《走る部屋》釣り特化ハイエース!大人のアウトドアキャンパーで至福の趣味時間を!

兄弟サイト「月刊自家用車」にて紹介されたトヨタのハイエースがベースとなったアウトドアキャンパーが猛烈に釣り人向けだったので、担当記者に頼み込んで、ルアマガプラスでもご紹介! 掲載するのは2023年6月10日〜11日に開催となった「モーターキャンプエキスポ2023」にて展示されていた車両だ。

→超釣り特化の《ハイエース》写真ギャラリー

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

大人のアウトドアにおすすめの一台

ベース車両はトヨタのハイエース。圧倒的な積載能力が魅力的で、実際に乗っている釣り人も多い。カスタムの幅が広く、釣りやキャンプをはじめとした様々なジャンルのアウトドアで人気の車両だ。

前列・後列ともにレザー調のシートで統一されていることで、働くクルマとしての印象を一新。インテリアのところどころに採用された木目のデザインとうまく馴染んでおり、釣り人が駆け回るフィールドに近く、落ち着いた印象を与えている。

荷室部分はフルフラットにすることも可能だが、今回はこのようにして、シンクの前に座ることができるレイアウトとなっていた。ハイエースの魅力である車内寸法により、ロングロッドを折りたたむことなく収納可能。さらに、広々とした車内で釣具の準備や整理をしていると、さながら部屋にいるようだ。

レザー調のシート部分は広く、大人が寝ても余裕がある。また、床面には木材が使用されており、木のあたたかみが感じられる作りだ。釣りをはじめ、趣味を主体としたひとり時間を作ることができる車内にいると家に帰りたくなくなってしまう!?

サイドバーも取り付けられているので、衣服などをハンガーでかける際に便利。写真のように釣り道具を吊り下げることで、機能的な収納にも一役買っている。シンクも車内に設置されているので、釣り道具やキャンプ道具を洗う際には役立つ。特に海釣りの場合は、リールなど精密な道具ほど塩抜きをしたいので嬉しい装備だ。

アルミボートやカヤックを用いた釣りをしている人には必須装備のルーフキャリアを備えている。また、多すぎる荷物はコンテナに収納してまとめれば、荷室内のスペースを広々と活用することができる。

→超釣り特化の《ハイエース》写真ギャラリー


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。