《7月17日》海の日に未来から釣り人が襲来「ギョミ袋」を配布!

一般社団法人日本釣用品工業会は、全国に向けて釣りのマナー認知向上の活動を進めるため、ゴミ袋ならぬ“ギョミ”袋を制作し、7月17日(月・祝)「海の日」に豊洲ぐるりパークと城南島海浜公園にて配布します。当日は、釣りマナーが改善された“未来から来た釣り人”が、ゴミの持ち帰りマナーや、マナーを守って釣りを楽しむ大切さを伝えるため、釣り人や公園内にいる方々に向けてギョミ袋を配布します。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

7/17(月)は海の日! ゴミを持ち帰って海辺を綺麗に!

日本釣用品工業会は「LOVE BLUE事業」を通じて、持続可能な釣り環境を構築できるよう取り組み、マナーを守って釣りをより楽しんでいただくために、釣りマナー啓発活動を進めています。

近年、アウトドアの需要が拡大し、釣りも多くの方からの人気レジャーとなり、釣りそのものや、マナーにも関心が高まってきています。SNSが普及し、釣りの始め方も多岐にわたる方法で学べるようになる中、これまで以上に釣りのマナーを釣り初心者の方へお伝えしたいと考えました。

このような背景を受け、釣りのマナー認知向上を図るため、日本釣用品工業会はゴミ袋ならぬ“ギョミ”袋を制作し、配布します。ギョミ袋はカラビナが付いているため、カバンやズボンに着用して簡単に持ち運びができます。

自宅にあるレジ袋などを入れて、使いたい時に袋を出すことができるため、釣りゴミはもちろん、レジャーに行く際のアイテムとしても期待されます。制作したギョミ袋は、 “未来から来た釣り人”が協力に加わり、豊洲ぐるりパークと城南島海浜公園を周遊して配布します。

ゴミ袋ならぬ“ギョミ”袋を制作 都内2カ所で配布決定

日本釣用品工業会では今回のギョミ袋の制作と配布を皮切りに、全国に向けて釣りのマナー啓発活動を進めてまいります。また、「てはじめにマナー」というキャッチコピーのもと、今後も釣り人がマナーを守って釣りを楽しんでいただけるよう、マナー啓発の強化に取り組んでまいります。

開催概要

  • 開催日時 :7月17日(月・祝) 10時〜17時(雨天延期)
  • 開催場所 :豊洲ぐるりパーク/城南島海浜公園

釣りマナーに関する特設サイト

釣りのマナーについて知っていただくために、守るべきマナー項目を紹介する特設サイトをご用意しています。日本釣用品工業会ではLOVE BLUE事業を通じて、釣りマナー啓蒙活動を行っています。まずはマナーを守った上で、釣りをより楽しんでいただけるよう、「てはじめにマナー」というキャッチコピーのもと、マナー広報強化に努めてまいります。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。