[正式公開]受注開始目前の大注目モデルBeams RIPLOUT9.0M+の詳細&スペックを紹介

シーバスゲームにおいて高い汎用性を実現した、フィッシュマンの新作ベイトロッド「Beams RIPLOUT9.0M+(ビームスリプラウト)」の詳細が公開となったので紹介しよう。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

あらゆるルアーを“遠くのピン”に巣食うメーターオーバーの口元へ運ぶ

汎用性、飛距離、操作性、ロッドパワー。VENDAVAL 8.9Mと共に、それらの特長すべてが高次元で凝縮され、長らくFishmanの不動の人気モデルとして君臨してきた名竿「Beams RIPLOUT 7.8ML」。

【Beams RIPLOUT 7.8ML】

名竿、ビームスリプラウト7.8ML(フィッシュマン)

全長238cm(7.8ft)
マテリアル4軸カーボン
ガイドKガイドチタン+ステン
自重173g
継数3ピース
仕舞寸法93cm
グリップ長41.5cm
ルアーウェイト7~30g
ラインPE1.5~4号

このロッドを更に幅広いシチュエーションで使いたい。そう思っているアングラーのために開発されたニューモデル。幅広さ=長さと捉えたとき、攻略できるシチュエーションは格段に広がる。そこに開発コンセプトを見出したのがRIPLOUT9.0M+だ。

RIPLOUT9.0M+(フィッシュマン)
※スペックと価格はページ下部に掲載

30~60gのルアーが当たり前とされるシーバスルアーを、より快適に・扱いやすく。さらに、大きなルアーだけではなく、小型のルアーやレギュラーサイズのルアーを、はるか沖で快適に扱える。

RIPLOUT9.0M+が目指したのは、9ftの長さを最大限に活かした、シチュエーションを選ばぬ規格外の汎用性となっている。

Feature.1 ブランクス

8gの小型プラグから60g超のルアーまで、幅広いルアーを快適に扱えることをコンセプトとして開発されたRIPLOUT9.0M+。汎用性をとことん追求したテーパーデザインとなっている。

Feature.2 グリップデザイン

ロングロッドとは思えない快適な操作性を実現。使用する場所を選ばない絶妙な長さのグリップデザインも、RIPLOUT9.0M+のあ使いやすさの秘密の1つだ。

Feature.3 ガイドセッティング

パワーロスを徹底的に排除し、ブランクス全体のパワーや感度を余すことなく手元に伝えるよう設定されたガイドセッティング。

予約は2023年8月30日11:00〜開始!

Beams RIPLOUT9.0M+(ビームスリプラウト)は、2023年8月30日(水)11:00より、全国釣具店やオンラインショップにて予約開始予定。なお、初回受注分のデリバリーは、2023年11月~2024年1月になることがアナウンスされている。

このモデルは多くの予約が見込まれるため、フィッシュマンオンラインショップでの受注は行われない。予約はショップあるいはフィッシュマン以外のネットショップを利用する必要があるので要注意。

Beams RIPLOUT9.0M+(ビームスリプラウト)のスペック

全長274cm(9.0ft)
マテリアル4軸カーボン
ガイドKガイドチタン+ステン
自重258g
継数3ピース
仕舞寸法106cm
グリップ長46cm
ルアーウェイト8~60g
ラインPE1~5号
JANコード4571487900429
販売価格¥63,800(+税)

赤塚代表&鈴木貴文さんの解説ムービーをチェック!

Beams RIPLOUT9.0M+(ビームスリプラウト)のさらに詳しい解説を聞きたい場合は、フィッシュマン代表の赤塚さんと、開発を担当した鈴木貴文さんによるクロストークをチェックしてほしい。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。