【クセがスゴい】エヴァンゲリオンみたいな魚をさばいて食べてみた結果…

ド派手な見た目の巨大なエサ取り名人アオブダイ。この魚を、釣りYoutuber「あんこうアワーズ」のやっくんさんが、実際にさばく! 気になるそのお味は!? 人を死に至らしめるという猛毒物質を含んでいるということで、調理には細心の注意が必要なこの魚のお味は…!?
※魚処理の専門家がさばいています。アオブダイの内臓には毒があるため、食用には適していません。

→エヴァやんけ…! アオブダイの全貌はこちら

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

登場Youtuber&動画紹介

あんこうアワーズ

チャンネル登録者数14万人の底もの系人気ユーチューバー。メンバーはやっくん、ひろまっちょ、ちえみ、ゆーか丼の4名。いろいろな巨大魚や怪魚、猛魚を釣って釣って、釣りまくる! 

今回紹介する動画はコチラ!

これが碧色の重戦車、アオブダイ!

あんこうアワーズは、魚屋さんでもあるリーダーのやっくんさんと3人のメンバーが、様々な釣りに挑戦したり、魚を実際に調理したりと、様々な動画を公開する人気の釣りYoutuberだ。

今回のテーマはカラフルな魚体のアオブダイ。釣りのゲストとしてヒットしてくることもあるこの魚を、やっくんさんがさばいていくという内容だ。青、水色、紫のボディはまるで汎用人型決戦兵器! 

エヴァンゲリオンみたいな色しとるねw

新鮮な魚はやはり刺身で楽しみたいところ。しかしながら、アオブダイは体内に毒を蓄えており、これを摂取すると最悪死に至るという。この毒は主にアオブダイの肝臓や内臓に含まれている。そのため、アオブダイの販売流通は自粛されているのが実状だ。

もし、アオブダイが釣れたりしても、食中毒の危険性があるため、決して食べないように注意したい。

クチバシは歯ブラシで掃除!

それでは早速捌いていく。まずは魚体をしっかり洗う。体をブラシで擦ってぬめりをとり、歯を綺麗にする場合は歯ブラシを使用! 

アオブダイの歯を磨く

芸能人は歯が命

次はウロコを処理していくが、アオブダイのウロコは大きく剥がしていくのはヒト苦労だ。ウロコを剥がした感触はまるでコイ!?

強靭なウロコが剥がれ難い

ほぼ鯉

猛毒物質がある臓物は激臭注意!

頭を落とし、内臓の処理に取り掛かる。肝臓を取り出し観察。触った感じは冷たい粘土、そして匂いは強烈な悪臭! この肝臓に有毒物質が入っている。

危険な部位を取り除けば、身の部分は理論上実食可能ではあるが、間違って身に付着するなども考えられるので、絶対に真似しない方が良いだろう。

気を取り直して、次は三枚下ろし。身の感触はハタ類に近く、骨はとにかく太くて硬い。そして、身からも独特のニオイがしてくる。内臓に近い腹の部分は大きくカット。

解体を進めていき、皮をすけば見慣れた魚のサクが完成。数枚、刺身状に切り取り、味見をしてみる。

いよいよ実食 “味は”悪くない!

まずはひと口。臭みはなく、身はタンパクで味は悪くない。なかなかなイケそうだが…、弾力のある身を噛んでいくと後から臭みが追いかけてくる! 

刺身で食べるのはオススメしないという結果に落ち着いた。

刺身がダメならフライはどうだ!

今度は油で揚げることで臭みの除去を試みる。小さくカットした身を打ち粉にまぶして溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶして油で揚げる。こんがりキツネ色になるまで熱して完成。これを魚のフライ定番のタルタルソースでいただく。

揚げてしまえばこっちのもん、フライは普通に美味!

アオブダイのフライを実食。懸念していた臭みがなくなっており、身が柔らかく、お店で出せるレベルで美味しいようだ。

ただ、何度も言うが内臓部にはが含まれている。そして、この毒は加熱や塩蔵でも分解されないとされている。

あんこうアワーズでは釣りガールを募集中!

ちなみに、メンバーのひろまっちょが女性アングラーの釣りクラブを結成。メンバーを絶賛募集中なので、興味のある方はコンタクトをとってみてほしい。詳しくはひろまっちょのツイッターをチェック!

今回紹介した動画はこちら

漁港などでたまに見かけるアオブダイ。毒を持つというこの魚を実際に捌いて食べてみたのがこの動画だ。記事ではお伝えしきれていない内容もあるので、詳細は是非、動画でチェックしてみてほしい。

→エヴァやんけ…! アオブダイの写真ギャラリー


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。