動画内では詳しく解説されている。

「Beams inte7.7UL」は、張りがあって感度性能も高いという特性を持つため、ベイトフィネスには最適なモデルとも言える。メバルはもちろんだが、アジングやライトエギングすらも視野に入れる、1本あるだけで釣りの幅が大きく広がるモデルだ。

柿本さんは、プラグとワームを使い分け、良型のメバルをキャッチ。その詳細は、是非とも動画でチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。