マゴチ&シーバス!高確率でキャッチするテクとタックル(道具)選びを紹介!

気軽にいろんなターゲットの釣りが楽しめるインショア。今回は折本隆由さんと家田成大さんのタッグで、朝から夜まで東京湾のルアーフィッシングを楽しんだ。東京湾は魅力的な魚の宝庫、何を狙うかはあなた次第!

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●協力:(株)シマノ

2024 チニング特集

インショア実釣アングラー紹介

折本隆由(おりもと・たかよし)

1975年生まれ。千葉県出身・在住。ルアーフィッシングをメインにあらゆる釣りを得意とするマルチアングラー。ロックフィッシュゲームの草分け的存在で。グルーパーを追い求めて、日本全国を釣り歩く。

家田 成大(いえだ・しげひろ)

2005年からインショアゲーム船ガイドとして活躍。東京湾のキャスティングゲームを良く知るひとり。ガイドが休みの日にも様々なフィールドに釣行し、自身のスキルアップにつなげている。

実釣場所は東京湾!豊富なターゲットが存在する日本有数のインショアフィールド!

東京湾(東京都・千葉県・神奈川県)
多摩川・荒川・江戸川という大型3大河川が注ぎ、豊かな生態系を育む東京湾。特にシーバスの魚影は国内屈指。ボートで少し出るだけで多種多様なターゲットが狙える、まさにインショアゲームのパラダイス。

インショアゲームとは?

ショアと完全に沖に出るオフショアの中間の釣りを指すのがインショア。小型の船で釣りをするので機動力があり、ショアよりも圧倒的に釣りができる範囲が広い。沖に出るより船の揺れが少ないので、釣りビギナーもエントリーしやすい。

小型ボートで港湾部をまわる手軽な釣りスタイル、それがインショアだ。

シーバスはオールシーズン楽しめるインショアのメインターゲット!

四季折々のターゲットを狙うことができる東京湾のインショアゲーム。小型ボートに乗れば、誰でも簡単に魅力満点の釣りを楽しむことができる。

折本「船でちょっと出るだけで釣りの世界観がグッド広がるから、普段ショアの釣りしかやらない人も、ぜひ挑戦して欲しいですね。わからないことはすぐに船長に聞けばいいし、ビギナーの方にもおすすめです」

家田「手軽に楽しめるのもインショアの魅力。仕事終わりに数時間ナイトゲームを楽しむのもありですしね。シーバス、クロダイ・キビレ、ロックフィッシュ 、フラットフィッシュ、サワラ、青物と、ターゲットは豊富。今日はデイゲームではシーバス、マゴチ、クロダイ。ナイトゲームでメバルをメインに釣りをしたいと思います!」

シャローのゴロタエリアに風が当たり、ベイトフィッシュが寄せられている状況下。ここにミノーを入れていくとすぐにバイトが出始めた。

まさに盛りだくさんの内容だ。朝マズメ、まずはシーバスを狙っていくことに。シーバス狙いで大切なのは、ヒットパターンを早く見つけること。

巻き速度やレンジを変えたり、ルアーをローテーションしていくことが釣果に繋がる。折本さんはすぐにヒットパターンを見つけ出し、シーバスとヒラスズキをキャッチ!

根回りを好むヒラスズキは東京湾で増加中
折本さんがキャッチしたのはなんとヒラスズキ。強風が障害物に当たりサラシを形成している部分に、サイレントアサシン 80S フラッシュブーストを通すとヒット。東京湾で生息数がどんどん増えてきているターゲットだ。

折本「ショートバイトが多かったんで、ルアーサイズを下げていったら食いましたね。ただ巻きの途中でストップを入れるのも効果的でした」

家田さんも負けじとオープンエリアでシーバスを追加! テンポ良く釣っていけるのも、インショアゲームの魅力の1つだ。

オープンエリアでグッドサイズをキャッチ!
ベイトフィッシュの群れの周辺を、サルベージプレート115Sで狙いグッドサイズをゲット。特に遮るものがないオープンなエリアは、キャストに慣れていないビギナーでも釣りやすい。家田「5秒ほど沈めてから巻いてくると食いました!」

家田「ボトムに沈めてからの巻きを試してたんが喰わなくて、上からカウントダウンしながらレンジを探ると釣れました。パターンを見つければ連続ヒットすることも多いですよ!」

家田さんがスレでキャッチしたのはツバクロエイ。その形状はまさにステルス戦闘機だ。横幅がかなり広いエイで、その引きは超トルクフル。

インショアゲームで活躍するルアー

シーバス狙いでは80〜110mmクラスのミノープラグ、そしてバイブレーションプラグがシーズンを通して使用頻度が高い。ショア用のものがそのまま使える。シマノのフラッシュブーストシリーズは光の反射アピールが強くおすすめだ。

インショアゲーム対応ルアー

  • エクスセンスサルベージ70ES
  • エクスセンスサルベージ85ES
  • エクスセンス サイレントアサシン 80S フラッシュブースト
  • エクスセンス サイレントアサシン 99S フラッシュブースト
  • スコーピオン ワールドジャーク 110S フラッシュブースト
  • エクスセンス ダイブアサシン 99S フラッシュブースト

インショアゲームで活躍するミノー各種とバイブレーションプラグ。

シマノ独自の可動式の反射板を搭載したフラッシュブーストルアーは、インショアでも活躍してくれる代表的なルアー。

激しいヘッドシェイクのマゴチのハイシーズンはまさにこれから!

