《超簡単》無限に食えるパリパリピーマン!夏バテ気味でも激ウマディップで止まらない!

連日の暑さに、今年はエルニーニョじゃなかったのか! 釣りどころじゃねぇ!と怒り沸騰なみなさま。ちょっと食がすすむレシピをご紹介しますよ。ええ、例のスパイス、ほりにし×津本式を使ってね! 調理自体は秒で終わります。これをアテにビールとかもう、至高のひとときなのであります。

→超簡単なパリパリピーマンのレシピはこちら

●文:ルアマガプラス編集部(深谷真)

2024 チニング特集

パリピーで元気だしていこうぜ!

パリパリ、ピーピーうるさくてすいません。今日は、食がすすむ超簡単なピーマンなレシピをご紹介します。ピーマンが嫌い? ならキャベツでもいいです。子供じゃないんだから、わがまま言わないでください(記者はキュウリ食べれません)。

このピーマンを使ったレシピ名は、えーっと、なんでもいいんですけど、『津本式ほりにしdeパリピー』とでもしておきましょう。センスのカケラもないですが。ようは、スーパーで売っているピーマンを、どちゃくそ夏に合うおつまみに変えると思っていただければそれでOK。美味しかったら、推しの子好きはピーマン体操でも踊ってやってください。

『津本式ほりにしdeパリピー』のレシピ〜。

秒で終わる夏を乗り切るうまうまレシピ動画です。

  1. まず、新鮮なピーマンを適当な大きさにきってタネをとる
  2. カットしたピーマンを氷水に入れる
  3. 半日以上、氷水ごとピーマンを冷蔵庫で冷やす。あ、秒で終わらないや。
  4. しっかり冷やすとピーマンのえぐみがすっきり爽やかに。
  5. マヨネーズに津本式×ほりにしを景気良くぶちこみます。
  6. ここがミソ、レモンを少し絞って入れるととても爽やかな『ほりネーズ』完成。特に、白味噌とわさびは食欲を増進するのでおすすめです。
  7. ピーマンにこれでもかとディップしていただいてくださいませ!

以上、『津本式deぱりぴー』のレシピでした。試してください、ピーマンってこんなに美味かったんだなぁと、思っちゃいますよ!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。