フリーリグだけがチニングじゃない!リアクションで攻略デイチヌゲーム!

全国的に熱を帯びている釣り、チニング。ひと口にチニングといっても様々な釣り方があり、そのバリエーションの豊富さが魅力のひとつでもある。今回、広瀬さんにはこの注目のチニングを中心とした、ボトムゲームについて幅広く解説をしてもらった。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

2024 チニング特集

広瀬 達樹(ひろせ・たつき)

「ヒロセマン」の愛称でお馴染み。様々なルアーフィッシングに精通し、誰もが理解し実践できるハウツーをあらゆる釣りメディアでお届けする“ルアーフィッシングの伝道師”

郡山 善充(こおりやま・よしみつ)

九州宮崎県を拠点に、ショア・オフショア問わず釣りを楽しむサラリーマンアングラー。メジャークラフト社のフィールドスタッフを務め、ヒロセマンを強力にサポートしてくれた。

デイゲームはリアクションアピールが効果絶大‼︎

今回のテーマはチニングです。身近なフィールドで楽しめるということで、急速に愛好者を増やしているジャンルだ。

広瀬「チヌはトップ系ルアーを使用したチヌトップと呼ばれる釣り、クランクベイトやミノーのようなハードルアーでも狙えます。最近は、ワームを使用して、フリーリグやテキサスリグで狙う釣りも人気が出ていますね」

今回は、どのようなテーマで展開する予定ですか?

広瀬「水面付近からボトムまで、様々なレンジで狙える釣りですが、今回紹介する釣りは、明るい時間帯に効果的な釣りを紹介します」

その効果的な釣り方とは?その理由はどんなことですか?

広瀬「ズバリ、リアクションでアピールするボトムゲームです。いろいろな釣りがある中でも、広いエリアをテンポが良く探ることが出来るのが一番のその理由です」

広いエリアをテンポ良く探っていく、これが今回の実釣のテーマとなる。

広瀬「もちろんよく釣れることが一番の理由ですが、リフト&フォールアクションで、『アタリをとって、掛ける』といった面白さもこの釣りの魅力です」

リフト&フォールアクション、リアクションバイトで喰わせる方法

リフト&フォールアクションとは、ルアーを跳ね上げるように動かすリフトと自重で沈下させるフォールを組み合わせたアクション。前後の動きを抑えたまま上下方向の動かすことで、効率良くアピールを行なう。速い動きに対応できない魚でも、フォールの際にルアーを襲う適度な間が出来ることもこのアクションの利点の1つだ。

素早いリフトアクションにリアクションで反応させ、スローにフォールするタイミングで口を使わせる。

リアクションバイトは、例えば「物が飛んできたときに、人間は腕を出して身体を守る」といった生物が本能的に起こしてしまう反応や、条件反射的に捕食行動を起こしてしまう事を利用した釣り方。時間帯や活性に左右されず反応が得られ、ルアーにスレた魚にも効果的だ。

活性が低かったり積極的に捕食行動を行なっていなかったりする魚を、効果的にバイトに持ち込む事が出来るアクションだ。

根掛かり回避のためにも、ロッドは立て気味で操作!

リフト&フォールとズル引き共に、アクションはロッドを立てて行なう。根掛かりの多いボトムゲームでは、ルアーから伸びるラインとボトムに出来るだけ角度をつけた方が根掛かりの回避率が上がる。

広瀬「ロッドを立てていた方が引っ掛かりそうなときに、ポンとロッドを跳ね上げて回避させやすい場合もあります。ボトムから跳ね上げるリフト&フォール自体もズル引きに比べて根掛かりは少ないですよ」

デイチニングゲームにも最適な専用ロッドがリリース!

これまでにルアーアイテムを中心に展開していた、メジャークラフトのチニングブランド「ブラックポーギー」に、今回、新たにチニング用ロッドがラインナップに追加されることになった。その名もブラックポーギー5G。これは、どのようなモデルとなるのだろうか?

広瀬「ブラックポーギー5Gは、感度に優れ、また軽く扱いやすいチニング用ロッドとして開発しました。メジャークラフトのハイエンドロッドシリーズである、5Gシリーズの名にふさわしい仕上がりとなっています」

「ブラッグポーギーにロッドが出たよ!」

広瀬「このロッドの使い心地を知ってしまうと、もう他のロッドには戻れません。チニングはチヌやキビレ以外にも、いろんな魚にも対応しているのが面白いところです。たくさん釣れる方がやっぱり面白いので、ブラックポーギー5Gでいろんなターゲットに挑戦してもらいたいですね」

ブラックポーギー5Gのラインナップは、ベイトモデルとスピニングモデル、それぞれ2機種をラインナップする。

ブラックポーギー5G BP5S-782ML[メジャークラフト]
全長:7ft8in ●継数:2 ●ルアー:3〜15g ●PEライン:0.3〜1.0号 ●標準自重:96g ●アクション:レギュラーファースト

広瀬「5Gシリーズの特徴でもある、カーボンシートを縦横斜めに配置した「R360構造」をまといロッドのブレを低減しています。また、最新素材東レT1100Gカーボンを採用し、高い感度と軽さで操作性に優れたロッドに仕上げているのが特徴です」

広瀬「スピニングモデルは飛距離が出るので、釣り場がオープンエリアを広く探っていきたいときに圧倒的に有利。飛距離優先のスピニング、ベイトモデルは橋脚打ちといったピンポイントをタイトに狙うキャストコントロールが必要なときや、細かなボトムサーチでより感知能力を求めたい時に活躍します。狙い方や好みに合わせて、使い分けてもらえると良いかと思います」

広瀬さん使用タックル紹介

<ベイトタックル(右)>
ロッド:ブラックポーギー5G BP5B-782M(メジャークラフト)
リール:14ブレニアス(シマノ)
ライン:弾丸ブレイド×4 0.6号(メジャークラフト)
リーダー:弾丸フロロショックリーダー 12lb(メジャークラフト)

<スピニングタックル(左)>
ロッド:ブラックポーギー5G BP5S-782ML (メジャークラフト)
リール:カルディアLT2500S(DAIWA)
ライン:弾丸ブレイド×4 0.6号(メジャークラフト)

ルアーマガジンソルト2023年8月号に記事掲載!

2023年6月21日に発売した、ルアーマガジンソルト2023年8月号には、今回の記事の全文が掲載されているので、気になった方は、是非とも本誌でチェックしてみてほしい。