東京湾では歴史のある釣りものであるマゴチ。近年ではルアーターゲットとして人気が高まってきている。フラットフィッシュ特有の激しいバイトと、頭を左右に振る激しいヘッドシェイクファイトが特徴だ。

家田「使うのはジグヘッドは20~30gに、4inクラスのワーム。シャッドテールワームや甲殻類系、ピンテールの他に、扁平ボディのワームも用意しておいてください。マゴチは小さいカニやシタビラメを捕食していることも多く、そういったときに効くんです」

マゴチはゲーム性が高く人気が増してきているターゲット
マゴチはシーバスタックルの流用から始めることができ、ジグヘッドとワームを揃えるだけで狙えることができるお手軽な魚。フラットフィッシュ独特の強烈な引きの虜になるアングラーが増えてきている。水温が上がるこれからがベストシーズンだ。

家田「ワームのカラーは、ナチュラル系も派手系もいろいろ持っておきましょう。カラーで釣果に差が出ることもありますから。あとは、ブレードを付けたり、アシストでティンセルフックを装着するというのも効果的ですね」

折本「ロッドは長さ7ft(フィート)台のM~MLパワーで、ティップが少し柔らかいものが使いやすいです。ボートシーバスロッドやボートロックロッドで流用できますよ。リールもシーバス用と同じでOK!」

折本「今日はシーバスと併用してますが、ラインはやや細めの0.6号を使うこともあります。その方がボトムの操作性が上がってバイトも取りやすくなる。ゲーム性がアップするんですよね」

狙うのは水深5〜10mの砂地のエリア。ボトムまで落とし、ボトムバンプとリフト&フォールで誘っていく。活性が高いようならスイミングさせたり、リフトする高さを上げて、追わせて食わせていくことが可能。

活性が低い場合は、細かくボトムバンピングや素早くルアーをリフトしたりと、魚に反射的に口を使わせるのがおすすめ。

家田「マゴチのハイシーズンは初夏から秋。サイズも数もどんどん釣れるようになってくるので、ぜひインショアゲームで狙ってみてください!」

マゴチ狙いの基本は、ボトムバンプとリフト&フォール

使うのはジグヘッド20〜30gで、ワームは4インチのシャッドテールワームなど。アクションはボトムに沈めてから、ルアーを跳ね上げさせるボトムバンプと、ロッドで持ち上げてから落とすリフト&フォール。ボトムをずる引きさせたりスイミングさせるのも効果的だ。

インショアゲーム シーバス&マゴチ対応タックル紹介

折本さん、そして家田さんが、今回のインショアゲームで使用したタックルを、それぞれターゲット用途別に紹介していこう。

折本さん使用タックル

折本さんはベイトタックル2セット、スピニングタックル2セット、計4タックルで挑んだ。

【シーバス用①】

  • ロッド:ディアルーナBS B610M
  • リール:エクスセンスDC SS HG
  • ライン:PE1号
  • リーダー:フロロカーボン20lb

【シーバス用②】

  • ロッド:ディアルーナBS B68ML
  • リール:エクスセンスDC SS HG
  • ライン:PE1号
  • リーダー:フロロカーボン20lb

【シーバス・マゴチ用①】

  • ロッド:ディアルーナBS S76M
  • リール:ツインパワーC3000
  • ライン:PE0.8号
  • リーダー:フロロカーボン16lb

【シーバス・マゴチ用②】

  • ロッド:ディアルーナBS S66ML
  • リール:ツインパワーC3000MHG
  • ライン:PE0.8号
  • リーダー:フロロカーボン16lb

家田さん使用タックル

家田さんはスピニングタックル2セットで対応。

【シーバス・マゴチ用①】

  • ロッド:ディアルーナBS S73M+
  • リール:エクスセンスXR 4000MXG
  • ライン:ピットブル8 1.2号
  • リーダー:ナイロン25lb

【シーバス・マゴチ用②】

  • ロッド:ディアルーナBS S610M
  • リール:エクスセンスXR 3000MHG
  • ライン:ピットブル8 1号
  • リーダー:ナイロン25lb

これから夏にかけて、マゴチが楽しめるシーズンに突入する。皆さんの身近な海で、是非、インショアゲームを楽しんでみて欲しい。

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売した、ルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事の全文が掲載されているので、気になった方は、是非とも本誌でチェックしてみてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。