注目の新型ハイスペックベイトリール発売!スペックと価格を紹介!

人気のカワハギやタチウオ、マルイカ、カレイなどライトソルトの釣りで活躍するベイトリール、新型のADMIRA(アドミラ)を、総合釣り具メーカーのDAIWA(ダイワ)がリリース。その詳細を見ていこう。

→最新ハイスペックリール《アドミラ》のスペックと価格

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 新製品情報

軽さと操作性を追求した23アドミラ!大幅に進化して新登場!

アドミラは、船を利用したカワハギ釣りやタチウオ釣り、またカレイ釣りなどに最適なベイトリールとして人気のモデルだ。

ADMIRA 100XH/XHL[DAIWA] [写真タップで拡大]

このアドミラが、大幅な改良を受け、23アドミラとして2023年7月にリリースされることが発表された。

ハイパードライブデザインを採用し、軽さと剛性を兼ね備えたスペシャルモデルである新型アドミラは、キャスティング性能が高いマグフォースブレーキとTWSの相乗効果で、これまで攻めきれなかったポイントですら攻略可能とする。

カワハギやタチウオなどの船釣りを始めとして、ライトソルトでの使用も可能とした、ハイクオリティベイトリールである23アドミラは、初期性能が長く続くことを目標とし、全ての基本性能の水準を大幅に高めた次世代ベイトリールに仕上がっている。

では、具体的にどのような進化を遂げたのか? 具体的にその特徴を見ていこう。

HYPERDRIVE DESIGN[ハイパードライブデザイン]の採用

新しいアドミラの特徴の1つとして挙げられるのが、ハイパードライブデザインの採用だろう。このハイパードライブデザインとは、DAIWAが掲げる、ベイト(両軸)リールの次世代の設計思想で、最大4つのテクノロジーで構成される。そして、23アドミラが採用するテクノロジーは、以下の4つとなる。

【ハイパードライブデザインとは?】

[写真タップで拡大]

高い初期回転性能が長く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めたベイト(両軸)リールにおける次世代の設計思想。ハイパードライブデザインは、最大4つのテクノロジーで構成される。滑らかな回転が長く持続するハイパードライブデジギアの搭載を必要条件とし、ギアの駆動を授けて強く軽い巻上げをもたらすハイパーダブルサポート、内部構造を強く支持し、撓みにくく歪みづらいハイパーアームドハウジング、過酷なロケーションでも作動し続け、塩ガミによる固着を激減させた絶縁構造のハイパータフクラッチの相乗効果で、あらゆるフィールドにおいて安定した性能を発揮し続ける。

HYPERDRIVE DIGIGEAR[ハイパードライブデジギア]
強く滑らかな回転が持続し続けることを追求したベイト(両軸)リールにおける新設計のギアシステム。 耐久性に直結するギアの歯のモジュール(大きさ)は小さくせず噛合い率アップを達成し、初期の滑らかさが長く続くことを実現させたDAIWA独自のテクノロジー。 [写真タップで拡大]

HYPER ARMED HOUSING[ハイパーアームドハウジング]
内部構造を高剛性、高精度でしっかりと支え、精緻な巻き心地とパワーを生む筐体システム。要であるフレームに金属素材を用いることが必要条件で、サイドプレートやセットプレートとの組合せにより、基本性能をさらに長く発揮し続けることを可能にする。 [写真タップで拡大]

HYPER DOUBLE SUPPORT[ハイパーダブルサポート]
滑らかさの持続と、巻きの強さ・軽さを実現した駆動サポートシステム。ピニオンギアの両端を2つのボールベアリングで高精度に支持することで、ハンドルを回すパワーを減衰させずにスプール回転へと伝える重要な機構で、負荷が掛かった時でも力強く、軽く巻上げることを可能にした。あわせてピニオンギアそのものも、大幅強化。 [写真タップで拡大]

HYPER TUOGH CLUTCH[ハイパータフクラッチ]
何千回、何万回でも摺動し続けるメリハリのきいたオン・オフ性能だけでなく、塩分濃度の高い海水域でも極めてトラブルの少ないクラッチシステム。過酷なソルトシーンにおける固着修理件数を、当社比で既に99%削減する実績をもたらした、最先端の絶縁構造を誇る。 [写真タップで拡大]

軽量コンパクトだがタフでパワフル!

新しいアドミラは、スプール径30mmの軽小スプールにコンパクトなボディを採用。軽量155gの自重を実現。ロープロファイル仕様でホールド性は抜群。この軽さとコンパクトさは極鋭シリーズとベストマッチし、新境地の開拓をも可能とする。

軽量155g&コンパクト。 [写真タップで拡大]

フレームとサイドプレートの材質はマグネシウム、スプールを受けるセットプレートはアルミを採用。軽小だけでなくパワフルさも兼ね備える。

高剛性HYPER ARMEDHOUSINGでパワフルな使用にも対応。 [写真タップで拡大]

レベルワインドにはTWSを採用しており、船上でのキャスティング性能も良く、仕掛け落下もスムーズ。

レベルワインドには、DAIWA独自技術のTWSを採用。 [写真タップで拡大]

また、搭載するハンドルには、船釣り鉄板仕様の100mmハンドルアームにEVAノブを採用。濡れた手でも滑り難いEVAハンドルノブだから、ファイト時などの高負荷でも余裕の巻上げが可能となっている。

100mmハンドルアームにEVAノブを採用。 [写真タップで拡大]

他にも、ドラグはスムーズに作動して、滑らかに効き続けるアルティメットトーナメントラグシステムを採用。カワハギ、カレイ等に適した止めたいときに止められるUTD仕様となっている。

また、ブレーキにはマグフォースを採用。20段階で調整可能。TWSとの相乗効果で船釣り仕掛けのキャスト時にバックラッシュを防止することが可能。